ハイ・ロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハイ・ロード
High Road to China
監督 ブライアン・G・ハットン
脚本 サンドラ・ワイントローブ英語版
S・リー・ポゴスティン
原作 ジョン・クリアリー英語版
(「高く危険な道英語版」より)
製作 フレッド・ワイントローブ英語版
製作総指揮 レイモンド・チョウ
出演者 トム・セレック
ベス・アームストロング
音楽 ジョン・バリー
撮影 ロニー・テイラー
編集 ジョン・ジンプソン英語版
製作会社 ゴールデン・ハーベスト
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年3月18日
日本の旗 1983年5月28日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
香港の旗 イギリス領香港
言語 英語
製作費 $19,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $28,445,927[2]
テンプレートを表示

ハイ・ロード』(原題:High Road to China)は、1983年アメリカ合衆国ユーゴスラビア香港アクション映画。 監督はブライアン・G・ハットン、出演はトム・セレックベス・アームストロングなど。 原作はジョン・クリアリー英語版の小説『高く危険な道英語版』。

ストーリー [編集]

1921年イスタンブール。当地の社交界の華である美女イヴのもとにある日、彼女の父親ブラッドリーの秘書シェイドがやってきて、彼女に思わぬ事を告げる。それはブラッドリーが12日以内にロンドンに帰国しなければ、父親の経営する会社は共同経営者のベンティックに乗っ取られてしまうというものだった。しかし、ブラッドリーは3年前にアフガニスタンから手紙が来て以来、消息不明のままであった。

イヴは父親を探すため、1人の男に協力を求める。その男パトリック・オマリーは、第一次世界大戦で活躍した英雄であるが、現在は郊外で細々と飛行機の操縦を教えてながら呑んだくれの生活を送っていた。イヴはオマリーと整備士のストラッツ、それに複葉機2機を雇い、アフガニスタンに向かう。

アフガニスタンのとある部族の陣地に着陸した彼らは、部族長のスレイマン・カーンからブラッドリーはもう死んだと聞かされるが、侍女の1人アレッサから、父親はネパールに向かったとこっそり打ち明けられる。やがて部族間の混乱に乗じて3人とアレッサは脱出、インドを経てネパールに向かう。しかし、そこで彼らは父親が中国に向かったことを知る。

そこへ、イヴを抹殺すべくベンティックが差し向けた刺客が襲ってくる。彼らはそれを倒して中国へ向かう。そしてついに、その地でイヴは父親と再会する。彼は現地民の指導者として侵略者のワン将軍と闘っており、会社には何の未練もないと言うのだった。

キャスト[編集]

※テレビ放送:フジテレビゴールデン洋画劇場1986年7月5日

脚注[編集]

外部リンク[編集]