ノート:日韓経済戦争 (2019年)

ナビゲーションに移動 検索に移動

韓国の国別輸入割合(日本の輸出規制3品目状況)[編集]

2019年1月~5月(7月2日 聯合ニュース記事より)

フッ化ポリイミド
  日本(1,241万ドル) (93.7%)
  台湾 (3.9%)
レジスト
  日本(1億352万ドル) (91.9%)
  米国 (7.4%)
フッ化水素
  日本(2,844万ドル) (43.9%)
  中国 (46.3%)

--Senkaku Islands会話) 2019年8月28日 (水) 14:14 (UTC)

テンプレート除去(差し戻しについて)[編集]

下記の通り、Templateに相当する記事の状態であると考えますので、Templateの適用と、記事の改善について検討ください。

  • Template:一次資料

出典のほとんどが報道記事によるものであり、これらはWikipedia:信頼できる情報源にある通り一次資料にあたります。したがって、信頼できる二次資料が求められる状態であり、資料の提供あを求めるために必要です。

  • Template:国際化

韓国の反応という見出しがありながら、国際的な反応が述べられていないことを筆頭に国際化が十分ではないため当該Template相当と考えます。 --sakurai会話) 2019年9月10日 (火) 01:14 (UTC)

この記事で出典に使われている新聞報道は一次資料ではありません。火災現場のレポートなどなら報道でも一次資料扱いになるかもしれませんが。Wikipedia:独自研究は載せない#一次資料と二次資料をお読みください。--毒島みるく会話) 2019年9月10日 (火) 23:59 (UTC)
現状のページで出典として使われている二次資料は、日本政府の措置を支持する側から書かれたものが主であり、措置に反対する側から書かれた資料あるいは韓国側から書かれた資料が含まれていません。二次資料であると判断できても、「Template:国際化」に記述された「国際的な視点による資料」に該当するものではないと考えます。現状のページは、日本政府を支持する内容が多数含まれており、反対に韓国政府の反応や韓国国民の反応についての記述、あるいは日本において日本政府を批判する内容が、圧倒的に不足しています。これは、提案中のガイドライン「Wikipedia:日本中心にならないように」に従っていない状態であると判断できます。これらの観点から、現状の記述を加筆修正しない限り、「Template:国際化」は残すべきだと考えます。--NoNetouyo会話) 2019年9月17日 (火) 01:38 (UTC)