ハウメア (ハワイ神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハウメア(Haumea。ハワイ語[həuˈmɛjə]と発音される)とは、ハワイ神話に登場する、大地を司るハワイ女神である[1]

神話[編集]

ハウメアは、夫のモエモエアアウリイ[2]との間に生まれた女神ペレの母として知られる[3][2]。子供には他にカーネ・ミロハイ(Kāne Milohai)、カモホアリイ(Kā-moho-aliʻi)、ナマカオカハイ(Nāmakaokaha'i)、カポ(Kapo)、そしてヒイアカ・イカポリオ・ペレ(HiʻiakaikapolioPele)らがいる[要出典]。『クムリポ』第13歌(第13段階とも)[注釈 1]によれば、彼女はカナロア(カナロアアクア)を夫とし、脳から出産をしたとされる[4]。また8つの姿を持つとされる[1]

このハワイの女神は、マオリの神話(en)に登場する、野生の植物とベリーを司るハウミア(Haumia)またはハウミア・チケチケ(Haumia-tiketike)という名の神とは混同されない。彼は、栽培された食物の神である(彼の兄弟)ロンゴ(Rongo)とは対照的に、野生の食物の神である。

準惑星ハウメア[編集]

2008年9月17日、国際天文学連合(IAU)が、太陽系内で5番目に認定されていた準惑星に対し、ハワイの女神にちなんで「ハウメア(Haumea)」と名付けることを発表した。この惑星の2つの衛星も、ハウメアの娘の名をとって名付けられた。すなわち、ハウメアの口から生まれたと言われているハワイの女神ヒイアカ(Hiʻiaka)と、ハウメアの体から生まれたと言われている水の精ナマカ(Namaka)にちなんでいる[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第12歌[4]または第12段階[1]から分岐した「枝」とされる。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『ハワイの神話』12頁(「Pō 源」)。
  2. ^ a b 『ハワイの神話』22頁(「Akua Wahine 女神」)。
  3. ^ 『南島の神話』169頁(「第五章 火山の女神と英雄マウイ」)。
  4. ^ a b 『南島の神話』236頁(「第六章 ハワイの創世神話・クムリポ」)
  5. ^ iau0807 — News Release "IAU names fifth dwarf planet Haumea"”. IAU (2008年9月17日). 2011年12月31日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]