ノーマン・ボーローグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーマン・ボーローグ
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1970年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:世界の食糧不足の改善に尽くした

ノーマン・ボーローグNorman Ernest Borlaug, 1914年3月25日 - 2009年9月12日[1])は、アメリカ合衆国農業学者アイオワ州クレスコ出身。ミネソタ大学卒業。

ノーベル平和賞[編集]

今から200年前にイギリスの経済学者トマス・ロバート・マルサスは、世界の人口がまもなく食糧栽培能力を上回るだろうと予測した。

ノーマン・ボーローグは、1960年代に小麦等の高収量品種を中心とした新しい農業技術を開発し穀物の大幅な増産(緑の革命)を指導した(メキシコでは3倍もの生産量の向上を達成した)。

これはマルサスの陰鬱な予測が誤っていたことを示すことになった。

世界の食糧不足の改善に尽くしたとして、1970年にボーローグにノーベル平和賞が与えられた。

1986年には、笹川アフリカ協会(Sasakawa Africa Association=SAA)の会長に就任、サブサハラ・アフリカ諸国での緑の革命の実現を目指して働いている。

奇跡の麦[編集]

コムギや他の穀物では、多収になると穂の重さにより倒れ易くなる。ボーローグは小麦農林10号を親に用いて背の低い丈夫な麦を作った。これが奇跡の麦である。これにより、数億人もの食料危機に瀕している人々が救われた。この後米やその他の穀物の「奇跡の品種」がすぐ後に続き、世界の「緑の革命」の引き金となった。

受賞[編集]

ブッシュ大統領から議会名誉黄金勲章を贈られるボーローグ(2007年7月17日)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.asahi.com/obituaries/update/0913/TKY200909130129.html 「緑の革命」を主導、ノーベル平和賞ボーローグさん死去 朝日新聞