ハインリヒ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハインリヒ > ハインリヒ1世

ハインリヒ1世ドイツ語:Heinrich I.)は、ドイツ語圏の君主の名。

  1. ハインリヒ1世“捕鳥王”(876年 – 936年)
    ザクセン公(在位:912年 - 936年)、のち東フランク王(在位:919年 - 936年)。ザクセン朝初代の王で、息子に初代皇帝オットー1世がいる。
  2. ハインリヒ1世(920年頃 – 955年)
    バイエルン公(在位:948年 – 955年)。東フランク王ハインリヒ1世の次男で、父の死後王位を継承した兄オットー1世に対して反乱を起こし、のちに幽閉された。
  3. ハインリヒ1世(生年未詳 - 1018年)
    オーストリア辺境伯(在位:994年 - 1018年)。彼の治世から、現在の「オーストリア」の語源となる「Ostarrîchi」という名称が用いられるようになった。
  4. ハインリヒ1世“幼童伯”(1244年 - 1308年)
    初代ヘッセン方伯(在位:1247年 – 1308年)。