ノーパンしゃぶしゃぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ノーパンしゃぶしゃぶとは、エンターテインメントレストランの一種。ミニスカートの下がノーパン女性店員が接客するしゃぶしゃぶ料理店[1]、もしくは風俗店である。類似するサービスを提供するものとしては、ノーパン喫茶などが見られる。

東京・新宿の高級ノーパンしゃぶしゃぶ店が、大蔵省接待汚職事件大蔵官僚(当時)接待の舞台の一つとなっていた事が報道されたことから、1998年平成10年)に話題となった[2]。exciteによれば、ノーパンしゃぶしゃぶは飲食店と言う扱いであり、風俗店とは異なり「飲食費として領収書を落とせる」ことにより、接待に利用されたようだ[1]

朝日新聞出版/週刊朝日によれば、この事件で話題となった店舗については、東京・歌舞伎町にあった会員制の店舗であり、コースの料金は2時間で税込み1万9980円と言うもので、フォアグラ松坂牛などが提供されていたと言う。また、従業員の証言によれば、接待する側は冷めていたが、接待される側は「一心不乱に見ている」状態であったと言う[3]

また、講談社・「週刊現代」2016年12月17日号掲載「風俗界の大発明『ノーパン喫茶』は、こうして男たちをトリコにした」においてみうらじゅんは、ノーパン喫茶は若年層に人気があったが、ノーパンしゃぶしゃぶはオッサンに人気があったと述懐している[4]

出典[編集]

  1. ^ a b 「ノーパンしゃぶしゃぶ」が話題に 大蔵省の汚職事件を振り返る” (2016年2月16日). 2016年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月17日閲覧。
  2. ^ 牧太郎 (2006年6月27日). “大きな声では言えないが:日銀の前科?”. 毎日新聞 (毎日新聞社). オリジナル2006年7月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060708205210/http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060627k0000e070082000c.html 2017年2月16日閲覧。 
  3. ^ 失われた10年”に過剰接待「ノーパンしゃぶしゃぶ」があった! (4/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)”. 朝日新聞出版/週刊朝日 (017年3月10日). 2017年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月16日閲覧。
  4. ^ 風俗界の大発明『ノーパン喫茶』は、こうして男たちをトリコにした(週刊現代)”. 講談社/週刊現代 (2016年12月17日). 2016年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月17日閲覧。