ノート:梅屋 (神奈川県)

ナビゲーションに移動 検索に移動

問題点について[編集]

  •  信頼性・情報源について 

出典は掲示しております。情報源を 一文一句ごとに「脚注」として表示することをを要求する方が、いらっしゃるようですが、当方では、それは正しくないと思っています。何となれば、著作権の都合上、オリジナルの文章を書かなければなりませんし、一つの情報ソースが、多項目にまたがっていることもあります。もし、これだけの量で脚注を全部に付けろといったら、それこそ脚注表示が過剰になると思います。従って、この情報源表示方法は訂正は致しません。参考文献で検証すれば、それははっきり分かることです。

  •  宣伝広告的というご指摘について 

執筆者は、同社とは全く無関係の部外者で、、中立的な観点で執筆しています。大言壮語にアタイする表現はしていません。

  •  冒頭の「要出典マーク」について

・昭和31年6月施行 百貨店法では 床面積の合計が1,500m²以上の営業を行う店舗を規制対象で協会加盟が義務だった。同店は、本文に記載したとおり 地下2階地上6階の11,000㎡の大型店で、自社運営の売り場であるため、規制対象であったことは自明の理である。
・商品供給グループとして西武や三越のグループに加盟していたことは、当時の中元・歳暮期のカタログ他 に記載されていたもので期間は定かではない。
・現在直営売り場を廃止したことは、神奈川新聞などメディアで報じられており、脚注もつけている。 従って、「要出典マーク」も含め、この指摘は全く的外れであり、新規に加筆す善意の第三者に対する 嫌がらせ行為以外の何物でもないと考える。
尚、元々この頁を作成したのは私ではなく、第三者です。私は、直営売り場は意志に際して、最新のニュースを元に加筆しただけに過ぎません。湘南エリア(平塚市外)在住者として梅屋の百貨店業態の廃止は寂しいとは思いますが、それ以上の感情はありません。悪しからず。 --ロクベー会話) 2013年11月16日 (土) 13:51 (UTC)[返信]