ノート:経済発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

英訳の変更(Economy Development → Economic Development)について[編集]

定義部の英訳を変更しました。議論のよりもあろうかと思いますが、理由は以下の通りです。併記が必要とお考えの方もおいでかもしれませんので、こちらにコメントを残しておきます。

  • 言語リンク先の英語版記事名は en:Economic Development です。(ただし、その文中では、1か所だけ「Economy Development」も用いられています。)
  • Google で、"economic development" を検索した場合には、英語国の組織名などが上位(最初の2-3ページ)にいろいろ上がってきますが、"economy development" を検索した場合には、日本や中国などに関連するページか、「Economy」と「Development」ば文脈上途切れていると判断される例(米国の公的組織である、CLEAN ECONOMY DEVELOPMENT CENTER は、「CLEAN ECONOMY」 で区切れる=「クリーンな<経済発展>センター」ではなく「<クリーンな経済>発展センター)が上がってきます。
  • Amazon.com で、"economic development" を検索した場合には、「economics of development」のようなものも含めて54,311件がヒットし、最上位(最初のページ)の12冊中11冊が書名に「economic development」を含んでいますが、"economy development" を検索した場合には、「economy: development」「economy and development」、「economy of development」など247件がヒットし、最上位(最初のページ)の12冊中書名に(2語の間に何も入らない)「economy development」という形を含むものは1冊もありませんでした。

以上を踏まえ、「Economy Development」は、許容される場合もあるとしても避けるべき表現と判断し、「Economic Development」に変更しました。--山田晴通 2010年12月30日 (木) 02:51 (UTC)