ハイパーポップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハイパー・ポップから転送)
ハイパーポップ
現地名 Hyperpop
様式的起源
文化的起源 2010年代イギリス
関連項目
テンプレートを表示

ハイパーポップ: Hyperpop)は、ポピュラー音楽マキシマリズム英語版的ないし誇張した形で解釈することで特徴づけられる[3]、ゆるやかに定義された音楽ムーブメント[4][3]およびマイクロジャンル英語版である[5]。このジャンルのアーティストは通常、エレクトロニックヒップホップダンス・ミュージックの表現を利用し、ポップアバンギャルド英語版の感性を統合する[6]。このムーブメントはLGBTQ+のオンライン・コミュニティとしばしば関連しており[6]、多くのキーパーソンが自らがトランスジェンダーノンバイナリーゲイであることを表明している[7]

このジャンルには数多くの源流があるが、ハイパーポップがはっきりとしたスタイルを有するに至るには、A・G・クックと、彼のレーベルであるPC Music英語版に所属するソフィーチャーリーXCXらによる2010年代中盤の作品の影響が大きい[6]。また、レーベルの関係者ではないアーティストとしてはハドソン・モホークラスティなどもルーツのひとつとみなされることがある[6][8]。このシーンの音楽は、Spotify2019年8月、A.G.クックや100 Gecs英語版らの楽曲を収録した公式プレイリストの名称を「Hyperpop」に改称したことで広く耳目を集めた[5]。また、TikTokをはじめとするソーシャルメディアを通じて若年層の支持を集めた[9]

出典[編集]

  1. ^ The rise and rise of hyperactive subgenre glitchcore”. NME. 2021年1月14日閲覧。
  2. ^ a b Chaudhury, Aliya (2021年4月14日). “Why hyperpop owes its existence to heavy metal”. Kerrang!. https://www.kerrang.com/features/why-hyperpop-owes-its-existence-to-heavy-metal/ 
  3. ^ a b A. G. Cook Is Changing Popular Music As We Know It”. American Songwriter. 2020年9月20日閲覧。
  4. ^ Enis, Eli (2020年10月27日). “This is Hyperpop: A Genre Tag for Genre-less Music”. Vice. https://www.vice.com/en/article/bvx85v/this-is-hyperpop-a-genre-tag-for-genre-less-music 
  5. ^ a b Dandridge-Lemco, Ben (2020年11月10日). “How Hyperpop, a Small Spotify Playlist, Grew Into a Big Deal”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2020/11/10/arts/music/hyperpop-spotify.html 
  6. ^ a b c d Hyperpop or overhyped? The rise of 2020's most maximal sound”. The Independent. 2021年2月13日閲覧。
  7. ^ What is Hyperpop?”. The Atlantic. 2021年2月22日閲覧。
  8. ^ Remembering SOPHIE’s Radical Futurism”. Pitchfork. 2021年5月31日閲覧。
  9. ^ Kornhaber, Spencer (2021年2月14日). “Noisy, Ugly, and Addictive” (英語). The Atlantic. 2021年5月19日閲覧。