ハインリッヒ・キューン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハインリヒ・キューンドイツ語: Carl Christian Heinrich Kühn, 1866年2月25日ドイツ国家連合[1]ザクセン王国ドレスデン市 – 1944年チロル州インスブルック郡ビルギッツ[2])は、ドイツ生まれオーストリア人のピクトリアリスム写真家。「Heinrich Kuehn」と綴られることもある。

人物[編集]

当初薬学を志すも、断念して写真に進む。

ウィーン分離派にも含められ(具体的には、「Wiener Kamera Klub(ウィーン・カメラ・クラブ)」に参加したり、フーゴ・ヘンネベルクHugo Henneberg、1863年 – 1918年)とハンス・ヴァツェクHans Watzek、1848年 – 1903年)との3人で「Das Kleeblatt」(クレーブラット)または「Vienna Trifolium(または、単に(The) Trifolium)」(ウィーン・トリフォリウム)というグループを結成した)、のちリンクト・リングとフォト・セセッションにも参加した。1900年代初頭にスティーグリッツとの交流が始まり、その後長らく続くことになる。「カメラ・ワーク」にも多くの作品が掲載されている。 1888年から帝&王政オーストリアチロル公国[3]インスブルック市に移住し、オーストリアでの活動を開始。1914年から1915年にかけて、インスブルックで写真学校を開校した。

その作品は、ピクトリアリスムに顕著なソフト・フォーカスや「ぼかし」を多用した作品が多いが、単にそれだけにとどまらずストレートフォトグラフィへと向かう過渡的な性格がうかがわれる。

参考文献[編集]

  • ハインリッヒ・キューン ウィーン分離派からフォト・セセッションへ/蔦谷典子(島根県立美術館学芸員)(日仏美術学会報 第22号・2002年)
  • ハインリッヒ・キューン — ウィーン分離派からフォト・セセッションへ(蔦谷典子)(『美術フォーラム21』第六号・2002年)
    (注)上記2件の文献は、掲載誌が異なるだけで、同じ内容か?

外部リンク[編集]

脚注[編集]