ハクサビーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハクサビーチ

ハクサビーチ中国語: 黑沙海灘ポルトガル語: Praia de Hac Sá)は、のコロアネ島にある砂浜。砂浜の砂の色が黒いことからハクサ(黑沙)と呼ばれるようになった。

概要[編集]

マカオ最大の砂浜で、「マカオ八景」の一つとなっている。近年、砂浜浸食が進み、砂浜の面積が縮小しつつある。そのため当局は新しい砂を入れて保全を図っている。「黑沙」といいながら黄色い砂が目立つのはこのためである。

この砂浜には「黒沙遺跡」と呼ばれる古代遺跡がある。この遺跡は4000年以上前のもので、このころから既に人が住んでいたとみられている。

近辺には、ユースホステルや「ウェスティンリゾート・マカオ」などのホテルがあり、地元住民や観光客が多く訪れるリゾート地となっている。ここから見る日の出は絶景とされている。

関連項目[編集]

座標: 北緯22度7分12.9秒 東経113度34分14.6秒 / 北緯22.120250度 東経113.570722度 / 22.120250; 113.570722