ノート:食道癌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

「病院に伝わる噂話」がソースとなっていると記事にあります。噂話は常に興味深い内容の宝庫かとは思いますが、百科事典としては不適当と言わざるを得ません。残念ですが、記述のうち、噂以外のソースによる内容の確認の取れない事項を洗い出していただき、それを削る作業が必要かと思います。おそらく「治療」の第2項目に噂がたくさん含まれているのではないかと思いますが、分離作業が難しい場合は、「治療」の第2項目ごと一旦ノートに移すなどの処理が必要かと思います。Dora 2004年8月15日 (日) 20:12 (UTC)

本文から、「千葉大学病院に伝わるうわさ話 特に外科的な記述について」に相当すると思われる箇所(「らしい」の頻出部位)を移動しました。このうち、噂以上の確認が取れたもの、噂のままでも載せてよさそうなものを選んで本文に戻していく、という方法でいかがでしょうか。Dora 2004年9月5日 (日) 20:57 (UTC)
中山癌研究所のホームページ[1]の「中山恒明先生の偉業」の項目に「食道癌手術成績を格段に改善させた業績」とありますので、下記記載の「世界で初めて確立した」というのは誤りだと思います。一応、「食道癌手術成績を格段に改善させた」事については噂以上の確認が出来たと言っていいと思いますので、その部分だけ「治療」の項目に戻しても良いかと考えます。如何でしょうか?Sankyoh 2012年2月9日 (木) 07:38 (UTC)

(ここから)

  • 食道癌の手術の術式を世界で初めて確立したのは千葉大学医学部第二外科教授、ついで東京女子医科大学消化器病センター所長の中山恒明であるらしい。中山は食道癌の手術を30分で終了したらしい。中山は、かつて東大出身の教授が大半を占めていた千葉大学医学部にあって、千葉大学出身教授の第一号である。『白い巨塔』の財前教授のモデルは複数いると言われ、そのうち一人は中山らしいが、中山自身は患者家族の涙ながらの訴えに負けて死亡時刻を書き換えたために千葉大を追われた、どちらかというと人間味にあふれる人物だったらしい。中山が主に手術をしたのは現在の千葉大学医学部第三講堂らしい。千葉大学医学部周辺に古い旅館が点在するのは、中山の手術を見るために世界中から訪れた医師たちが宿泊するためであったらしい。

(ここまで)