ノート:検索エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

うーん、Namazuが検索エンジンですか。ちょっと違う気がします。秀の介 16:39 2003年9月5日 (UTC)

Namazuが「全文検索エンジン」として紹介されることはありますから・・・間違いではない気がします。ただ、あのリストの中で並列に書くと、かなり違和感がありますね。とりあえず、広義の検索エンジンと狭義の検索エンジンを明確に分けて記事を書き直すしかないですね。Ojigiri 17:31 2003年9月5日 (UTC)

検索エンジンにNamazuは含まれると思いますよ。英語版の方もそのような扱いです(検索機能を提供するコンピュータプログラム云々)。WWW検索エンジンとその他の検索エンジンというようにページ内で章立てするのがよいと思います。こいつぅ 03:00 2004年2月9日 (UTC)

使用言語からみたインターネット人口の割合の表で、合計が100%になってないのですが。 この表を入れた人は100%になるように直してくれませんか。 このままだと意味不明なので・・・。kaz 2004年7月9日 (金) 13:08 (UTC)

あまりに安直な指摘文で腹が立ったのでしばらく頭を冷やしてました。ノートへの疑義や提案もなく記事は言語別インターネット人口に移ってしまいましたので、向こうのノートに色々と書いておきました。 赤鉛筆 2004年7月13日 (火) 11:40 (UTC)

2004年7月6日 (火) 18:29 の版から 2004年7月10日 (土) 23:56 の版への編集で==(検索エンジンが抱える)課題==の内容が言語別インターネット人口に移動されて記事名と内容のズレが理解できずに困惑しています。移動先の記事名どおりの内容であれば、敢えて検索エンジンの課題的なことがらは触れる必要もなく、記事名どおりの事柄を解説するならもっと異なる事柄が書けます。大項目主義・小項目主義に関わらず記事名と内容に齟齬を来たす移動をした理由をご説明ください。もし、「言語別インターネット人口」や「多言語への推移」といった事柄を解説したいのであれば表だけ用いてインターネットの記事に新たに項目を作って追加すれば良いのではないでしょうか。記事は色々なリンクで関連付けられていますが言語別インターネット人口の親記事はどれに当たるのでしょう。必要以上に記事を分散させることでウィキペディア内の検索に引っかからないような移動や分散をして、且つ記事名が不適切な状態は理解に苦しみます。 赤鉛筆 2004年7月13日 (火) 14:20 (UTC)

Google,Yahoo,MSN,サーチクロス等のデスクトップ検索について記事を執筆して下さる方を募集します。

Google,Yahoo,MSN,サーチクロス等のデスクトップ検索について記事を執筆して下さる方を募集します。--218.131.76.61 2005年8月3日 (水) 09:58 (UTC)

「検索エンジン」の経緯[編集]

当初1995年や96年ごろまで、searchengin-MLではプログラムの検索部分の技術情報交換、協定などを話しあっていて、その際にプログラムの検索部分を指す言葉としてサーチエンジンという言葉が使われていた記憶がある。(自分はあまり深く足突っ込んでいなかったので記憶が曖昧。当時の他の人間がコメントしてくれれば確実なんだが、今は彼等どこに行ったのかもわからないし。)確か、自分のところは検索サイトという言い方を使っていた気がする。
それが新語ばかりでちんぷんかんのスタッフと雑誌編集者が誤用し、今に至るようになったと解釈しています。
なので、Namazuを検索エンジンという言い方は全く間違っておらず、そこら辺の経緯をふまえた上での説明に書き直すべきだと思うのだが、追記するにも今の現状の説明文だと難しそう。--さる 2007年3月8日 (木) 12:49 (UTC)

追記: プログラムを作る際、特定の機能をもつプログラムのかたまりに「エンジン」という名称をつける風習があります。例えば、人工知能では推論エンジン、画像表示では映像エンジン。90年代の流行か英語特有の言い方かわかりませんが、たまに「エンジン」という言い方を目にします。 なので、「検索エンジン」の広義と狭義は逆ではないかと思います。しばらく時間を置いて、異論が無いようでしたら、広義と狭義を入れ替えさせてもらいます。 --さる 2010年10月29日 (金) 17:11 (UTC)

日本POVが強すぎる[編集]

全体的に、日本POVが強すぎます。FastSearchなどが抜けているのは、結構痛いです。--ゆきち 2007年3月29日 (木) 17:29 (UTC)


リスティング広告について[編集]

7.1.1 各種広告 2004年頃から、各種広告で目的のアクセス先URL(アドレス)を記す代わりに、社名や商品名などを検索エンジンで検索させるように仕向ける広告が多くなっている。このような変化が生じた理由は不明であるが、各メディアの広告掲載基準の変更などが考えられる。

とありますが,このような手法は,米国では昔から使われていましたので,このように変化が生じた理由は不明云々は間違っていて,単純に米国式の広告手法を真似しただけではないでしょうか. ちなみに,米国のTV-CMでは,"AOL:foo"といった形で,AOL(=ポータルサイト)に入れさせる形になっていたと記憶しています. それにしても,Mooterは主要な検索エンジンではないでしょう.自作自演か....

黎明期の年代記述について[編集]

正直、うろ覚えでしかないのだが、最初から存在した順で言えば、 (94年)Yahoo!、www library、豊橋のYahho、(95年)NTT direcory、CSJ、HoleInOne、InfoNavigater、(96年)Yahoo!JAPAN、千里眼、ODiN、Mondou、infoseek という並びだったと思うのだが?関係者居ればコメント求む。--さる 2010年10月29日 (金) 18:56 (UTC)

検索サイト?[編集]

現状、「検索エンジン」なる記事名ですが、検索サイトの説明が主体のようです。仮に検索サイトの説明記事としますと……インターネット黎明期なら「検索エンジン」という用語で正しかったのでしょうが、今では「検索サイト」が一般的だと思います。現在の記事内容を見ても、検索サイトの中核プログラムが検索エンジンであるなどという事がうまく整理されておらず、検索サイトという用語を用いないまま、「検索エンジン(の?)サイト」に関する説明となっているようで、他の記事からこちらへ[[検索エンジン|検索サイト]]でパイプによりリンクを張るのがはばかられます。記事名の変更か、記事の分割も考慮されるべきではないでしょうか? また、どう考えても正しいとは思えない独自研究が記事の頭にあります 具体的には「検索をサービスの一つとして提供するウェブサイトを単に検索サイトと呼ぶことはなくなっている」です。"検索サイト"と"検索エンジンサイト"では検索数に100倍もの乖離があり、"検索エンジンサイト"などはあまり用いられていない言葉といえます。出典がほとんどありませんし、記事全体の記述内容も疑問がある部分が多く、最低限の信頼性も保たれていないように思えます。--Shigeru23会話) 2012年6月21日 (木) 21:26 (UTC)

検索エンジンの定義について[編集]

検索エンジンが狭義には「インターネットに存在する情報を検索する機能およびそのプログラム」であるとされていますが、これは不正確ではないでしょうか。「広義にはインターネットに限定せず情報を検索するシステム全般を含む」とありますが、これが本来の検索エンジンの定義なのではないでしょうか。情報を検索するシステム全般のうち、その検索対象をWWWに絞ったものがこの記事で言うところの「検索エンジンサイト」であり、その「検索エンジンサイト」の定義を「検索エンジン」の定義とするのは不適切ではないでしょうか。--BitX会話) 2017年10月15日 (日) 02:54 (UTC)

英語版に Web search engine の項目があることを確認しました。日本語版にも「ウェブ検索エンジン」の項目を作って、そちらへこの記事の一部を移動するべきではないでしょうか。--BitX会話) 2017年10月17日 (火) 15:23 (UTC)

コメント en:Web search engineen:Search engineのリダイレクト先であり、それぞれが独立した記事を持っているわけではありません。よって項目を新設する必要はないでしょう。BitXさんが自身の主張を出典によって裏付け、この記事に加筆されるなら、それは歓迎されます。--Aoioui. 2017年10月17日 (火) 15:44 (UTC)

この記事と対応している英語版の記事は Web search engine ではなく Search engine (computing) です。--BitX会話) 2017年10月17日 (火) 16:05 (UTC)

コメント 分割でなく(作業としては分割でしょうけども)下位の分類を作りたいという話だったのですね。読み違えてしまい申し訳ございませんでした。事実en:Search_engine_(computing)はそういう運用になっているようですが、出典がひとつしかないようです。この当該記事にしても、検索エンジン(広義)の項目は全文検索への誘導となっています。日本語版では検索エンジン(狭義)の節において英語版とほぼ同等の役割を果たしているようです。わたしは、ひとつには、ウェブ検索エンジンを新設してそちらに内容を移せば、検索エンジンにはほぼ何も残らなくなってしまうと考えています。もうひとつ、わたしにはこちらの方が重要ですが、そもそも英語圏と日本語圏の言葉の受け止め方が違うという問題があって、ネイティブでないので英語圏でどのように Search engine と Web search engine が使い分けられているかは存じ上げませんが、少なくとも日本においては、辞書にもある通り、検索(サーチ)エンジンといえばネットを検索するものという認識があります[1][2]。列挙されている辞書群はほぼインターネットを検索するものとして紹介しており、このような認識がある中で、ウェブ検索エンジンを新設して、この検索エンジンではそちらへのリンクを表示するという形にしてしまえば、百科事典としての利便性を損なうことになると考えます。--Aoioui. 2017年10月17日 (火) 17:03 (UTC)

検索エンジンは、データベースにクエリを送信してデータベースに格納されている情報から情報を得るコンピュータプログラムであると認識しております。それがGoogle検索をはじめとしたウェブサイトで動作しているだけで、「検索エンジン = ウェブを検索するもの」という認識には賛同できません。Britanica.com にも "Search engine, computer program to find answers to queries in a collection of information, which might be a library catalog or a database but is most commonly the World Wide Web." との記載がありますように、この認識は正しいものと考えております。--BitX会話) 2017年10月18日 (水) 10:23 (UTC)

コメント 英語のブリタニカ百科事典を持ち出しておられますが、英語圏でそうなっていることは否定していません。ただ、日本では慣用的に「検索エンジン = ウェブを検索するもの」となっています。これがわたしだけの「認識」でないことを、つまり慣用的にそう使われていることを、日本の辞書により示したつもりです。BitXさんの認識は、「英語圏では」正しいものであると、わたしは考えます。--Aoioui. 2017年10月18日 (水) 10:39 (UTC)
Symbol comment vote.svg 追記 ご自身で戻して頂いたことは感謝しますが(特別:差分/65974015)、わたしがノートに書く・書かないに関わらず、BitXさんがノートに書いた20分後に編集を行うというのは早すぎると思います。編集の内容も拝見しましたが、日本の慣例を取るか、英語圏のそれを取るかという話がまだ決着していないのに、その20分前にご自身でご提示になった Britanica を出典とした導入文に書き換えておられるようです。わたしとしては最終的にどのような結論が出ても受け入れるつもりでしたが、BitXさんの結論が既に決まっているようなら、議論をする意味はあまりないでしょうから、わたしは議論から引かせていただきます。--Aoioui. 2017年10月18日 (水) 13:15 (UTC)