ハイネケン誘拐の代償

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハイネケン誘拐の代償
Kidnapping Freddy Heineken
監督 ダニエル・アルフレッドソン
脚本 ウィリアム・ブルックフィールド
原作 ピーター・R・デ・ヴリーズ英語版
De ontvoering van Alfred Heineken
出演者 アンソニー・ホプキンス
サム・ワーシントン
ジム・スタージェス
ライアン・クワンテン
音楽 クレイ・ダンカン英語版
ルーカス・ヴィダル英語版
撮影 フレドリク・ベッカー
編集 ホーカン・カールソン
製作会社 Informant Europe SPRL
European Film Company
Umedia
配給 イギリスの旗 Signature Entertainment
日本の旗 アスミック・エース
公開 イギリスの旗 2015年4月3日
日本の旗 2015年6月13日
上映時間 95分
製作国  ベルギー
イギリスの旗 イギリス
オランダの旗 オランダ
言語 英語
興行収入 4000万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

ハイネケン誘拐の代償』(ハイネケンゆうかいのだいしょう、Kidnapping Freddy Heineken)は2015年ベルギーイギリスオランダ合作の犯罪サスペンス映画米国公開時のタイトルは『Kidnapping Mr. Heineken』。

原作は犯罪ジャーナリストのピーター・R・デ・ヴリーズ英語版が執筆したノンフィクション。1983年11月に発生した、世界的なビール製造会社「ハイネケン」の経営者でオランダ屈指の大富豪フレディ・ハイネケンが誘拐された事件英語版を題材としており、誘拐した者と誘拐された者の両者の視点から実話の真実に迫る内容となっている[2]

ストーリー[編集]

1983年、オランダの首都アムステルダム。事業に行き詰まっていた会社経営者のコル・ヴァン・ハウト英語版は、幼なじみの親友で妻の兄でもあるヴィレムをはじめとする仲間と結託し、世界的ビール製造会社「ハイネケン」の経営者で大富豪フレディ・ハイネケン英語版の誘拐に成功する。しかしその後の身代金交渉は遅々として進まず、人質でありながらも老獪で傲慢なハイネケンにコルたちは翻弄され、強い絆で結ばれていたはずの仲間たちの間に溝が生まれ始める。結局コルらは身代金を獲得しハイネケンは解放されるが、オランダ警察の捜査の手はコルらに伸び、メンバーが次々と逮捕され始めた。残ったヴィレムとコルは、ヴィレムの馴染みの女がいるパリに逃亡するが、コルが妻と電話で連絡を取ってしまったために潜伏先がばれてしまい、そこから逃げ出そうとしたところで2人はあえなく逮捕される。こうしてコル達犯人グループは全て逮捕されて服役、その後10年以上の刑期を終えて出所するが、強奪された身代金の一部は今も所在が不明のままである。そしてかつては親友同士だった仲間が全員揃うことはなく、大金と引き換えに仲間たちの絆は完全に崩壊していた。それは監禁中のハイネケンがコルらに予言していたことだった。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 83頁
  2. ^ INTRODUCTION”. 映画『ハイネケン誘拐の代償』公式サイト. 2015年6月13日閲覧。

外部リンク[編集]