ノーマン・アトランティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
シントゥ時代のノーマン・アトランティック(2013年8月16日、オルビア

ノーマン・アトランティック(Norman Atlantic)は、アケマン・ストリート(Akeman Street)として建造され、シントゥ(Scintu)としても運航されたRO-ROフェリー(ROPAX)。2014年12月28日の火災事故で知られる。

船歴[編集]

アケマン・ストリートとしてイギリスのアーミン・ストリート・シッピング向けに2009年にイタリアポルト・ヴィーロカンティエーレ・ナヴァーレ・ヴィセンティーニで建造されたが、同社は取得せずイタリアのヴィセマール・ディ・ナヴィガジオーネが取得した[1]。2010年2月から4月にかけてはT-Linkに傭船され、2011年5月にマルタ共和国バレッタで改装、6月よりサレマールが傭船し、シントゥと改名した。2013年1月グランデ・ナビ・ヴェローチ、4月モビー・ラインズと傭船先を変え、10月にLDラインズにより傭船され、2014年1月にノーマン・アトランティックと改名した[1]。2014年8月29日の航海を持ってLDラインズとの契約が終了し[2]、9月から10月までカロンテ&ツーリストに傭船、その後ANEKラインズによって傭船された[1]

火災事故[編集]

ANEKラインズによる運行中の2014年12月28日、ギリシャパトラからイタリアのアンコーナへ向かう途上、アドリア海オトラント海峡を航行中に火災事故が発生した[3][4][5]

出典[編集]

  1. ^ a b c M/S AKEMAN STREET”. Fakta om Fartyg. 2014年12月18日閲覧。
  2. ^ SPANISH LINKS: End of road for LD routes”. Cudham: Kelsey Publishing (2014年9月30日). 2014年12月29日閲覧。
  3. ^ Rescuers race to save passengers from burning Italian ferry”. Yahoo News UK (2014年12月28日). 2014年12月29日閲覧。
  4. ^ Ferry Death Toll Rises to 13, Amid Concerns About Uncounted Stowaways”. The New York Times (2014年12月30日). 2014年12月30日閲覧。
  5. ^ ギリシャ沖フェリー火災、生存者の中に密航者も 死者増える恐れ”. AFPBB (2014年12月31日). 2014年12月31日閲覧。