ハインリヒ・シュリーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハインリヒ・シュリーマン

ヨハン・ルートヴィヒ・ハインリヒ・ユリウス・シュリーマンドイツ語: Johann Ludwig Heinrich Julius Schliemann, 1822年1月6日 - 1890年12月26日)は、ドイツ考古学者、実業家。幼少期に聞かされたギリシア神話に登場する伝説の都市トロイアが実在すると考え、実際にそれを発掘によって実在していたものと証明した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

プロイセン王国のメクレンブルク・シュヴェリン州(現メクレンブルク=フォアポンメルン州)ノイブコウ(シュヴェリーンの近郊)生まれ。9人兄弟で6番目の子であった。父エルンストはプロテスタント説教師で、母はシュリーマンが9歳のときに死去し、叔父の家に預けられた。13歳でギムナジウムに入学するが、貧しかったため1836年に退学して食品会社の徒弟になった。仕事の合間の勉強で15ヶ国語を完全にマスターした[1]

貧困から脱するため1841年にベネズエラに移住を志したものの、船が難破してオランダ領の島に流れ着き、オランダの貿易商社に入社した。1846年にサンクトペテルブルクに商社を設立し、翌年ロシア国籍を取得。この時期に成功し、30歳(1852年)の時にロシア女性と結婚したが、後に離婚。さらにゴールドラッシュに沸くカリフォルニア州サクラメントにも商社を設立して成功を収める。クリミア戦争に際してロシアに武器を密輸して巨万の富を得た。

トロイア発見[編集]

シュリーマンによるトロイア発掘報告書の扉絵(1874年の初版)
シュリーマンらによるミケーネの調査(1885年頃)

自身の著作では、幼少のころにホメーロスの『イーリアス』に感動したのがトロイア発掘を志したきっかけであるとしているが、これは功名心の高かった彼による後付けの創作である可能性が高い。発掘当時は「トロイア戦争はホメロスの創作」と言われ、トロイアの実在も疑問視されていた、というのもシュリーマンの著作に見られる記述であるが、実際には当時もトロイアの遺跡発掘は行われており、シュリーマンの「トロイア実在説」は当時からして決して荒唐無稽なものではなかった。

彼は発掘調査費を自弁するために、貿易などの事業に奔走しつつ、『イーリアス』の研究と語学にいそしんだと、自身の著作に何度も書き、講演でもそれを繰り返した。実際には発掘調査に必要な費用が用意できたので事業をたたんだのではなく、事業をたたんでから遺跡発掘を思いついたのである。また彼は世界旅行に出て(当時の中国)に続き、幕末・慶応元年(1865年)には日本を訪れ、自著 La Chine et le Japon au temps présent (石井和子訳『シュリーマン旅行記清国・日本』講談社学術文庫)にて、鋭い観察眼で当時の東アジアを描写している。その後ソルボンヌ大学ロストック大学に学んだのち、ギリシアに移住して17歳のギリシア人女性ソフィアと再婚、トルコに発掘調査の旅に出た。発掘においてはオリンピア調査隊も協力に加わっていた。

彼は『イーリアス』を読み込んだ結果、トロイア市はヒサルルク(ヒサルルック)の丘にあると推定した。1870年に無許可でこの丘の発掘に着手し、翌年正式な許可を得て発掘調査を開始した。1873年にいわゆる「プリアモスの財宝」を発見し、伝説のトロイアを発見したと喧伝した。この発見により、古代ギリシア先史時代の研究は大いに進むこととなった。

「プリアモスの財宝」はオスマン帝国政府に無断でシュリーマンによってギリシアのアテネに持ちだされ、1881年に「ベルリン名誉市民」の栄誉と引き換えにドイツに寄贈された。第二次世界大戦争中にモスクワプーシキン美術館の地下倉庫に移送され、現在は同美術館で公開展示されているが、トルコ、ドイツ、ロシアがそれぞれ自国の所有権を主張し、決着がついていない。

彼は発掘の専門家ではなく、当時は現代的な意味での考古学は整備されておらず、発掘技術にも限界があった。発掘にあたって、シュリーマンはオスマン帝国政府との協定を無視し出土品を国外に持ち出したり私蔵するなどした。発見の重大性に気づいたオスマン帝国政府が発掘の中止を命じたのに対し、イスタンブールに駐在する西欧列強の外交官を動かして再度発掘許可を出させ、トロイアの発掘を続けた。こうした不適切な発掘作業のため遺跡にはかなりの損傷がみられ、これらは現在に至っても考古学者による再発掘・再考証を難しい物にしている。

ギリシア考古学の父[編集]

シュリーマンは、発掘した遺跡のうち下から2番目(現在、第2市と呼ばれる)がトロイア戦争時代のものだと推測したが、後の発掘で実際のトロイア戦争時代の遺跡は第7層A(下から7番目の層)であることが判明した。第2層は実際にはトロイア戦争時代より約1000年ほど前の時代の遺跡だった。これにより、古代ギリシア以前に遡る文明が、エーゲ海の各地に存在していたということをも証明した。

また彼は、1876年にミケーネで「アガメムノンのマスク」のような豪奢な黄金を蔵した竪穴墓竪穴式石室)を発見している。1881年にトロイアの黄金をドイツ国民に寄贈してベルリンの名誉市民となった。建築家ヴィルヘルム・デルプフェルトの助力を得てトロイア発掘を継続する傍ら、1884年にはティリンスの発掘に着手。1890年、旅行先のナポリの路上で急死し、自宅のあったアテネの第一墓地に葬られた。

人物[編集]

職を転々としながらも商才を発揮し、トロイ発掘の目標に向け蓄財し、かつ勉学に励んだ。語学は、音読をすること・決して翻訳しないこと・文法を度外視して文章を丸暗記することなどの勉強法により、多国語を学習した[1]。母国語であるドイツ語のほか、英語フランス語オランダ語スペイン語ポルトガル語スウェーデン語ポーランド語イタリア語、現代ギリシア語および古代ギリシア語ヘブライ語ラテン語ロシア語アラビア語トルコ語に詳しかった。内容は著書『古代への情熱 シュリーマン自伝』で詳述、語学習得法の一例としてよく紹介される。

18ヶ国語を話せたという[1]

エピソード[編集]

幕末の慶応元年(1865年)に日本を訪れ、「日本人が世界で最も清潔な国民だということに疑いの余地がない」と言及した[2]。 背景には当時はイギリスのテムズ川などのヨーロッパの川は、排泄物などで汚染されていて不潔だったので、ペストなど伝染病などの原因となっていた。 これに対して江戸時代の日本の川は綺麗だった。理由は排泄物の処理がきちんと管理されていたからだった。なぜなら排泄物が優れた有機肥料という点で高い値段で取り引きされていたからだった。価格が急騰して、江戸幕府が介入して排泄物の価格を引き下げるように強制する法令まで制定して公布していたほどだった。

日本人の入浴・混浴文化を知って「なんと清らかな素朴さだろう!」と初めて公衆浴場の前を通り全裸の男女を見た時に感動して叫んだ。『どんなに貧しい人でも、日には一度は公衆浴場に通っている。」とし男女混浴を見て「禁断の林檎をかじる前の我々の先祖と同じ姿になった老若男女が一緒に湯をつかっている。日本人は礼儀に関してヨーロッパ的観念をもっていないが、人間というものは自国の習慣に従って生きている限り間違った行為をしているとは感じないものだからだ。そこでは淫らな意識が生まれようがない。すべてのものが男女混浴を容認しており、男女混浴が恥ずかしいことでも、いけないことでもないのである。ある民族の道徳性を他の民族のそれに比べてうんぬんすることはきわめて難しい。』と記した。[3]

浅草寺花魁絵姿仏像が並んで飾られている様子を見てシュリーマンはしばらく立ち尽くして、「私には前代未聞の途方もない逆説のように思われた----長い間、娼婦を神格化した絵の前に呆然と立ちすくんだ」と遊女が人々に尊敬されていることに驚いた[4]

幕末の日本国内の政治について「絶対的権力を持った大名達は、二つの権力の臣下として国法を尊守しながらも、実際には、大君(徳川家茂)と帝(孝明天皇)の権威に対抗している。好機と見て自己の利益と情熱によって両者の権威を縮小しようと図るのである。これは騎士制度を欠いた封建制度であり、ヴェネチア貴族の寡頭政治である。ここでは君主が全てであり、労働者階級は無である。にもかかわらず、この国には平和、行き渡った満足感、豊かさ、完璧な秩序、そして世界のどの国にしましてよく耕された土地が見られる」と記した[5]

著書[編集]

伝記[編集]

  • エミール・ルートヴィヒ『シュリーマン トロイア発掘者の生涯』秋山英夫訳 白水社
  • エルヴェ・デュシエーヌ『シュリーマン・黄金発掘の夢』「知の再発見」双書創元社、1998年
  • キャロライン・ムアヘッド『トロイアの秘宝 その運命とシュリーマンの生涯』芝優子訳 角川書店 1997年
  • デイヴィッド・トレイル『シュリーマン 黄金と偽りのトロイ』周藤芳幸ほか訳 青木書店 1999年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Heinrich-Schliemann-Museum - (ドイツ語)シュリーマン博物館。シュリーマンが育ったアンカースハーゲン(Ankershagen)にある。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『古代への情熱 シュリーマン自伝』岩波・角川・新潮文庫, 1964.
  2. ^ La Chine et le Japon au temps présent, Paris: Librairie centrale, 1867.
  3. ^ La Chine et le Japon au temps présent, Paris: Librairie centrale, 1867.
  4. ^ La Chine et le Japon au temps présent, Paris: Librairie centrale, 1867.
  5. ^ La Chine et le Japon au temps présent, Paris: Librairie centrale, 1867.