ノート:老衰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

老衰と老衰死[編集]

「老衰」とは本来、「年をとって心身が衰える」ことを意味し、それが原因による死亡は「老衰死」です。本文の説明はこの老衰死について述べています。タイトルを「老衰死」に変更するか、本文を本来の意味に書き直すべきだと思います。59.128.32.190 2007年12月28日 (金) 12:12 (UTC)

コメント 名前空間をそのままに、定義文を「老衰」に対するもの(「老衰=加齢などから来る老化に伴っての活性が総じて減衰すること」)に改訂し、「老衰による死」は二次的な扱いとしました。また、記述内容全体が狭義(ほとんど人間のことしか解説されていない)となっていましたので、考えられる限りの広義に改訂しました。整理できていない部分もありますが、まずはここまで。--Cyclops 2009年11月15日 (日) 09:57 (UTC)

「20世紀後半以後の日本においては、死亡者の死亡場所の大部分は病院であり、医師が心拍と呼吸の停止、瞳孔散大と対光反射の消失により死亡を確認し、在宅で看取りをして死亡した場合はかかりつけの家庭医が死亡を確認し、行旅死亡人・事故死者・災害死者・犯罪死者などの場合は司法解剖・行政解剖・監察医による検視などにより死亡原因が特定されるので、老衰による死亡と、老衰以外の原因による死亡は概ね正確に識別される。」

2017.12.28まで存在したこの記述は、その内容においては、病死と異状死(病死以外の死亡)との区別について述べているものであり、老衰(死)とそれ以外の原因による死亡との区別について述べているものではない。老衰(死)の項目にこの記載を追加するのは混乱を招き、極めて不適切である。よって削除した。2017.12.28 Dr.Anonymous