ノーブレーキピスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メルボルンの街中に止められたピストバイク。ブレーキは付いていない。

ノーブレーキピストno brake piste)とは、ブレーキを両輪装備無しの状態で公道にて使用されているトラックレーサー固定ギア(fixed-gear, fixie)のことである。日本ではピストピストバイクとも呼ばれる(実際は「ピスト」「ピストバイク」と言う単語自体はブレーキが付いている物も含めトラックレーサー全般を指す)。後述のように走行について規制を設けている国が多い。

概要[編集]

元来、ピストは専用のトラックを走行するための競技用の自転車である[1]pisteはフランス語で自転車競技場やそのトラックのことを指す。

トラックレーサーは競技場で使用されるものでありブレーキを装着しないのが基本である。競技場において使用されるトラックレーサーについては、ブレーキが装着されていなくともノーブレーキピストとは呼ばれない。

一般の自転車とは異なり、ピストはフリーハブを採用しない固定ギアである[1]。ピストはペダルと車輪が直結していて逆に漕ぐとバックする構造になっており、ブレーキの代わりにペダルを逆に踏むスキッドと言われる技術で制動する[1]ハンドルはブルホーンバーまたはドロップハンドルのものが多い。

ピストでの走行は危険性が高く[1]、そのために違法となる国が多い[2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15]

日本国内の公道を走る行為は、公道を走る際の必須装備であるブレーキを備えていない為、道路交通法違反(制動装置不良)となる。自転車の制動装置は道路交通法施行規則により「前車輪及び後車輪を制動すること」と定められている。2013年11月には、後輪にブレーキがないBMXを公道で乗り回して反則告知を受け、再三の出頭要請も無視した事で初の逮捕例が出た[16]。尚、公道でなく公共の場所での使用でも、触法行為となる。

各国での利用と法規制[編集]

米国[編集]

もともとはアメリカ合衆国の貧しいメッセンジャーたちが、パーツ代やメンテナンスにカネがかかるロードレーサーを買えないため、その代わりにシンプルでメンテナンスも楽な自転車として利用し始めた[1]。トラックレーサーは変速機がなく、また固定ギアを使用するため、構造が単純で整備性・耐久性に優れている(注油の必要な摺動部分がほとんどない)。トラックレーサーが使用されるようになったのは1970年代後半〜1980年代にかけてのニューヨークといわれている。

次第にストリートカルチャーとリンクし、2001年のドキュメンタリー映画『PEDAL』で注目されるようになった[1]

日本[編集]

文化・ファッション[編集]

2000年代半ばに日本にも輸入され、ストリートカルチャーの世界で新しい流行として取り入れられた。この流れの中で特に大きな役割を果たしたのが、ニューヨークで数年間メッセンジャーをしていたとされるデザイナーのMADSAKIDJ藤原ヒロシらのグループである。

加えて、広告業界が一種のファッションとしてノーブレーキピストを肯定的に捉える事例が散見される。以下はその例である。

自転車愛好者層などからの意見[編集]

旧来のスポーツ自転車愛好家たちの中には、ノーブレーキピストに限らず保安部品を除去・無効化させているような公道上での運転に対して危険な改造を施した自転車やその愛好家に対して、自分たちとは違う存在であると主張する者もいる。

特に下記の法規制が行われる以前より、旧来の自転車の愛好者層からは「危険性が増す装備が文化やファッションの名の下に広がりを見せていることは問題である」「ファッション(カッコつけ)のためならば何をしてもいいのか。人を事故で怪我をさせて果てには殺す事(その危険性を故意的に看過する事)も『文化』なのか。自己だけでなく他者の安全が確保されるからこその公道上での乗り物であるはずだ」という提起と批判が再三において行われていた。

ペダルの種類に関わらず、ノーブレーキピストはブレーキを装備した自転車と同等の制動距離では決して止まれず、公道上で起きる想定外の緊急事態への対応は不可能である。前進時とは逆方向の力をペダルに加えることで少しずつ減速することはできるが、操縦者の体重以上の力で下から押されればどう頑張っても、なす術なく放り上げられてしまう。充分な訓練をしていてもクランクを抑えきれず「体が浮き上がってしまい」転倒に至る事故も多発している。

主テーマとして自転車を扱った漫画である宮尾岳の『アオバ自転車店シリーズ』(少年画報社ヤングキング」関連誌にて連載)では、特にこの点をピックアップしてノーブレーキピストの公道上での運転を再三にわたり大きく批判している[20]

法律・条令における動き[編集]

2013年7月1日、東京都は自転車安全条例を制定し、その第23条において「自転車小売業者は、自転車の利用が道路交通法その他の自転車の交通又は安全性に関する法令の規定に違反することとなることを知って自転車を販売してはならない。」と定義し、事実上それまでは野放しだった公道走行用のノーブレーキピストの都内での販売を、明確に禁止した。

参考資料[編集]

  • 「特集NO BIKE、NO LIFE:自転車に夢中!:San Francisco/Track Bike、#03 New York/Messenger」『BRUTUS』No.620(マガジンハウス、2007年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “誤解だらけの「ブレーキなしスポーツ自転車=ピスト」報道に物申す!”. 日刊SPA! (扶桑社). (2011年10月16日). https://nikkan-spa.jp/75105 2018年7月21日閲覧。 
  2. ^ [1] location NSW, AU publisher Road Traffic Authority Hub bicycle 2011-05-14
  3. ^ [2] location BE publisher Flemish government Mobiel vlaanderen 2012-08-10
  4. ^ [3]
  5. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月3日閲覧。 Highway Traffic Act 64(3)
  6. ^ Bike security regulations [4] location France publisher Internal affairs ministry
  7. ^ 08/07/2009 location DE Still No Fix for 'Fixies'. German Court Rules in Favor of Fixed-Gear Cyclist [5] work Der Spiegel
  8. ^ [6] contribution Fixed-gear bikes spark police crackdown in Berlin place DE publisher The Local Society 2009-06-30.
  9. ^ [7] location New Zealand Transport Authority Road Code for Bicycles 2009 format PDF
  10. ^ Vehicle Regulations [8] location Spain publisher Internal affairs ministry
  11. ^ Construction and Use Regulations location UK [9] publisher CTC
  12. ^ [10] Appendices publisher BikeSense 2010-10-01
  13. ^ [11] work Blog Archive Cyclist wins fixed-gear case publisher BikePortland 2006-09-05 2010-10-01
  14. ^ [12] Requirements for Bicycles: Requirements for braking system work Code of Federal Regulations publisher GPO locationUSA 2004-01-01 2010-10-01
  15. ^ [13] work Code of Federal Regulations Requirements for Bicycles: Definitions publisher GPO location USA 2004 2010-10-01
  16. ^ ブレーキなし自転車で全国初逮捕 出頭に応じず、道交法違反容疑 共同通信2013年11月11日
  17. ^ “『東京Just Do It』広告キャンペーンに関するお詫び” (プレスリリース), ナイキジャパン, (2007年4月13日), オリジナル2010年8月24日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100824060323/http://nike.jp/info/070413.html 2011年9月29日閲覧。 
  18. ^ 雑誌『BRUTUS』の記事 [リンク切れ]
  19. ^ 資生堂ANESSA Archived 2010年12月3日, at the Wayback Machine. - ページ右下に「日本国内での走行にはブレーキの装着が必要です。」と注記がある。
  20. ^ 単行本「並木橋通りアオバ自転車店」20巻『ブレーキなし。問題あり。』や単行本「アオバ自転車店」19巻『おバカさんに告ぐ』など。

外部リンク[編集]