ノート:朝青龍明徳

ナビゲーションに移動 検索に移動

このページには削除された版があります。削除に関する議論は123456をご覧ください。

このノートは一度削除されています。削除に関する議論はWikipedia:削除依頼/朝青龍明徳 05252007をご覧ください。

このページの一部の版は一度版指定削除が検討されました。削除についての議論は「Wikipedia:削除依頼/朝青龍明徳 20190429」をご覧ください。

朝青龍の夫人と子供の名前について[編集]

結局、議論した割には本文内に夫人名も子供の名前も記述が残ってますね。一体なんの為の特定版削除議論だったのでしょうか?其の上ドサクサ紛れでしょうか・・・以前の版にあったエピソードも何箇所か削除されてます。Ho13 2006年1月14日 (土) 06:01 (UTC)

芸能人の子どもや、犯罪などに関連していない場合は残す方針になったようです。Wikipedia:削除依頼/追風海英飛人も参照してください。削除の道連れとなって削除された部分は以前ほとんど復帰させたと思いますが、漏れている部分があればご自由に追記ください。--211.127.19.63 2006年3月8日 (水) 08:41 (UTC)
2006年3月8日 (水) 08:28 の版で、「卑怯」や「暴言」などと書かれた部分をコメントアウトしました。--211.127.19.63 2006年3月8日 (水) 08:41 (UTC)
元々、客観的ではない記述がだらだら並んでいる感じがしましたが、本日のIP:60.36.83.204ノート / 履歴氏の編集は明らかにPOVなものでしたので、差し戻しました。それ以外の記述についても、議論の必要性を感じましたのでタグをつけました。--219.119.101.78 2006年9月26日 (火) 11:19 (UTC)

隠れた「連覇記録」[編集]

朝青龍の快挙と言えば真っ先に思いつくのが「7場所連続優勝の新記録樹立」。 しかし、まだ「更新中の連覇記録」がある。「地方場所での連覇記録」である。 2004年春場所からずっと地方場所の優勝が続いている。 2004年春、名古屋、九州、2005年春、名古屋、九州、2006年春、名古屋の各場所で優勝を記録。2006年の九州場所でも優勝すれば、地方場所に限ると「9連覇」を達成する。平成時代では新記録を更新中だ。 以上の署名の無いコメントは、218.46.3.48会話履歴whois)氏が[2006年10月12日 (木) 23:47(UTC)]に投稿したものです(121.92.53.170による付記)。

昭和ではどうなのでしょうね。といっても10回以上優勝した横綱は数少ないので少し調査すればすぐ分かりそうではありますが。Elthy 2006年11月27日 (月) 01:47 (UTC)
皆さんは、なぜこんなに朝青龍が大嫌いみたいなコメントばあり書くのでしょうか?それ疑問である。--以上の署名の無いコメントは、202.25.83.2ノート/Whois IPv4IPv6)さんが 2006年11月29日 (水) 04:14 (UTC) に投稿したものです。
あなたのお国ではヒーローかもしれませんが、日本人には礼節と品格を重んじる国民性があり、「国技」である大相撲の力士にそれが強く求められるからですよ。--以上の署名の無いコメントは、133.205.190.235ノート/Whois IPv4IPv6)さんが 2007年1月29日 (月) 09:59 (UTC) に投稿したものです。
朝青龍は日本人からも人気がありますよ。ただ「キムチ野郎」発言(2003年)によって一部のメディアから嫌われるようになったそうです。Gonin 2007年1月30日 (火) 14:22 (UTC)
「その他」の、「高見盛や闘牙を故障させた~」「ブルガリアでは~」のくだりは、事実でなければ中傷そのものであるため、出典の明記が特に求められる部分かと思います。提示がないようなら削除するのが適当かと思います。TheM 2007年2月26日 (月) 21:03 (UTC)
朝青龍は外国人(モンゴル人)であり、日本人の価値判断や善悪の基準と大きく異なっていても、それはそれで妥当かもしれない。他の外国人力士が横綱になっても(白鵬は違うかも知れないが)朝青龍と同じ問題が起こる可能性がある。要は日本の相撲に何を求めるか、そのことを議論するべきかも知れない。

削除依頼05252007提案理由について[編集]

朝青龍:暴言失態集といった外部サイトへのリンクが追加されたので内容を確認したところ、ページの中身は個人の朝青龍や貴乃花のアンチサイトでした。問題と感じたのはほぼWikipediaと同一内容が記載されており、どちらから転載か不明なことと(そもそも出典不明なものもあり、ただしHP作成者は大相撲関係者や武藤敬司に近い人物のようですが。)検証性や中立性の点で疑問を感じています。問題のない版までいったんリバートしました。特定版削除となる場合に、失われる版からの復活が認められるのか疑問もありますし(中抜き削除が可能なのか)、下手をすると1年以上の編集が無駄になりますが、あえてこの時点で依頼を出して審議することで将来に削除になるよりはましだろうと思い削除依頼提案をしています。--Tiyoringo 2007年5月26日 (土) 06:54 (UTC)

見出し[編集]

朝青龍のサッカーについての問題 朝青龍がサッカーをしていたことに対して、ニュース速報のように書いてあるのはいけないと思います。--以上の署名の無いコメントは、211.10.144.172ノート/Whois IPv4IPv6)さんが 2007年7月31日 (火) 03:19 (UTC) に投稿したものです(クイスギによる付記)。                         

再度削除依頼を出す予定です。[編集]

特定版削除していただいたCalveroさんの会話ページのとおり、削除された版からもともとの加筆編集者でないIPさんが加筆されたものが著作権侵害のおそれありとして再度削除依頼を出す予定です。--Tiyoringo 2007年8月3日 (金) 13:16 (UTC)

「朝青龍批判」の記事について[編集]

以前から議論の的となっていました「朝青龍批判」の記事のことですが、批判する記事の全部を全部切り捨ててしまうのはあまり良くないのかと個人的には思います。批判の記事をゼロにしてしまえば、朝青龍関の性格や相撲精神についての記事も抹消されてしまい、朝青龍のページが存在する理由がなくなってしまうといっても過言ではないからです。朝青龍関が以前から粗暴で横綱としての品格が皆無に近いといわれていることも、やはり記事として残していって、インターネットを使って朝青龍関について調べてみたいという理由でこのページを閲覧される方に、そのままの事実を公表するべきなのではないでしょうか。

そこで、「朝青龍批判」の記事につきましては現在の削除依頼の決着がついたのちに、深く議論するべきだとは思います。個人的には「朝青龍批判」の記事は客観的事実(例えば稽古不足、八百長疑惑、巡業忌避、無断帰国、サッカー問題など)を中心に扱い、独自研究に基づく批判や私見による批判はなるべく扱わないようにするべきだと思います。皆さんの意見をお聞かせ願います。 たくろう 2007年8月7日 (火) 01:29 (UTC)

朝青龍へのバッシング問題としてまとめるのが良いのではないでしょうか。 「横綱の品格」としてマスコミがバッシングを続けている問題としてまとめるべきです。 カルト宗教に洗脳され立てこもり事件をおこし警官を投げ飛ばした双葉山や日本に拳銃を持ち込もうとした大鵬・柏戸。 「不眠症」の診断書を出して、本場所中にハワイに女性とサーフィンをしにいった北の富士 1年以上も休場してフランスに旅行に行った貴乃花などの 歴代横綱と比較して、品格が足りないとなぜここまでバッシングされているのかを記述すべきです。--以上の署名の無いコメントは、220.105.130.25ノート/Whois IPv4IPv6)さんが 2007年8月11日 (土) 03:24 (UTC) に投稿したものです。

とりあえず、双葉山が新興宗教に洗脳されたのは引退後ですから横綱の品格云々とは別問題です。大鵬・柏戸は土俵と関係のないことです。北の富士は不眠症なんだからサーフィンしてても診断書と矛盾しませんし、それでも厳重注意処分を受けてます(つまり、北の富士をとやかく言うなら、露骨に診断書と矛盾するような行動をとった朝青龍はより厳罰で当然、となります)。貴乃花のフランス行きは一応治療のためとなっていて、なぜフランスくんだりまで行く必要があるかという問題は別として朝青龍みたいに露骨に仮病疑惑が出るような行動はしてません。--210.156.143.254 2007年9月3日 (月) 17:58 (UTC)

サッカー問題についてですが、「モンゴル・日本政府の要請によるチャリティサッカー参加(つまり公的イベントへの参加)」という事実を注釈として加えてはどうでしょうか。本件を伝えたマスコミは皆無であったと認識していますし、「朝青龍にとって酌量余地のある事実を意図的に報道しなかった」という事実が、マスコミによるバッシング(偏向報道)の客観的証拠になると考えます。--以上の署名の無いコメントは、125.194.102.27ノート/Whois IPv4IPv6)さんが 2007年11月28日 (水) 14:49 に投稿したものです。

客観的、証拠を取り違えておられますね。せめて中立的というべきでしょう。日本政府の要請によるチャリティサッカーだったという証拠は報道されていないにも関わらずどこにあるのでしょうか。とても検証性を満たすとは思えない提案なのですが。--Tiyoringo 2007年11月28日 (水) 15:38 (UTC)
「日本・モンゴル政府の要請によるチャリティサッカー」という事実は、下記の記事で触れられています。
モンゴル大使館が謝罪 朝青龍のサッカー問題で日経新聞
(なお、中田英寿選手のサイトでも本件が言及されていますが、無断引用不可のため省略)
またマスコミの報道姿勢(偏向報道)についてですが、「公式イベントへの参加」という側面を矮小化あるいは報道せず「サッカーに興じていた」つまり「遊んでいた」という表現を用いた点、「疲労骨折」を単に「骨折」と表現し仮病疑惑を煽った(疲労骨折なら軽い運動はできなくはないが骨折なら患部固定が必要)点などはバッシングの一例であると考えます。但しこの問題についてはさらに多面的な議論が必要かと思います。
なるほど出典があるのですね。そうすると朝青龍がサッカーをしていたことが報道されてマスコミで大騒ぎとなったこと、相撲協会のそれらへの対応、モンゴル大使館の謝罪といった事実を記述することができると思います。なお報道姿勢に関しては偏向報道の方に加筆するのが良いと思います。事実を事細かに記述される例が多いと思いますが、双津竜順一の英語版記事のように、淡々と記述するのが良いと思います。--Tiyoringo 2007年11月29日 (木) 13:48 (UTC)
上記サッカー問題について、注釈も含め追加修正しました。「偏向報道」については特に触れませんでしたが、事象のインパクトの大きさ(読売新聞の十大ニュースに選出されている)を考慮し、多面的な議論の後、こちらにも何らかの記述が必要と考えます。--MAZZ 2007年12月29日 (土) 05:36 (UTC)

兄・スミヤバザル氏について[編集]

スミヤバザル氏は、モンゴルの放送局の受信証明カードの図案にもなったことがありましたね。 このことを書いても良いかどうか、意見をお願いします。

ウィナ・ツァハル 2007年10月31日 (水) 10:00 (UTC)

訂正依頼[編集]

「主な成績」2008年5月場所終了現在、横綱通算成績の部分ですが、370勝63敗47休が正しい成績です。 敗数が間違っているので、どなたか訂正お願いします

「主な力士との幕内対戦成績」豊ノ島関との対戦成績は6勝2敗です。訂正願います。

追加記載依頼[編集]

もし宜しければ、「主な成績」の欄に、下記の朝青龍の年間最多勝記録を載せて頂けますでしょうか? 他の横綱・大関陣で達成した力士にそれぞれ掲載しておりますので、宜しくお願いします。

年間最多勝:2002年(66勝24敗)、2003年(67勝18敗5休)、2004年(78勝12敗)、2005年(84勝6敗・現在の新記録)、2006年(67勝11敗12休)

    •  本日、追加させていただきました。--山の山手線 2008年9月23日 (火) 06:01 (UTC)

四股名の命名者は明徳義塾高校の校長吉田圭一氏であること、高校在学中にインターハイ高校相撲の部で3位に入賞していることを入れてください。 また、2004年に第37回日本プロスポーツ大賞を受賞、これは1992年に貴花田が受賞して以来、12年振りの大相撲力士の受賞でした。翌2005年も第38回日本プロスポーツ大賞を受賞しています。 七場所連続優勝を遂げた2005年11月場所には東京から小泉首相が九州入りし、「新記録、大記録、見事だ、おめでとう」と表彰式で総理大臣杯を自ら手渡したことも記載してください。 武蔵丸の引退から白鵬が横綱になるまで一人横綱を3年半務めている。これは、大相撲史上最も長い一人横綱であることは記載すべきです。第2位は曙の1年11ヶ月です。

未確定の成績の記入について[編集]

平成20年9月場所の成績を10日目時点で「5勝5敗5休」と記入されていますが、千秋楽の取り組み発表までは10日目(不戦敗)から千秋楽までの休場の可能性が100パーセントとは言えず、再出場の可能性が低いですが、あり得ます。今後もフライングがないようにしていただきたいので記入させていただきました。一応記述は残しておきます。--山の山手線 2008年9月23日 (火) 06:01 (UTC)

名前について[編集]

モンゴルは名字が無いので名前は「ダグワドルジ」だけのはず。ドルゴルスレンはお父さんの名前でしょう。姓名のある国の習慣に合わせて表記する場合のモンゴル人の方便に過ぎないようです。--男鉄 2010年1月28日 (木) 04:44 (UTC)

確かにモンゴルには名字がありません。しかし、「□□・△△」(□に父の名前、△に自分の名前)でフルネームとなります。つまり、例えば朝青龍の息子の名前は「ダグワドルジ・△△」となります。

その父の名、自分の名という表記は、同名さんが居るので区別を付けるためとか、単に西洋の習慣に合わせる必要があっての場合のことであって日本人の姓名逆転と同じ様な物です。ですから「となります」と決めつけられる物ではないでしょう。そのような決めで書いたのならそのような決めで書いたということわりがきが必要だというのが前記の私の指摘です。例えばロシア語圏内に住むモンゴル人だったらダグワドルジ・ドルゴルスレノビッチ・ドルゴルスレーノと(おそらく)なるので。姓名逆転書きをしたならばそうしたと書くような物だと。--男鉄 2012年1月11日 (水) 11:46 (UTC)

年間最多勝」クリックジャンプ修正&「通算(幕内)連続勝ち越し記録:16場所」追記、脚注欄追記各ご依頼[編集]

朝青龍明徳の項目で、修正及び追加記載のご依頼です。

1.「主な成績」「通算成績」の欄下に記載の、「年間最多勝(:5回)」でご修正依頼です。 現在「年間最多勝」の所をクリックすると、「年間最優秀力士賞」の方に違ってジャンプする形式のままです。 新たに「年間最多勝」の項目ページが完成していますので、この件ご修正願いますでしょうか?

2.「通算(幕内)連続勝ち越し記録:16場所(2003年9月場所~2006年3月場所)」を、「連続6場所勝利:84勝」と「幕内連続2桁勝利記録:9場所」の間の欄に追加記載お願い出来ますでしょうか?

3.「場所別成績」の2010年(平成22年)三月場所は、「引退」のみの記載ですが、「脚注」欄に追加で、「1月場所後の2月4日に引退を表明」等の記載もお願い出来ますでしょうか?


引退

––[1]

脚注[編集]

  1. ^ 1月場所後の2月4日に引退を表明

以上 宜しくお願い致します。