ノート:殺菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

滅菌の概念について[編集]

類似概念の滅菌の説明において「ヒトの手指を滅菌することはすなわち手指の細胞ごと全部殺すことだからである。」とありますが、「対象物に存在しているすべての微生物およびウイルスを死滅させるか除去すること」と矛盾しませんか?そのまま読むと手指の細胞を微生物かウイルスとして扱うという意味になってしまいます。Αβυσσος 2009年2月10日 (火) 13:03 (UTC)

  • 微生物を滅菌する場合、「人体の細胞も死滅してしまいます。」したがって矛盾しません。微生物も細胞ですから、それらを殺すために用いる滅菌剤は人体の細胞も殺してしまいます。--Vigorous action (会話)(履歴) 2009年6月15日 (月) 10:09 (UTC)(記載にあたりスタイルを変更しました。--Vigorous action (会話)(履歴) 2009年6月15日 (月) 10:09 (UTC))

ウイルスと微生物[編集]

「殺菌(さっきん、sterilization)とは、病原性や有害性を有する糸状菌、細菌、ウイルスなどの微生物を死滅させる操作のことである。」 この文章はウイルスを微生物のひとつとして考えています。 しかしながら、次の文章「滅菌 (sterilization 英語の語源は不妊手術のように不妊化すること)は、有害・無害を問わず、対象物に存在しているすべての微生物およびウイルスを死滅させるか除去することである。」では「すべての微生物およびウイルス」とありますからウイルスを微生物の範疇に含めないことになります。