ノート:生駒トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
  • 大正期の「強制連行」?

明治・大正時代には朝鮮半島から日本国内への徴用は実施されていません(1944年9月から)。そもそも、この時代には国家総動員法・国民徴用令も未制定です。確かに大正時代の土木工事現場には朝鮮人労働者が多数いて劣悪な労働環境であったようですが、朝鮮人を含む貧困層・移民に対して、当時の私企業が行った拘禁労働制(タコ部屋労働)や、刑務所外での囚人労働と混同されてないでしょうか? --156.156.156.156 2006年11月4日 (土) 19:37 (UTC)

「徴用」の使用を消された事は、感謝いたします。要約欄と違うと仰せですが、リンク先には日本人も働いていたと、書かれておりましたので修正しました。また、「主に」との言葉を入れておられますが、朝鮮人の実数はどの位なのでしょうか?これ以上の編集は、保護になる恐れがあるので止めます。--SSST 2006年11月25日 (土) 10:58 (UTC)

賠償請求の件について[編集]

この編集で、不法侵入について賠償請求が行われていると記載されていますが、明確な出典があるのでしょうか。トンネル周辺の敷地は引き続き近鉄が所有しているはずなので、近隣住民が不法侵入で民事訴訟を起こすことはできないように思うのですが。出典の提示がない場合は、除去を提案したいと思います。--Tam0031 2010年8月23日 (月) 15:32 (UTC)

  • (コメント)ご提起の趣旨に賛同します。なお、本件を広く認知させるため当該部分に「要出典」タグを貼付したほか、その他の出典も皆無のため「出典の明記」テンプレ貼付など最低限の処置を行ないました。--Si-take. 2010年8月24日 (火) 02:31 (UTC)
    • 特に異論も出典の明示もなくある程度の期間が経過したので、当該部分を除去しました。--Tam0031 2010年9月8日 (水) 13:46 (UTC)