ハクサンチドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハクサンチドリ
Orchis aristata 02.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperm
階級なし : 単子葉類 Monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: ラン科 Orchidaceae
: ハクサンチドリ属 Dactylorhiza
: ハクサンチドリ D. aristata
学名
Dactylorhiza aristata (Fisch. ex Lindl.) Soó
和名
ハクサンチドリ
(白山千鳥)

ハクサンチドリ(白山千鳥)ラン科ハクサンチドリ属多年草高山植物。和名は白山に多いこと、花の付き方が千鳥の飛ぶ姿に似ていることから名付けられた。北海道~中部地方以北の高山帯の湿り気のある場所に生える。

特徴[編集]

高さは10~40cm。花期は6~8月で、茎の先端に総状花序の赤紫色の花を多数つける。まれに白花の個体もある。花冠は唇形であり、先端が3裂している。

栽培[編集]

花が美しいことから園芸店などでしばしば販売されるが、北方寒冷地の植物であるため暖地での栽培は困難である。 株自体の寿命も長くはないようで、増殖率も良くないため寒冷地でも維持はそれほど容易ではない。 無菌播種などによる増殖は可能だが、播種培地に高濃度の硝酸イオンが含まれていると初期成育が阻害されるなど、一般に商業生産されているランと培養特性はかなり異なる。

品種[編集]

  • ウズラバハクサンチドリ(鶉葉白山千鳥、学名:Dactylorhiza aristata (Fisch. ex Lindl.) Soó f. punctata (Tatew.) F.Maek. ex Toyok.[1] ) - 葉に薄紫色の斑点があるもの[2]
  • シロバナハクサンチドリ(白花白山千鳥、学名:Dactylorhiza aristata (Fisch. ex Lindl.) Soó f. albiflora (Koidz.) F.Maek. ex Toyok.[3] ) - 白花のもの[2]

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]