HIGHLEG JESUS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハイレグジーザスから転送)
移動先: 案内検索

HIGHLEG JESUS(ハイレグジーザス)は、かつて河原雅彦が総代を務めた劇団およびパフォーマンス集団1992年に結成され、2002年に解散。

概要[編集]

1992年6月、「SEX、DRUG、R&Rと演劇」を合言葉に、河原雅彦を中心に結成。当初は新宿などで路上パフォーマンス集団として活動し、12月に「HIGHLEG SENSETIONS!」を上演。全公演の構成・演出をほぼ河原が手掛けており、「エロ・バカ・ショック」をテーマに繰り広げる作風、パフォーマンスは「ネオ演芸」と呼ばれ、「ハイレグ・マニア」なる熱狂的ファンを集めるなど注目を浴びる。

過激でポップなパフォーマンスで知られる。全裸になった男性役者が客席に乱入したりするなど、観客いじりの演出も多い。女性観客をステージに引き上げ、その頭に男性役者の性器を載せて見せるなど、「セクハラ」とも思える過激な演出もある。他の劇団やTVドラマ、映画を性的にパロディー化した寸劇を取り入れたり、放送禁止用語を連発したりするそのアクションは、「メッセージなきメッセージ」でもある。女性観客のファンが多いことも指摘され、「エロスではなくエロを追究する」という評もある。[1]

2002年12月、「LOVE JESUS ~星をはずす日~」をもって解散。現在、所属俳優のほとんどは芸能事務所「ハイレグタワー」に所属している。

メンバー[編集]

公演履歴[編集]

※主に特記のない限りは河原雅彦が構成、演出を務める。

1992年[編集]

  • 「HIGHLEG SENSETIONS!」

1993年[編集]

  • 「いかれぼんち」(野村朋子作・演出)
  • 「Beauty1$/¥100」

1994年[編集]

  • 「KING OF PLAY」
  • 「KING OF PLAY 2」
  • 「KING OF PLAY DX」

1995年[編集]

  • 「HIGHLEG JESUS THE SHININGSTAR」
  • 「嗚呼、花のワンマンショー!」

1996年[編集]

  • 「THE WORLD REMEMBERS UNDERGROUND SUPERSTAR」
  • 「桃色漫遊」

1997年[編集]

  • 「若くして死ぬしかない」
  • 「とにかく観ろ! or DIE!」
  • 「誰でも出れるよ! at フジタヴァンテ」
  • 「H・J総代、演劇村への報復『隷族08』」(プロデュース公演)
  • 「真っ直ぐにクサる」


1998年[編集]

  • 「KILLER JESUS KILLER」
  • 「ハイレグジーザスの 男がいて、そして女がいて…」
  • 「H・J総代、演劇村への報復『モンスターロックフェスティバルin亀有』」(プロデュース公演)
  • 「H・J総代、演劇村への報復スペシャル『お茶の魔~VAREITY IN The DARKSIDE』」(プロデュース公演、宮藤官九郎との共作)
  • NightmareシリーズVol.1「ONE NIGHT JESUS」
  • 「TV PUNK」

1999年[編集]

  • 「ミンシン」(新井友香作・河原雅彦演出)
  • 「FUCK YOU VERY MUCH.」
  • 「好き・好き・ハロウィン~CRAZY PUMPKIN LIVE」
  • NightmareシリーズVol.2「エロナイト」「バカナイト」「ショックナイト」

2000年[編集]

  • 「東京≧大阪」
  • 「Sexual Viorlence No.1」
  • 「東京≦大阪」(初の大阪進出)
  • 「薔薇の連帯」(プロデュース公演。新井友香、千葉雅子猫のホテル)、野村朋子作)
  • 「SSエクスタシー」
  • 「H・J総代、東京演劇村への報復カウントダウンイベント『ESCAPE FROMクソったれTOKYO CITY』」

2001年[編集]

2002年[編集]

  • 「威風凛々ハラキリカーニバル」
  • 「食べ残しは許さないんだからしてっ!」
  • 「CABALLET NIGHT FEVERったらFEVER!!」
  • 「LOVE JESUS ~星をはずす日~」

参考資料[編集]

関連する人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「美術手帖」2001年5月号、84ページ

外部リンク[編集]