ハカール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイスランドで乾燥のため吊るされるハカール

ハカール(Hakarl)は、ニシオンデンザメやその他のオンデンザメ科サメ肉塩漬け発酵し、吊るして4-5か月間乾燥させた食品である。強いアンモニア臭を放つ[1]

アイスランドで販売されており1年中食べられるが、冬期間のソーラブロートの御馳走の1つとしても食べられる。

食べ方[編集]

販売時のハカール

ハカールは多量のアンモニアを含み、洗剤のような強い臭いがする。サイコロ状に切って、爪楊枝に刺して食べることが多い。初めて食べようとする人は、その高いアンモニア濃度のため、意図せず吐き気を催すことがある[1]。臭いが味よりもずっと強いため、初心者は、最初に噛む際には鼻をつまむように勧められることがある。しばしばアクアビットに似た地元の酒であるブレニヴィーンとともに食べられる。

腹肉から作られ、弾力があって赤みがかったglerhakarlと、胴体の肉から作られ、白くて柔らかいskyrhakarlの2種類がある。

製法[編集]

ニシオンデンザメの肉には尿素トリメチルアミン-N-オキシドの含量が多いため、新鮮な状態では毒性があるが、調理することにより毒性はなくなる[2][3]

伝統的な製法では、オンデンザメの内臓と頭を除去し、砂利に掘った浅い穴に埋める。砂や砂利で覆い、砂の上に石を置いてサメ肉を押す。このようにして、サメ肉から液体を外に出し、季節により6-12週間そのまま放置することにより、サメ肉は発酵する。この後、肉はひも状に切られ、数か月間乾燥のために吊るされる。この間に表面が茶色く固くなるが、小片に切って食べる前に取り除かれる。

スナイフェルス半島にあるビャルトナルフプンサメ博物館で、この一連の伝統的な工程を見ることができる[4]

最近では、大きなプラスチック製排水コンテナにサメ肉を押し付けて製造する[5]

反応[編集]

料理人のアンソニー・ボーディンは、ハカールを食べて「1つの最悪な、最もうんざりする、ひどい味の食べ物だ」と書いている[1]

料理人のゴードン・ラムゼイは、テレビ番組のThe F Wordで、ジェームズ・メイに3つの「珍味」(ラオス蛇酒、ウシのペニス、ハカール)を挑戦させている。ハカールを食べてラムゼイは吐き出したが、メイは吐かなかった。その後、メイは「君にはがっかりさせられたよ、ラムゼイ」と言って、彼にもう一度食べることを求めた[6]

アイスランドの紀行番組Bizarre Foods with Andrew Zimmernアンドリュー・ジマーンは、ハカールの臭いは「人生で呼吸した中で最もぞっとするもの」を思い出させるが、臭いほど味は悪くないと述べた。彼はその味を「甘く、ナッツのような感じで、微かに魚らしい」と述べた。それにも関わらず、彼は「強烈だった。容易でない食べ物だった。関わり合いになるべきではない。初心者向けではない。」と述べている。

考古学者のニール・オリバーは、BBCのドキュメンタリーVikingsの中で、バイキングの食糧を調べる一環でハカールを食べた。彼は、「ブルーチーズ、ただしその100倍強い」ものを思い起こさせると述べている。

出典[編集]

  1. ^ a b c Herz, Rachel (2012年1月28日). “You eat that?”. Wall Street Journal. https://www.wsj.com/article/SB10001424052970204661604577186843056231170.html 2012年1月30日閲覧。 
  2. ^ Somniosus microcephalus :: Florida Museum of Natural History”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ Yuen, David. “The Mystery of Hakarl: Rotten Shark Meat Delicacy From Iceland”. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. ^ Bjarnarhofn Shark Museum.
  5. ^ Wheatley, Gale (2010年9月20日). “Iceland's Wild Culinary Traditions: Hakarl and Brennivin”. http://gourmetwonderland.com/hakarl-brennivin 
  6. ^ “Gordon Ramsay vs. James May”, The F-Word, https://www.youtube.com/watch?v=-xhfJRdwHnU 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]