ハイチスライダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイチスライダー
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: カメ目 Testudines
亜目 : 潜頸亜目 Cryptodira
上科 : リクガメ上科 Testudinoidea
: ヌマガメ科 Emydidae
亜科 : アミメガメ亜科 Deirochelyinae
: アカミミガメ属 Trachemys
: ハイチスライダー T. decorata
学名
Trachemys decorata
(Barbour & Carr, 1940)
シノニム

Pseudemys decorata
Barbour & Carr, 1940

和名
ハイチスライダー
英名
Haitian slider
Hispaniolan slider

ハイチスライダーTrachemys decorata)は、動物界脊索動物門爬虫綱カメ目ヌマガメ科アカミミガメ属に分類されるカメ。別名イスパニオラスライダー

分布[編集]

ドミニカ共和国南西部、ハイチ南部(イスパニョーラ島固有種

形態[編集]

最大甲長34.1cm。通常は甲長30cmを超える個体は少ない。オスよりもメスの方が大型になり、オスは最大でも甲長22cm。背甲はややドーム状に盛りあがり、上から見るとやや細長い楕円形。甲板の表面は滑らかだが、細かい皺が入る個体もいる。項甲板は細長く長方形に近い等脚台形。後部縁甲板は鋸状に尖らず滑らか。背甲の色彩は灰褐色、緑褐色、褐色一色。腹甲の色彩は黄色や淡黄色で、不規則に暗色の斑紋が入る。成長に伴い色彩は暗色になるが、黒色化することはない。種小名decorataは「装飾された、装飾的な」の意。

頭部は中型。吻端はやや突出し、上顎の先端は凹まない。頭部の色彩は灰色で、側頭部に黒く縁取られた黄色い3-4本ずつの筋模様が入る。また鼓膜上部に明色の斑紋が入る。

卵は長径3.5-4.7cm、短径2-2.5cm。幼体は椎甲板にあまり発達しない筋状の盛り上がり(キール)があり、後部縁甲板がやや鋸状に尖る。成長に伴いキールや縁甲板の突起は消失し滑らかになる。また幼体は背甲の色彩が緑や緑褐色で、肋甲板に不定形の黄褐色で縁取られた暗色の斑紋が入る。また肋甲板に黄褐色で縁取られた眼状斑が入る。また腹甲に入る暗色の斑紋は明瞭。背甲の斑紋は成長に伴い消失し、腹甲の斑紋もやや不明瞭になる。

オスはメスに比べ吻端がより突出する。また前肢の爪が伸長し湾曲する。

生態[編集]

低地にある河川などに生息し、底質が泥で水生植物が繁茂した水深のある水場を好む。汽水域で見られることもある。日光浴を行うことを好む。

食性は植物食傾向の強い雑食で、水生植物、藻類昆虫類などを食べる。幼体は動物食傾向の強い雑食だが、成長に伴い植物食傾向が強くなる。

繁殖形態は卵生。オスはメスの正面で前肢を振るわせて求愛し、メスがオスを受け入れるとオスはメスに覆いかかり交尾する。1回に6-18個の卵を年に1-4回に分けて産む。

人間との関係[編集]

生息地では食用とされることもある。

開発による生息地の破壊、水質汚染、食用の乱獲などにより生息数は減少している。

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。欧米から飼育下繁殖個体が流通し、流通量は少ない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社2001年、125、277頁。
  • 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド 水棲ガメ1 アメリカ大陸のミズガメ』、誠文堂新光社2005年、48頁。
  • 安川雄一郎 「アカミミガメ属(スライダーガメ属)の分類と自然史2」『クリーパー』第37号、クリーパー社、2007年、10-12、62-64頁。

外部リンク[編集]