ノート:黒瀬真奈美

ナビゲーションに移動 検索に移動

不要な記述について[編集]

作品・オーディション[編集]

デビュー作品は映画「ラフ ROUGH」だが、これは東宝シンデレラグランプリになった人は無条件で出演できるという条件だった。役柄は原作にはない寮母の娘という端役で登場シーンも少ないが、黒瀬の描くラフスケッチと映画のタイトル「ラフ」がかけられたり、エンディングロール後に単独で登場するシーンがある。

  • 登場シーンが少ない。→ウィキペディアはファンサイトではない。
  • ラフスケッチとタイトルがかけられて云々→記述するのであれば当該作品の記事に行うのが適当。
  • エンディングロール後に単独で登場するシーンがある。→ウィキペディアはファンサイトではない。

2007年、映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」のライラ役の日本版吹き替え声優を決定するGyaOのオーディション(ギャオーディション)『ライラの冒険 黄金の羅針盤ファンタジー・ヒロイン・オーディション 』の第3次審査中(WEB投票)。

  • ウィキペディアはニュース速報を行う場所ではない。2次審査を通過~3次審査中と編集、版を重ねる行為は公式方針に反する。

上記理由により、削除を行いました。--Blackbelt Jones 2007年10月2日 (火) 15:19 (UTC)[返信]

人物像[編集]

(これは前回の覇者である長澤まさみと同じ)

  • 長澤まさみの記事ではない。むやみに関連付けるのは逸脱である。

グランプリ決定後の公式インタビューで「お二人(黒瀬と長澤)は顔の雰囲気が似てるように感じるのですが」と言われたように、翌日の新聞・テレビでも「長澤のそっくりさん」という形で報道された。

  • 「言われたように」という表記は、それ以前の記述部分が万人に認知されていることを前提としている印象を与える。
  • 翌日の新聞=例がスポーツ新聞である以上、一般紙を含む「新聞」という表記は避けるべきである。また、テレビでの報道に関する出典はなされておらず、例も示されていないため不適切と判断。

なお長澤まさみとは、2007年10月期よりドラマ「ハタチの恋人」で、映画「ラフ ROUGH」以来二度目の共演が決定している。

  • 人物の記事に、「当該人物の来歴に相応の関連性がない他の人物」の記述を行うのは逸脱である。長澤まさみの「そっくりさん」として報道された、という理由で長澤の名前を当該記事に頻出させる行為は宣伝行為に該当する可能性がある。

上記理由により、削除・編集を行いました。--Blackbelt Jones 2007年10月3日 (水) 12:21 (UTC)[返信]


長澤まさみとの類似性[編集]

グランプリ決定後の公式インタビューでは「お二人(黒瀬と長澤)は顔の雰囲気が似てるように感じるのですが」と言われ

映画「ラフ ROUGH」撮影の際も、長澤と黒瀬が共演する1シーンがマスコミに公開され、翌日の新聞やテレビでは「似ている」「妹のよう」が強調された

  • 「似ている」か「似ていないか」は主観によって判断される事であり、これらの質問や報道が実際におこなわれたのであれば出典を明示した上で「そういうことがあった」程度に表記すれば充分。いずれも出典が明示されないため削除。

翌日のスポーツ新聞でも「長澤のそっくりさん」という形で報道された。(一例:スポーツニッポン「東宝シンデレラに“まさみ似”黒瀬さん」サンスポ「長澤まさみのソックリさん!? 東宝シンデレラに黒瀬真奈美さん」:ともに2006年1月10日付)。

  • スポーツ新聞における報道を「事実確認と正確さについて定評のある、信用できる第三者情報源に基いた出典」とすることはできない。したがってウィキペディアの記事中に記述する必要性はない。

上記理由により、削除・編集を行いました。--Blackbelt Jones 2007年10月10日 (水) 03:14 (UTC)[返信]