ハイイロウミツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハイイロウミツバメ
Oceanodroma furcata1.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ミズナギドリ目 Procellariiformes
: ウミツバメ科 Hydrobatidae
: ウミツバメ属 Oceanodroma
: ハイイロウミツバメ
O. furcata
学名
Oceanodroma furcata
(Gmelin, 1789)
和名
ハイイロウミツバメ
英名
Fork-tailed Storm-petrel

ハイイロウミツバメ(灰色海燕、学名:Oceanodroma furcata)は、ミズナギドリ目ウミツバメ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

千島列島カムチャツカ半島アリューシャン列島アラスカカナダ、アメリカ西海岸北部の島嶼で繁殖する。繁殖地周辺の北太平洋の亜寒帯地域に周年生息するが、冬季にはやや南下する個体もある。

日本では繁殖は確認されていないが、本州北部から北海道の太平洋側の沖合いでほぼ周年観察される。冬季に沿岸に迷行してくる個体もある。

形態[編集]

全長約21cm。翼開長は約46cm。体の上面は青灰色で、下面は灰白色である。目の周囲はやや黒みがかっている。翼の上面は灰褐色で、雨覆、次列風切の一部が白くなっており翼帯状に見える。尾は凹形で切れ込みは浅い。嘴と足は黒色。

雌雄同色である。

ヒナ

生態[編集]

非繁殖期は洋上で生活する。

食性は動物食。水面近くを飛びながら、水面のプランクトンや魚類を捕食する。

繁殖形態は卵生。繁殖期は4月の下旬から10月頃で、繁殖地ではコロニーを形成する。岩の隙間や地面に掘った穴に1卵を産む。雌雄交替で抱卵する。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

参考文献[編集]

関連項目[編集]