ノート:琉球民族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

琉球人の居住地域について[編集]

琉球人が多く住んでるのは沖縄、鹿児島です。 小規模単位でカリフォルニア州やフィリピンなどへ個人移民してる人たちの欄をわざわざ作る必要はありません。——以上の署名の無いコメントは、Love sex010101ノート履歴)さんが 2015年10月23日 (金) 10:31 (UTC) に投稿したものです(Damena会話)による付記)。

どなたの書き込みですか?それもわからないではお話になりませんが。--Keisotyo会話) 2015年10月25日 (日) 07:15 (UTC)
あと、最低限一週間は待ちなさいね。それくらいは常識ですよ。--Keisotyo会話) 2015年10月25日 (日) 07:18 (UTC)
♣ネットだからって喧嘩腰になるのはよしてくださいね。最低限一週間は誰が決めた常識なんですか?そんなルールありませんけど?常識というのなら、前にも書きましたけど沖縄人が海外に移民してる数なんてとても少数であって個人移民ですよね?わざわざ、少数の個人移民の欄を作るなら、日本人の欄でもアフリカなどに移民してる人達の欄を作るべきでは?日本人が大量にブラジルなどに移民した規模とは全然ちがいますし。それに貴方は編集したのは私ではないと言いましたけど貴方じゃないなら何で一々取り消すの?意見があって取り消すならいいけど、貴方が取り消してる理由は(元々書いてたあった通りにするため)でしたよね?そしたらwikipediaで編集なんてできなくなりますが?沖縄人が少数規模で海外に個人移民してる国の欄を作らなければいけない理由があるならその意見を言って。♣--Love sex010101会話) 2015年10月24日 (日)
横から失礼します。まずは署名はお忘れずにお願いします。「最低一週間」の根拠は、おそらくWikipedia:合意形成にある「合理的な期間〔通常は168時間程度(約7日間=約1週間)が妥当でしょう〕内に異論がなければ、提案がそのまま決定事項となります」でしょう。ウィキペディアでは広く守られてきたルールなのでご理解のほどお願い申し上げます。--Damena会話) 2015年10月25日 (日) 07:38 (UTC)

確かに「琉球民族」と呼ばれる人々の居住範囲の大半が旧琉球王国の領土である島嶼部と、奄美群島の範囲内に収まるでしょうから、事情を知らない方にとっては突飛な記述であり、少なくとも出典なしに残しても良い記述とは言えないかもしれませんし、本文での解説がない状況も問題でしょう。個人的には、ブラジルやフィリピンに移住した数と、東京や大阪に移住した数はそう変わらないように思います。記述の無断除去はNGではありますが、Love sex010101さんの問題提起自体は有意義なものだと思います。

さて焦点となっている「琉球民族の居住地にブラジルやフィリピンが含まれるか」については、ブラジルやフィリピンの人口調査の資料で「民族:琉球」とか書いてあればベストでしょう。ざっと探した限りは見つかりませんでした。一方でちょっと典拠としては弱いかもしれませんが、明治政府による移民政策の対象者を沖縄の人々が多くを占めたという資料は多数みつかるため、こちらを元に本文中の解説を検めることはできるかと思います。1週間以内で間に合うかどうかはわかりませんが、加筆を試みます。--Damena会話) 2015年10月25日 (日) 08:04 (UTC)

加筆してみました[1]。分量は少ないですが、ご指摘の問題点は多少改善したかと思います。--Damena会話) 2015年10月25日 (日) 10:09 (UTC)