ノート:皆川純子

ナビゲーションに移動 検索に移動

生年月日[編集]

生年月日なのですがこちらは1970年生まれとなっていますが、 かつての俳協のホームページは1975年生まれとなっています。[1] 別の根拠がなければ修正するか、生年は削除するべきではないでしょうか? けん 2006年9月20日 (水) 08:17 (UTC)

削除依頼[編集]

生年月日の件:1970年生まれとなっていますが、 かつての俳協のホームページは1975年生まれとなっています(当該文章は削除依頼をお願いいたします)。--以上の署名の無いコメントは、125.175.25.180ノート/Whois IPv4IPv6)さんが 2007年6月11日 (月) 12:45 (UTC) に投稿したものです(Mikoumaによる付記)。

出典について[編集]

存命人物の出典明記のタグを外すべく出典を探し加筆修正を行っています。一次情報源しか見つからなかったため、井戸端やノートなどいろんな方の意見を読み、ウェブサイト以外は「アーカイブされて製品として発売されたもの」に限定して追記しました。皆川さんは「テニスの王子様」放映当時、かなりの取材を受けていたと記憶してます。もし雑誌での情報をお持ちの方は、一次情報源から二次情報源への出典の差し替えお願いします。

【特色・役柄について】白鳳の声を使い分けているという評価をしてくれた出展を探してます。皆川純子本人が「声色を変えようという意識はない」「声音は二の次」という発言ならあったのですが、使い分ける・4種類出すという出展を見つけられません。白鳳も長い間演じた役のため雑誌を探せばありそうなので、心当たりのある方は出典の追記お願いします。女性役の列挙については、代表作を挙げてるようにしか見えませんし、その役をピックアップした理由は記述した方の独自研究の可能性があるので、いずれ整理したいと思います。もし役の列挙が必要ならば公式プロフィールにある主役と記述されているものが、妥当かと思います。

【人物像について】泣き虫という一次情報源ならたくさんあり、共演者たちからの発言も事欠かないので、「最終話アフレコの時に泣いたことがある」と「泣き虫セレナーデといえばジュンジュン」これらは残したい所ですが、出典が出ないようでしたら差し替えます。

【その他について】こちらは削除しようかと思い、出典は探しませんでした。高校の受験の話は現状ではトリビアかと思いますので。--A4s会話) 2012年5月21日 (月) 20:24 (UTC)

ノートに提案してから1年かかってしまいましたが、ようやく出典となりえる書籍の確認が終わりました。これで全部出典が入ったと思います。2011年から貼付された存命人物の出典明記のテンプレートを外しました。
上記に提案した通り、特色・役柄は俳協プロフィールの主役と記載されている役のみ記載し、導入部に移動しました。移動させた理由は皆川純子の特徴の一つである少年役の出典が見つかったことと、経歴の項目に「男役だった」と記述したので。皆川純子を知らない人でも少年役が得意な人なのだと前置きするためです。Wikipedia:スタイルマニュアル (導入部)を参考に。--A4s会話) 2013年6月26日 (水) 21:24 (UTC)