ハイスクール・ウルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハイスクール・ウルフ(米:Big Wolf On Campus、仏:Le loup garou du campus)はカナダにて1999年から2002年に放映されたTVドラマ。日本ではNHK海外ドラマ枠で2002年に放送、2005年に再放送された。

概説[編集]

キャンプ中、一匹のオオカミに噛まれてしまった高校生のトミーは、その出来事が原因でオオカミ男になってしまう。それまで平和だった町に怪物が次々とあらわれるようになり、怪奇ファンタジー同好会会長のマートンと力を合わせて事件を解決してゆくコメディータッチのドラマ。

敵について[編集]

このドラマに於ける魅力は主人公であるトミーとその相方マートン、そして第二シーズン以降加入するローリーの二人(三人)が織りなす漫才チックな掛け合いと英語圏ならではのシュールなギャグであるが、もう一つの魅力として、殆どのエピソードに登場する奇々怪々かつ奇妙奇天烈で個性的な敵の存在が挙げられる。 敵は主に人外・妖怪・怪物の類であり、主に西洋の神話・伝説に伝わる怪物(吸血鬼・悪霊・獣人)が主だが、時に異能(人間をテレビ番組の世界に転移させる、人間を老化させ若さを吸い取る、自我の入れ替わりを行う等)やオーバーテクノロジー(黒魔術等が主だが、人造人間を創造する者や科学技術を駆使する者も存在)を駆使する人間、更には人格に問題を来した一般人と敵対する事もある。 また、怪物が登場するからといって必ずそれと敵対する訳ではなく、事件の被害者や善玉として戦線を共にした怪物も少なからず存在する。 また敵に限ったことではないが、毎回マートンが事件とある映画の類似性について言及するくだりも作品の名物の一つとなっており、以下のやりとりがお約束となっている。

マートン「この一件はXX年公開の映画『YY』に似てる(XとYにはそれぞれ年代や監督、映画のタイトルが入る)」
トニー「それで、どんな映画なんだ?」
マートン「○○は良かったけど××は全然駄目で…(等と言うように役者や監督について等、ストーリーではなく一般人には解らないようなマニアック過ぎる感想を語り出す)」
トニー「そうじゃない!映画のストーリーだ!」

主な登場人物[編集]

トーマス "トミー" ・P・ドーキンス(Thomas "Tommy" P. Dawkins)/ブランドン・クインBrandon Quinn)(声:坂詰貴之
高校4年生。狼に噛まれて以降、興奮すると狼男に変身してしまう体になる。
マートン・J・ディングル(Merton J. Dingle)/ダニー・スミスDanny Smith)(声:藤原堅一
怪奇ファンタジー同好会会長。トミーとはクラスメートで親友。奇行の多いオタク。
ステイシー・ハンソン(Stacey Hanson)/レイチェル・レフィブレ (声:石井麗子
第一シーズンのヒロイン。トミーの想い人だが、他の人物と結ばれる。
ローリー・バクスター(Lori Baxter)/エイミー・キャッスルAimée Castle)(声:片岡身江
第二シーズン以降のヒロイン。トミー達と怪事件を解決していく事になる。

エピソードタイトル[編集]

カナダと日本で放映の順番が一部異なっている。以下はカナダ放映順。

外部リンク[編集]

NHK教育 金曜18:25 - 18:50枠
前番組 番組名 次番組
ハイスクール・ウルフ
(2002年11月1日 - 2003年3月21日)
NHK教育 火曜19:25 - 19:50枠
ハイスクール・ウルフ
(2003年4月8日 - 2004年2月17日)