ハイド・パーカー (第5代准男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サー・ハイド・パーカー準男爵
Romney Hyde Parker.jpg
ジョージ・ロムニーによる肖像画、1782年頃。
生誕 1714年2月25日
死没 1782年(67–68歳)
所属組織 グレートブリテン王国 グレートブリテン王国
部門  イギリス海軍
最終階級 海軍中将英語版
戦闘 七年戦争
アメリカ独立戦争

第5代準男爵サー・ハイド・パーカー海軍中将英語版英語: Sir Hyde Parker, 5th Baronet1714年2月25日 - 1782年)は、イギリス海軍の指揮官。

生涯[編集]

初期の経歴[編集]

パーカーはウスターシャー州トレディングトン英語版で生まれた。祖父は第2代準男爵ヘンリー・パーカー英語版ソールズベリー主教アレクサンダー・ハイド英語版の娘と結婚していた)で、父は聖職者だった。24歳のときにイギリス海軍に従軍、1748年にはポスト・キャプテン英語版海軍大佐の一種)に昇進した[1]。当時60万ポンドの価値があるスペイン・ガレオン船を拿捕したことで、家族が豊かになった。

七年戦争[編集]

1755年10月、ハイド・パーカーはポスト・シップ英語版スクアラール英語版の艦長に任命され、翌年にはフランスの私掠船トレ・ヴェネラブル(Très Vénėrable)を拿捕した。

七年戦争の後半には東インド水域で戦い、1760年から1761年のポンディシェリー包囲戦と1762年のマニラの戦いに参戦した[1]1762年10月30日の海戦ではマニラ・ガレオン船の1隻をアカプルコマニラの間の回航中に拿捕した。

アメリカ独立戦争[編集]

1778年に海軍少将に昇進、副司令官として北米の水域に向かった[1]ジョージ・ロドニーが到着する以前、リーワード諸島の指揮官であり、マルティニークでフランスに対しうまく立ち回った[1]

1781年、帰国して海軍中将になった後、1781年8月5日にオランダ艦隊とドッガー・バンク海戦を戦い、お互い優勢を得られないまま撤退した。パーカーは任務に必要な能力が足りないと考え、辞任した[1]

1782年、準男爵位を継承した直後、東インド基地英語版の指揮官に任命された[1]。しかし、任地に向かう途中に旗艦カト(Cato)が沈没、パーカーを含め全員が失われた[1]

パーカー準男爵英語版位は長男ハリー英語版が継承した。次男のハイドは提督になった。

脚注[編集]

参考文献[編集]

イングランドの準男爵
先代:
ヘンリー・パーカー
パーカー準男爵英語版
1782年
次代:
ハリー・パーカー英語版