ノート:Fedora

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Mh35さんのコメントを後見人miyaが代理で投稿します:

  • Fedora Coreというサイトにスタブ警告が付いていますが、外すのに足りるのではないのでしょうか。Mh35 2005年1月10日 (月) 12:08 (UTC)
    そろそろ{{Expand}}に変えてもよいのではないでしょうか?miya 2005年1月11日 (火) 16:50 (UTC)


Fedora 7からFedora CoreからFedoraに名称が変更されるようです。--赤井彗星 2007年2月7日 (水) 03:50 (UTC)


  • FedoraはRawHideの後継プロジェクトであってRed Hat9の後継製品ではありません。
  • Red Hat9の後継製品はRed Hat Enterprise Linuxです。
  • Fedoraは開発者、新機能レビュー者向けであって一般向けではありません。
  • 無償でLinuxを使いたい方はFedoraを使うもべきではありません。
  • 技術力のないもの使うべからず、Fedoraプロジェクトに貢献できる方が使うべきです。
  • 安定した無償のRed Hat互換Linuxを使いたい方はCentOSを使うべきです。


上記の箇条書きを追加された124.144.129.192さんが編集された内容ですが、「CentOSを使うべき」という"べき論"が気になりましたので内容を戻しました。また、「FedoraはRawHideの後継プロジェクト」ということが検証できるようなソースはないでしょうか(探したんですけど)。細かい内容はあったほうが良いとは思いますが、如何せん内容が正しいのか確認できません。--Ophelia 2007年5月9日 (水) 16:04 (UTC)


  • FedoraはRawHideの後継プロジェクトであってRed Hat9の後継製品ではありません。
  • Red Hat9の後継製品はRed Hat Enterprise Linuxです。

これらについては、 RedHatの開発終了とともに、「RHLの一般ユーザーはFedoraへ、RHLの商用ユーザーはRHELに移行する」ということになっていたはずです。これについては、Red Hat Linuxにもそれを示唆する表記があります。よって、これは削除すほうが望ましいと私は考えるのですが、どうでしょうか??

  • Fedoraは開発者、新機能レビュー者向けであって一般向けではありません。
  • 技術力のないもの使うべからず、Fedoraプロジェクトに貢献できる方が使うべきです。

そういう考え方はあると思いますが、Fedora Projectはそうだと断言していません。よって、誤解を招く表現だと取るべきでしょう。また、Fedoraは、「多くのユーザーに使ってもらい、そうしてコミュニティに参加してもらう」ということも大事にしている様なので、「技術力のないものつかうかべからず」というのは、どうかと。

取り敢えず、いくつかだらだらと意見を述べさせていただきました。これを参考に、記事を編集したり、ご意見をいただけると幸いです。--船長 2007年6月3日 (日) 10:57 (UTC)

いくつか上記について、修正しました。修正部は全てコメントにしてありますので、戻すべきだとお考えの方はそのコメントを外してくださって結構です。--船長 2007年6月4日 (月) 08:58 (UTC)

船長さん、編集お疲れ様です。わたしはこの内容で問題ないと思います--Ophelia 2007年6月5日 (火) 15:13 (UTC)
「ウェブサービスにおける利用例」の項について、リリース6以前ということを踏まえ意図的にFedora Coreを残したのですが、Fedoraとした方が適切でしょうか。drry 2007年6月6日 (水) 17:13 (UTC)
戻した方が正しいかもしれませんが、戻すと「Fedora と Core が混同されていて分かりにくい」かもしれません。--船長 2007年6月19日 (火) 12:43 (UTC)
なるほどそうですね。なかなか判断に難しいです。drry 2007年6月20日 (水) 08:46 (UTC)

rvについて[編集]

1.なぜ「サポート情報」を削除するのか?

2."他のディストリビューションに比べてメンテナンス期間が短く設定されている。これは「次の次のバージョンの二回目のテスト版リリースまで」と規定されており"とかってリファレンスのどこにかいてあるのか?英語読めない人?--Sommme 2007年12月7日 (金) 15:57 (UTC)

どうも、リバートしたDoWhileです。A1. 最初に大きく書かれているからです。Ubuntu記事並みに整理して書くならともかく、他のディストロ記事と同様バージョン情報だけで十分という判断です。A2. テスト版の部分の日本語を見落としていましたね(昔はそうだったのです)。現在の公式にはFedora Project maintains any particular release of Fedora for a month after final release of the second following release. ですな。13ヶ月というのはその結果であってそのためにapproximatelyがついているわけですから不適切と判断しました。よろしくお願いします。--DoWhile 2007年12月7日 (金) 16:58 (UTC)少々修正--DoWhile 2007年12月7日 (金) 17:01 (UTC)
FedoraやUbuntuは他のディストリビューションと違いサポート期間が極端に短いので必要だと思われる。現に英語版ではそれぞれについてサポート状況が書いてある。そこまでして消す理由がわからない。あなたは私のノートに「(fedoraのサポート状況を記述することは)現状のFedoraについては特定のイメージを押し付けるものにしかなっておりません。」とか書いているが、サポート状況を記述するのが特定のイメージを押し付けることになるというのはどういうことか?それぞれのバージョンのサポートが終了したことを記述するとイメージが悪くなるから記述しない方がいいということか?--Sommme 2007年12月8日 (土) 04:19 (UTC)
どうも。はいそのとおりです。Ubuntuには長期サポートのバージョンと通常のサイクルのものがあってサポート状況が不規則であり、項目ごとに載せる必要もあるかなとは思います(ちゃんと整理してあれば)。一方、1版から常に短くリリースしているFedoraとは全く状況が違うでしょう。ほぼ規則的なサポート情報を全部のバージョンの説明欄に書く必要はありません。他のディストロもそうしています。ここは整理された情報を掲載する百科事典であって、Fedoraまとめサイトではないのですから当然です。整理して書きたいのでしたら、項目の一番上にまとめて書くか、Red Hatのようにバージョン表にまとめるかしてください。英語版がそうだからなんだというのでしょう?よそはよそ、うちはうちです。--DoWhile 2007年12月8日 (土) 12:46 (UTC)
私はサポートが終了したことをそれぞれのバージョンの説明に追記することでイメージが悪くなるとはまったく思いませんが、そこに書く意味も見出せません。「メンテナンス期間」という節を用意して一覧表としてまとめようと思って作業していましたが、あまり有意義な表にならないなぁ、と思ってそこまでは作業しませんでした。が、必要と思われる方が適切な場所に適切な内容の一覧表を作成するならばそれを妨げるつもりはありません。--iwaim 2007年12月9日 (日) 14:08 (UTC)
「英語版がそうだからなんだというのでしょう?よそはよそ、うちはうちです。」とか自分勝手な議論されると困りますが。そういう低レベルな議論をされるとこっちだって「他のディストリビューションがそうだからなんだというのでしょう?よそはよそ、うちはうちです。」と言えてしまうわけです。馬鹿じゃないのでそういう低レベルなことは主張しませんが。英語版ではバージョンごとにメンテナンス情報を記載していて、他の人もそれを消したりせずに認めているということは、あなたの意見は必ずしも一般的な正当性を持つものではないということを意味します。まぁ、自分の筋を通さなきゃ気が済まない人には何を言っても無駄でしょうか。--Sommme 2007年12月10日 (月) 04:40 (UTC)
何言ってんの?英語版ウィキペディアは他所でしょう。明らかに。何を同一視して自分勝手な議論してんだよ。日本語版ウィキペディアがなんであるのか理解してから発言しろよ。--iwaim 2007年12月10日 (月) 07:22 (UTC)
勝手に勘違いしてキレているようですが、私は「日本語版ウィキペディアは英語版に準拠すべきである」などとは言っていませんよ。英語版はあくまで参考程度だと思っています。しかしながら、同時に英語版の方針もある程度一般性を持つと考えています。
そして、「(日本語版ウィキペディアの)fedora,ubuntu以外のディストリビューション項目にバージョンごとのセキュリティアップデート期限が記載されていない」のはコミュニティで議論してそういう方針に決めた上で載せていない、というわけではない。ただ単に現状として載っていないだけ。よって「他のディストリビューションでもただ単に現状として載ってない」のは今後も載せない理由とはなりません。--Sommme 2007年12月10日 (月) 12:41 (UTC)
勘違いもなにも、あんたの日本語だとそう読めるんだよ。《英語版がそうだからなんだというのでしょう?よそはよそ、うちはうちです。」とか自分勝手な議論されると困ります》などと発言してたらね。ま、参考程度だと思っているというのは今はじめて理解した。了解。載せる載せないに関してはわたしゃどっちでもいいんだが、DoWhileさんから落としどころとして提示されている《バージョン表にまとめる》で折り合いつける気はないわけ?--iwaim 2007年12月10日 (月) 12:57 (UTC)
どこにも書いていないのに「そう読める」のなら、あなたの論理回路に問題があるようなのでロジカルシンキング関連の本でも読まれては?私は筋が通らなく意味のわからない妥協よりも、他の方の意見を聞きたいという方針ですが。--Sommme 2007年12月14日 (金) 14:00 (UTC)
筋が通らなくというのはどのように筋が通ってないのかを論理的に説明すりゃいいんじゃないか?まぁ、自分の筋を通さなきゃ気が済まない人には何を言っても無駄でしょうか。--iwaim 2007年12月14日 (金) 14:05 (UTC)
《どうでもよくなってきました》とのことなのでこれへの返答は不要です。--iwaim 2007年12月14日 (金) 14:18 (UTC)
どうも。まずお二人とも議論が白熱しても冷静に
Sommmeさん、まず英語版うんぬんはわたしのレスの一片に過ぎません。そこだけに噛みつかないでください。英語版がある程度一般性が持つのは認めますが、一般性があるということはつまり反例もあるということです。「英語版にあるから」を理由にしないでください。「英語版にあって、それはこれこれこういう意味で必要だから」を理由にしてください。わたしとしては、全てのバージョン履歴にサポート云々を書くのは冗長であってクドくて百科事典として無駄な表記であり、上にまとめて書いておけば十分 or せめて表にまとめるべき、と主張しています。それに対する反論をお願いします。
想像してみてください、例えば、Red Hat Linux1.0の公式のサポートは終了しているわけですが、当該記事のバージョン履歴のところにずらずらとサポート廃止・継続中と書くべきでしょうか?Mac OS XMicrosoft Windowsの記事も読んでください。ずらずらとしたサポート履歴などないでしょう?こちらの一般性に合わせてくれる気はありませんか? --DoWhile 2007年12月10日 (月) 15:25 (UTC)
ところで全然話はかわりますが、iwaimさんはあのiwaimさんでしょうか?XOOPモジュールのライセンス事件のときは応援しておりました。もし違っていたら申し訳ありません。--DoWhile 2007年12月10日 (月) 15:25 (UTC)
「英語版にあるから」を理由にしていませんよ。あなたが「他のディストリビューションにはセキュリティアップデート情報が載っていないから」とか、よくわからない理由でバージョンごとにセキュリティアップデート情報を記載することは百科事典として100%ありえないと強い口調で言うので、英語版では(あくまでも参考としてですが)現実として記載しており、「一般的にバージョンごとにセキュリティアップデート情報を百科事典に記載することは100%いけないことでもないようだ」ということを示しただけです。日本語がわかりますか?
Red hatみたいな死んだディストリビューションの例は不適切です。Fedoraは1,2,3などでもまだ使っているユーザーも多く、セキュリティ情報は役に立ちます。まぁ、もはやどうでもよくなってきましたが。--Sommme 2007年12月14日 (金) 14:11 (UTC)
《どうでもよくなってきました》ですか。では、これで合意が取れたということで。それ以外の話は各自のノートなどでやりましょう。--iwaim 2007年12月14日 (金) 14:18 (UTC)