ハインリヒ24世 (ロイス=グライツ侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハインリヒ24世

ハインリヒ24世・ロイス・ツー・グライツHeinrich XXIV. Reuß zu Greiz, 1878年3月20日 グライツ - 1927年10月14日 グライツ)は、ドイツのロイス=グライツ侯国(兄系ロイス侯国)の統治者(在位1902年 - 1918年)。

ロイス=グライツ侯ハインリヒ22世とその妻でシャウムブルク=リッペ侯アドルフ1世の娘であるイーダの間の第1子、長男として生まれた。両親にとって唯一の男子だったが、幼少期の事故のために心身に重い障害があり、1902年に父から侯位を継承した際には統治不能が宣言された。このため、1902年から1908年までは同族の弟系ロイス侯ハインリヒ14世が、1908年以降はその世子で1913年に侯位を継ぐハインリヒ27世が兄系ロイス侯国の摂政を務めた。

1918年のドイツ革命で君主の身分を失った後、1927年に亡くなるまでグライツの居城ウンテーレ城(Unteres Schloss、下側の城)で暮らした。彼の死により兄系ロイス侯家は断絶したため、弟系ロイス侯家家長のハインリヒ27世がロイス家全体の家長となった。

先代:
ハインリヒ22世
ロイス=グライツ侯
1913年 - 1918年
次代:
-
先代:
-
〈名目上〉ロイス=グライツ侯
ロイス=グライツ家家長

1918年 - 1927年
次代:
ハインリヒ27世