ハクウンラン属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハクウンラン属
Kuhlhasseltia nakaiana 4.JPG
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: ラン科 Orchidaceae
: ハクウンラン属 Kuhlhasseltia
学名
Kuhlhasseltia J.J.Sm.[1][2]
和名
ハクウンラン属(白雲蘭属)
  • 本文参照

ハクウンラン属(ハクウンランぞく、学名:Kuhlhasseltia、和名漢字表記:白雲蘭属)は、ラン科に属する[2]

特徴[編集]

地生の多年草の下部はよく分枝し、匍匐する。はひも状に伸長する種と根が退化している種とがある。匍匐した茎は上部が斜上し、先は直立して下部に数個のが互生する。葉は卵形で葉柄があり基部は鞘となって茎を抱く[2]

花茎は直立し、毛が生え、1個または多数の総状花序につけ、花は小型で白色または淡紅色になる。は卵状披針形で膜質、細かい軟毛が生える。背萼片と側萼片は基部が合着して鐘形の花筒になり、裂片はほぼ同じ長さで斜めに開き、ふつう細かい軟毛が生え、ときに無毛。側花弁は背萼片と同じ長さで背萼片に密着する。唇弁の先端は丁字形となり萼片より長く、爪部は細まり、基部は距となって2浅裂した袋状になり、内部に2個の肉質の柱状突起がある[2]

分布[編集]

日本、朝鮮半島中国大陸台湾インドネシアマレーシアフィリピンニューギニアに分布し、約10種知られる[2][3]

[編集]

日本に分布する種[編集]

和名、学名はYListによる。

  • オオハクウンラン Kuhlhasseltia fissa (F.Maek.) T.Yukawa - 花は1-7個つく。葉の長さは9-13mm。側萼片の長さは5-6mm。唇弁の先端は2浅裂し、裂片は四角形、ハクウンランより全体に大型。伊豆諸島に分布する[2]。絶滅危惧II類(VU)(2015年、環境省)。
  • ハクウンラン Kuhlhasseltia nakaiana (F.Maek.) Ormerod - 花は1-7個つく。葉の長さは3-7mm。側萼片の長さは4.5-5mm。唇弁の先端は2浅裂し、裂片は四角形。本州、四国、九州、朝鮮半島、台湾に分布する[2]
  • ヤクシマヒメアリドオシラン Kuhlhasseltia yakushimensis (Yamam.) Ormerod - 花は1-4個つく。唇弁の先端は2深裂し、裂片は三角形。本州(中部地方・近畿地方)、四国、九州(甑島大隅半島)、屋久島琉球諸島、台湾、フィリピンに分布する[2]。準絶滅危惧(NT)(2015年、環境省)。

その他の種[編集]

学名および主な分布地[4][5]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Kuhlhasseltia, Tropicos
  2. ^ a b c d e f g h 『改訂新版 日本の野生植物1』p.209
  3. ^ Kuhlhasseltia, Flora of China
  4. ^ Kuhlhasseltia, The Plant List
  5. ^ Royal Botanic Gardens, Kew

参考文献[編集]