ノート:谷岡布美

ナビゲーションに移動 検索に移動

本記事の特筆性について[編集]

この記事を編集している利用者:谷岡 隆会話 / 投稿記録 / 記録氏の荒らし行為を発見したのが契機で、この記事を発見しました。

一見して、「Wikipedia:特筆性_(人物)#スポーツ選手」を満たしていないようです。他の方のご意見を頂ければ幸いです。--Pooh456会話) 2020年1月12日 (日) 11:32 (UTC)

コメント コメント依頼より参りました。

本記事の記述のみで判断するに、確かに特筆性を満たしていないと思われます。
ただ、記事には、高校生として全国レベルの選手であることしか記述されていませんが、載ってある大会が極めて世界レベル(として認知が高い)ものであるならば、「ジュニアレベルでの世界選手権などで優勝した選手。」を満たす可能性はあります。
また、2005年以降の活躍によって、特筆性を満たす追記が可能かも知れません(ざっとネット検索しましたが、何も出てきませんでした)。--デタラメ歯車会話) 2020年1月19日 (日) 03:19 (UTC)
コメントを頂き、有難うございます。やはり、この状態ですと特筆性を満たさないですよね。
ご指摘の「載ってある大会が極めて世界レベル(として認知が高い)ものであるならば、『ジュニアレベルでの世界選手権などで優勝した選手。』を満たす可能性はあります」ですが、記事を見る限りでは「日本国内の年齢別大会で、『団体での』優勝経験がある選手」と解さざるを得ず、「ジュニアレベルでの世界選手権などで優勝した選手。」「日本選手権大会など国別の選手権(年齢別大会を除く)で優勝した選手。」のいずれにも該当しないように思えます。
また、テニスは個人競技ですので、「ダブルス競技」での業績は「シングル競技」での業績と同一視して谷岡氏の業績とすべきでしょうが、例えば「インターハイの「女子団体」で札幌龍谷学園高等学校として優勝」は、「札幌龍谷学園高等学校」の業績として評価すべきで、谷岡氏の業績として、谷岡氏の特筆性を検討する材料とすべきではないように思えます。
ご指摘の「また、2005年以降の活躍によって、特筆性を満たす追記が可能かも知れません」ですが、コメント依頼を見て、特筆性を満たすだけの加筆をして下さる利用者様がおられることを期待します。一定期間が経過しても、加筆される様子がない場合は、削除依頼の提出に進みたいと思います。--Pooh456会話) 2020年1月19日 (日) 04:03 (UTC)
返信 先述しておくべきでしたが、私はソフトテニスについて全くの門外漢ですので、あくまで可能性の線としてお聞きします。
例えば記事には「北海道高等学校ソフトテニス選手権大会」を個人戦3連覇と書かれてあり、この大会が世界レベルだった場合、上記した1点は満たせるかも知れません。
団体戦はPooh456さんの仰るとおり、チームや高校としての記録であり個人の評価とするには疑問ですが、「全日本ジュニアソフトテニス選手権大会」でのシングルス準優勝なども大会の規模やレベルがどうであるかで「特筆すべき実績」を満たす可能性があります。
また、本記事の作成と編集は、ごく最近行われているようなので編集されたねこの森には帰れないさんに質問してみるのも助けになるかも知れません。--デタラメ歯車会話) 2020年1月19日 (日) 08:55 (UTC)
Wikipedia:特筆性_(人物)#スポーツ選手」では「日本選手権大会など国別の選手権(年齢別大会を除く)で優勝した選手。」となっております。これは「『年齢別の国別の選手権』で優勝しても特筆性を満たさない」と反対解釈できます。すなわち、「北海道高等学校ソフトテニス選手権大会」は年齢別かつ地域限定であり、「全日本ジュニアソフトテニス選手権大会」は年齢別であるため、いずれかで優勝しても、「日本選手権大会など国別の選手権(年齢別大会を除く)で優勝した選手。」を満たし得ないと思料できます。--Pooh456会話) 2020年1月19日 (日) 10:01 (UTC)
(インテンド戻します)デタラメ歯車さん、お久しぶりです。乳房以来ですかな。さて、本記事の特筆性ですが、厳密には私にも判断できません。
谷岡 隆氏の編集した谷岡敏行の記事の中に、谷岡布美というソフトテニス選手に関する記述を発見したのですが、「いくらなんでも騎手・谷岡敏行の記事に含めるのは異質だろう。騎手の孫だから選手になれたわけでもないし」と思い、また、ある程度の情報量も整っていることでもあるし、独立記事としました。この時点では、あって邪魔になる記事でもないし、特筆性はボーダーラインでも立項そのものには問題あるとは思っていませんでした。--ねこの森には帰れない会話) 2020年1月19日 (日) 10:12 (UTC)
特筆性云々でいえば、北海道新聞やソフトテニス専門誌に(単なるデータを超えた)有意な言及があるかもしれません。私の近所の公共図書館には北海道新聞はありません。ソフトテニス専門誌もあまり古いものはありません。しかし、Pooh456さんはすでにお気づきかも知れませんが、「利用者:谷岡 隆 = 谷岡騎手のご長男の隆氏」でほぼ間違いありません。今後は谷岡 隆氏による加筆・編集があるかもしれませんから、もう少し待ってみるのも一案です。--ねこの森には帰れない会話) 2020年1月19日 (日) 10:22 (UTC)
北海道新聞やソフトテニス専門誌で、仮に谷岡氏についての言及があったとしても、「日本国内の年齢別選手権で準優勝」のレベルでは、ウィキペディアにおける特筆性は満たせません。WP:Vとは別の話になります。また、「利用者:谷岡 隆」氏がご指摘のとおりの人物であるなら、WP:NOTADVERTISINGへの抵触も問題になります。--Pooh456会話) 2020年1月19日 (日) 11:14 (UTC)
検証可能性については議論の余地はないし、いま議論することでもないでしょう。今問題になっているWikipedia:特筆性_(人物)#スポーツ選手は、あくまでも「付加的な基準」ですよね?北海道新聞やソフトテニス専門誌で有意な言及があれば、これとは別に「基本的な基準(WP:BASIC)」を満たすこととなります。--ねこの森には帰れない会話) 2020年1月19日 (日) 12:35 (UTC)
追伸。WP:NOTADVERTISINGについては、本記事の特筆性の問題が片付いてから好きなだけ問題にすればいいと思います。--ねこの森には帰れない会話) 2020年1月19日 (日) 12:40 (UTC)
「基本的な基準を満たしている=特筆性あり」とはなりません。「推定する」と「看做す」は異なります。削除依頼の審議では、概ね「付加的な基準を満たしている=特筆性あり=WP:DP#Eに該当せず、存続」となっているようです。WP:DP#Eには「特筆性がない記事」と「WP:NOTADVERTISINGに抵触する記事」の双方が含まれますので、削除依頼を提出することとなればこの2つを併せて審議することになるでしょう。--Pooh456会話) 2020年1月19日 (日) 12:54 (UTC)
返信 私はてっきりねこの森には帰れないさんがすべて書かれたものだと思っていました。そもそも谷岡敏行記事からの転記に、追加で編集されたものだったのですね。失礼しました。
となると、やはり詳しい方からの更なる追記がなければ、特筆性に関し保障は難しいですね。
あと、私が上記した「北海道高等学校ソフトテニス選手権大会」などについてですが、勿論Pooh456さんが挙げられた部分は理解しています。ただ、可能性が低いことは重々承知の上であえて、もしかしたらソフトテニス界では世界レベルとして有名かも知れない。(例えば、この大会上位者が毎年のように世界大会での上位を独占するなど)という点でお聞きした次第です。言葉足らずでした。--デタラメ歯車会話) 2020年1月20日 (月) 18:21 (UTC)