ハイメ・デ・ボルボン (セゴビア公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハイメ・デ・ボルボン
Jaime de Borbón
ボルボン家
Jaime Enrique de Borbón.jpg
ハイメ・デ・ボルボン
(1935年、エマニュエル・ド・ダンピエールとの結婚において)
称号 セゴビア公
アンジュー公
全名
出生 (1908-06-23) 1908年6月23日
スペインの旗 スペイン王国セゴビア県サン・イルデフォンソラ・グランハ宮殿
死去 (1975-03-20) 1975年3月20日(66歳没)
スイスの旗 スイスザンクト・ガレン州ザンクト・ガレン
埋葬 スイスの旗 スイスローザンヌ、ボワ・ド・ヴォー共同墓地
1985年(改葬)
スペインの旗 スペインサン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルエル・エスコリアル修道院
配偶者 エマヌエラ・デ・ダンピエレ
  シャルロッテ・ティーデマン
子女 アルフォンソ
ゴンサーロ
父親 アルフォンソ13世
母親 ビクトリア・エウヘニア・イ・バッテンベルグ
テンプレートを表示

ハイメ・デ・ボルボン・イ・バッテンベルグ(スペイン語: Jaime de Borbón y Battenberg, 1908年6月23日 - 1975年3月20日)は、スペインの王族。

生涯[編集]

スペイン王アルフォンソ13世と王妃ビクトリア・エウヘニアの次男として、ラ・グランハ宮殿で生まれた。幼い頃に受けた手術のために聾唖となり、1933年6月に自身と子孫のスペイン王位継承権を放棄することを表明した。その際、父王によってセゴビア公(Duque de Segovia)の称号を授けられた。

アルフォンソ13世が死去した1941年、父王の有していたブルボン家家長の地位を継承しフランス王であることを表明、「アンジュー公アンリ」と称した。フランスの正統王党派(レジティミスト)からはフランス王アンリ6世フランス語: Henri VI)と呼ばれた。

1935年、フランス貴族出身のエマニュエル・ド・ダンピエールと結婚、2子をもうけた。

ハイメとエマヌエラは1947年ブカレストで離婚した。しかしこの離婚は1949年イタリアの裁判所で認められたものの、スペインの裁判所では認められなかった。1949年8月、ハイメはインスブルックで離婚歴のある歌手シャルロッテ・ティーデマンと再婚した。しかし、離婚を認めないカトリック教会とレジティミストの間では、エマヌエラがハイメの妻であり続けた。

1949年12月6日、ハイメは死去した兄アルフォンソに次いで王位継承権を持つと表明。1964年5月にカルリスタのスペイン王家家長としてマドリード公を称した(ハイメ4世スペイン語: Jaime IV)を名乗った[1])。1969年7月19日、ハイメは長男アルフォンソの申し出により、正統なスペイン王は甥にあたるフアン・カルロス1世であると表明した[2]

1975年スイスザンクト・ガレン州立病院で死去した。後に棺は甥のフアン・カルロス1世の許可を得て、エル・エスコリアル修道院へ埋葬された。

脚注[編集]

  1. ^ ハイメ3世」にならってアラゴン王国の同名の王を代数に加えた。
  2. ^ ただしカルリスタの一部は、サン・ハイメ公アルフォンソ・カルロスの死去によってモリナ伯カルロスの男系男子が絶えた後、アルフォンソ13世を経てハイメとその子孫に、スペインとフランスの王位継承権がともに受け継がれたとしている。

参考文献[編集]

  • Zavala, José M. Don Jaime, el trágico Borbón: la maldición del hijo sordomudo de Alfonso XIII. Madrid: La Esfera de los Libros, 2006. ISBN 8497345657.
  • Aranguren, Begoña. Emanuela de Dampierre: memorias, esposa y madre de los Borbones que pudieron reinar en España. Madrid: Esfera de los Libros, 2003. ISBN 8497341414.
先代:
アルフォンス1世
フランス王位請求者
(正統派)
1941年 - 1975年
次代:
アルフォンス2世