ノート:言語哲学

ナビゲーションに移動 検索に移動

本稿は,古代・中世および現象学における言語哲学の内容についての記述が脆弱であり,インド哲学におけるそれについては全く記述を欠く. 特に,これらの諸分野についての加筆訂正を現編集者は求めるものである.