ノート:柴田淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内容の修正[編集]

Wikipediaとしては異質な記事です。Wikipedia:大言壮語をしない,Wikipedia:内容に関連するリンクだけを作成に従って修正する必要があります。--fromm 2007年6月12日 (火) 08:01 (UTC)

指摘に従ってとりあえず修正済み。--Mi-no 2007年8月2日 (木) 09:32 (UTC)

日記のエピソードについて[編集]

「柴田淳」という人物を語る上で、このような記述は必要なのでしょうか。--TanakaMAX 2007年8月2日 (木) 10:46 (UTC)

「日記のエピソード」に採用されている内容はさておき、柴田淳というシンガソングライターは日記と歌詞が連動している、あるいは一体化していることが多いという特異な存在なので、エピソード紹介自体は載せることに意義がある。--Mi-no 2007年9月12日 (水) 15:50 (UTC)

日記と歌詞が連動している」のなら、それを記すべきでは。--TanakaMAX 2007年9月18日 (火) 05:17 (UTC)

Category:ブロガー について[編集]

管理者伝言板に [[Category:ブロガー]] を除去して欲しいとの依頼がありました。依頼通り除去して構わないでしょうか。Category:ブロガー の方針変更などの議論と合意は Category‐ノート:ブロガー をご覧ください。3日ほど待ち、特に反対意見がない場合は [[Category:ブロガー]] を除去いたします。--スのG 2008年1月22日 (火) 13:32 (UTC)

除去しました。--スのG 2008年1月25日 (金) 16:33 (UTC)
再び[[Category:ブロガー]]に入れられていたので除去しました。--NOBU 2008年3月17日 (月) 15:06 (UTC)

作品へのリンクについて[編集]

CD作品のリンクを理由なく外す行為は、不当なテキスト削除とみなされますので絶対におやめ下さい。--PCH 2008年7月23日 (水) 16:11 (UTC)

人物の節の記述について[編集]

  1. 「男の子〜」の記述
  2. 歌手になる以前の職歴の記述
  3. いじめについての記述

以上3点の記述は、百科事典として必要な記述なのでしょうか?この版の編集要約欄において「本人のキャラクターそのものを指すものであれば、アーティスト活動への影響云々の考慮は不要」との記述がありましたが、活動に影響するようなものでない無意味(かも知れない)情報を記載するのは百科事典として相応しくないと感じます。この点においてはいかがでしょうか。--PCH 2009年4月5日 (日) 03:00 (UTC)

一応Wikipedia:コメント依頼に提出致しました。--PCH 2009年4月5日 (日) 03:05 (UTC)
コメント依頼から参りました。当記事の人物を知らない人間からの目で拝見しましたが、現時点では百科事典的に不要であったり違和感のある記述ではないと思います。--蒲生直義 2009年4月5日 (日) 04:02 (UTC)
1,2に関しては人物を構成する要素となりうるかもしれないでしょうが、3に関してはどうでしょうか。いじめに関して、自身の活動や人物像、人生観に影響を与えたとするならば記載する価値は十分あるように感じますが、この場合そのような出典もなく、記述しておくことが不要というかメリットは感じられないような気がします。--PCH 2009年4月17日 (金) 09:58 (UTC)
返事が遅くなってすみません。たしかにいじめに関する情報は少なく、特に記載すべき必然性はないように思えます。ですが特に削除すべきようにも見えない気もします。ただ今の記述だと節を分けていて目立つので、多少文章を修正してさりげないものにしてみましたがどうでしょうか? これでもよろしくないというのであれば、すぐに編集しなおしてくださってかまいません。--蒲生直義 2009年5月3日 (日) 16:56 (UTC)
いまさらですがコメント依頼からです。私もこの人は知りませんが、蒲生直義さんの修正(特に「現在も」の部分)により、有用な記述になったと考えます。--Jozai senjo 2009年5月4日 (月) 21:06 (UTC)
以下、「いじめ」の点に関してデビュー当初から柴田淳を知る者からの意見ですのでその点はご考慮の上、お読みください。いじめやそれに類した状況に関する体験談は、その内容についての程度や真偽のほどは第三者からは確認しづらいものの、柴田淳本人により公に長年繰り返し語られており(インタビュー記事や日記など様々な媒体による公表回数は無視できない程度であり、例えばつい最近でも柴田淳の特集が組まれた2009年2月8日放映のみゅーじんというテレビ番組中で、小学校時代のいじめについて本人が明言しています)、自身の作品世界への影響が相当程度あるようですので(恋愛体験以外にも、いじめられたという体験が、寂しい・愛されたいという気持ちに強く繋がる結果となり、それが歌世界に反映されている模様)、シンガーソングライターに関する百科事典の記述として掲載されていても違和感はない、あるいは必要なのかもしれないと考えます。ただし、これまでのところ歌自体がいじめを主題としているわけではないですから殊更に強調して記述する必要はないでしょうし、独自研究に至るような程度にまで記述することはもちろん論外でしょう。--Mi-no 2009年5月29日 (金) 19:54 (UTC)
今さらで申し訳ないですが、上記の書き込みを全て拝見致しました。いじめの件を公表しているという事実は、私は記事に記載されている公式Web日記1件のみでしか確認できず、『みゅーじん』の放送回や他の媒体でも確認したことがないため、何とも言えません。いじめの経験を各所で名言していたとして、それが具体的にどのように人物像や作品に影響しているかという検証可能な文献があれば納得できるのですが、それが提示されない以上は、Mi-noさんの仰っている「自身の作品世界への影響が相当程度あるよう」「寂しい・愛されたいという気持ちに強く繋がる結果」というのも、(語弊を恐れずに申し上げるなら)所詮独自研究における推測と捉えられてしまう訳で、故に私はいじめの記述は必要ではないと感じます。但し、蒲生直義さんの修正で多少は違和感のない文章にはなっているので、無碍に記述を除去するよりは出典を待ちながら様子を見るのがよいのかとも思っております。--PCH 2009年6月12日 (金) 18:09 (UTC)
『CDでーた』のインタビューで、「もうふのなか」の歌詞が学生時代のいじめ経験が反映されているという旨の発言を確認しました。一応これを組み込んで追記し、体裁を整えました。告知テンプレートも剥がしました。--PCH 2009年9月22日 (火) 15:21 (UTC)