ノート:狛江市

    狛江市防災行政無線について[編集]

    狛江市では、1981年4月28日に防災行政無線が開局し、夕方の時報は開局当初「ウェストミンスターの鐘(鐘系)」で、1989年10月1日より「ウェストミンスターの鐘」の音源がTOA音源に変更されました。2004年10月1日より「夕焼け小焼け(旧音源)」に変更し、2012年10月1日より狛江市の歌の「水と緑のまち」が使用されていますが、2013年4月1日は放送機器の更新で夕方のチャイム「水と緑のまち」のアレンジが別バージョンに変更されています。以上です。--240B:10:C741:B300:692D:7752:F2D0:27C4 2022年1月3日 (月) 15:08 (UTC)返信[返信]

    周辺資料[編集]

    国会図書館のデータベースより、オンライン閲覧ができる資料を一覧にします。

    • 「二つの万葉歌碑 狛江市、八王子市」『武蔵野風土記』新訂、朝日新聞社(編)、朝日新聞社、1971年、182頁 (コマ番号0094.jp2) doi:10.11501/9640250、国立国会図書館内/図書館・個人送信。
    • 『週刊新潮』第23巻第38号 (通号1169)、1978年9月21日号、新潮社(編)、新潮社、1978年9月「子供に覗がれた『性の脱線現場』でもめる狛江市『ママさんバレー』 42-46頁 (コマ番号0022.jp2-) ISSN 0488-7484doi:10.11501/3378039、国立国会図書館限定。
    • 吉岡金四郎(市長)、榊原常夫(企画広報課長)、高橋潤二郎、村上研二「街づくりを考える 東京都狛江市」『国づくりと研修』第7号、『国づくりと研修』編集小委員会(編)、全国建設研修センター、1978年10月、52-60頁。ISSN 0285-0486doi:10.11501/3248136、国立国会図書館内/図書館・個人送信。
    • 住谷磐根「狛江市」『点描武蔵野』武蔵野新聞社、1980年、87頁- (コマ番号0046.jp2-) doi:10.11501/9642006。国立国会図書館内/図書館・個人送信。
    • 谷田部喜照「汚水管網100%達成と狛江市の下水道事業」『水道公論』第16巻第8号 (通号184)日本水道新聞社(編)、日本水道新聞社、1980年8月、40-44頁 (コマ番号0022.jp2-) ISSN 1343-6007doi:10.11501/3275780。国立国会図書館限定。
    • 「狛江市」『東京地名考 下』朝日新聞社社会部(編)、朝日新聞社〈朝日文庫〉、1986年、231頁 (コマ番号0120.jp2-) 全国書誌番号:86021846doi:10.11501/9643595。国立国会図書館内/図書館・個人送信。
    • 石井三雄「狛江市のまちづくり」『市政』第36巻第5号 (通号418) 全国市長会(編)、全国市長会館、1987年5月、14-15頁 (コマ番号0009.jp2) ISSN 0488-6801doi:10.11501/2711719。国立国会図書館内/図書館・個人送信。
    • 鉄羅由伽「実践 『初任者研修制度』試行地域指定の返上--狛江市の経験」『生活教育』第40巻第9号 (通号478) 日本生活教育連盟(編)〈生活ジャーナル〉、1988年9月、66-72頁 (コマ番号0035.jp2-) doi:10.11501/6079796。国立国会図書館限定。
    • 宮城 孝「"であい" "ふれあい" "ささえあい"の街づくりをめざして--東京都狛江市『あいとぴあ推進計画』策定の経過と内容」『月刊福祉』第73巻第9号、全国社会福祉協議会、1990年9月、32-36頁 (コマ番号0017.jp2-)doi:10.11501/2677449。国立国会図書館内/図書館・個人送信。掲載誌別題『Monthly welfare』
    • 会田節子「狛江市で生ごみ堆肥化モニター開始」『生活ジャーナル』第178号、市民ネットワーク情報センター(編)〈生活ジャーナル〉、1994年3月、5頁 (コマ番号0004.jp2) ISSN 0389-2557doi:10.11501/2276182。国立国会図書館限定。
    • 都市と廃棄物 編集部取材班「ごみ半減都市の実現めざす--東京都下、狛江(こまえ)市の挑戦--『狛江市びん・缶リサイクリルセンター』が稼動開始」『都市と廃棄物』第25巻第4号 (通号281)、環境産業新聞社出版部、1995年4月、51-59頁。国立国会図書館内/図書館・個人送信。ISSN 0285-5259doi:10.11501/3256667。掲載誌別題『Journal of solid wastes : 廃棄物の専門誌』
    • 「借金30億円失踪前市長 狛江市のバクチ狂い--バカラ賭博で一晩に11億円すった」『週刊文春』第38巻第25号 (通号1888)、1996年7月4日号、文芸春秋(編)、文芸春秋、1996年7月、188-191頁 (コマ番号0095.jp2-)doi:10.11501/3376650。国立国会図書館限定。
    • 「ギャンブル蒸発前狛江市長の『債権者』リスト」『週刊読売』第55巻第29号 (通号2506)、1996年7月14日、読売新聞社、1996年7月、30頁 (コマ番号0016.jp2)、doi:10.11501/1814672。国立国会図書館限定。掲載誌の別題『Yomiuri weekly』
    • 池谷美佐子「いきいき学校図書館 東京都狛江市立狛江第三小学校」『学校図書館』第552号、全国学校図書館協議会、1996年10月、81頁 (コマ番号0042.jp2)、{{DOI|10.11501/3431942}。国立国会図書館内/図書館・個人送信。ISSN 0435-0405}。
    • 田辺良彦「政治の流れを変えた狛江市政四年間の実績--無党派との共同でかちとった共産党員市長の再選」『前衛』第9号 (通号728)、日本共産党中央委員会、2000年9月、113-120頁。ISSN 1342-5013doi:10.11501/2756161、国立国会図書館内/図書館・個人送信。 日本共産党中央委員会理論政治誌。
      Omotecho会話) 2022年5月21日 (土) 13:30 (UTC)返信[返信]