ノート:法学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

この項目には審議に基づき削除された版があります。

「法科大学院」を持つ法学部(大学)の節について[編集]

標記のリストは法科大学院にもあり、2つあるとメンテにも問題が出る可能性もありますので、後者に集約して、こちらからはリンクにした方がよいのではないでしょうか。Hanabi123 2007年9月15日 (土) 01:09 (UTC)

特にご異論がないようですので、これで処理しました。Hanabi123 2007年9月20日 (木) 09:57 (UTC)


最古の法学部の記述について[編集]

「最古の法学部」という書き方はおかしいような気がします。 国立の法学部は東京帝大の発足なので問題はないと思われますが、私立の法学部の発足は1903年8月の専門学校令、もしくは1920年4月の大学令を持って発足ということになるわけで複数の学校が同時期に発足していることになります。 「現存する法学部で前身も含め最も古いものは…」と書くべきではないでしょうか? http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%B0%82%E4%BF%AE%E5%A4%A7%E5%AD%A6 こちらの末尾の表記では専修大学が一番古いと書いてあり、記述が矛盾しています。 1990年代の日本史資料集(山川出版社)では法政大学が私学最古と書かれておりましたが、現在の記述は確認しておりません。以上の署名の無いコメントは、222.158.197.188会話/whois)さんが[2009年7月7日 (火) 19:14 (UTC)]に投稿したものです。

たしかに変な気がするので記述を変えてみました。--Jazzy 2009年7月7日 (火) 20:58 (UTC)
基本的に、法政大学法学部は「私学」最古で間違いないですよ。「私立大学」ではなくて、「私学」と表記していることに意味があるのです。「私学」と表記することで、意味的にはその前身も含まれます。ただ、確かに厳密性を欠いた表現ではあるので、より厳密な表記に変更しました。--Keizai80 2009年7月8日 (水) 13:57 (UTC)
最古といわれても、東京法学社(法政大学)が1880年(明治)4月に設立・9月に開校、専修学校(専修大学)が9月数日後に開校、明治法律学校(明治大学)が翌1881年1月に開校しており、法政大のみが突出して先行していたわけではなく同時代に複数の法律学校が設立されたと考えてよいのではないでしょうか。--Jazzy 2009年7月9日 (木) 18:18 (UTC)
東京法学社が突出して最古なわけではないが、最古であることには変わりないでしょう。--Keizai80 2009年7月10日 (金) 12:41 (UTC)
また、専修学校について述べるならば、1893年に法律科を廃止しており、現在の専修大学法学部(1927年に設置)とは歴史的に断絶していることも考慮しなければならないでしょう。--Keizai80 2009年7月10日 (金) 13:02 (UTC)

専修大学法学部について[編集]

専修学校法律科は1893年に廃止されているため、1927年に設置された専修大学法学部の前身とは言えません。専修大学法学部は言わば「新設学部」です。--Keizai80 2011年4月21日 (木) 11:13 (UTC)

コメント 1893年に「生徒の募集を停止」しただけで、「廃止された」とはどこにも書かれていません。結論的に、法政大学の方が古いということで構わないでしょうが、専修大学法学部の歴史がそこで断絶していると判断するのは早計かと思います。--かんぴ 2011年4月23日 (土) 16:33 (UTC)

専修大学としては、「廃止した」という言葉は使いたくはないでしょうが、事実上廃止されています。『文部省年報』で専修学校の法律科が消えていることから分かります。--Keizai80 2011年4月23日 (土) 16:58 (UTC)

(追記)専修大学のホームページに詳しい年表[1]が載っていたので、一部抜粋します。

  • 1891年9月 法律科の生徒募集を休止
  • 1892年9月 法律科の生徒を再び募集
  • 1893年9月 法律科の生徒募集を停止、理財科のみとなる
  • 1923年4月 大学令による専修大学を設置、経済学部および大学予科、専門部開設、法学部は未開講
  • 1927年4月 法学部設置[2]

上記年表からも分かるように、専修大学も1893年に理財科のみとなったことを認めています。専修学校法律科が生徒数の激減により廃止(閉鎖)へと追い込まれた大きな要因として、ちょうどこの頃、同じ英法系の東京法学院が大きく台頭していたこと、法典論争で目立たなかったことなどが挙げられると思います。--Keizai80 2011年5月9日 (月) 08:58 (UTC)