ノート:日本製鉄

ナビゲーションに移動 検索に移動

関連記事の改名提案[編集]

合併により名称が変更された関連企業・施設等の記事のうち、まだ改名されていなかった以下の記事の一括改名を提案します。

新日鐵関連の記事しか調べていませんが、よろしければご意見お願いします。--ウース会話) 2013年1月25日 (金) 14:20 (UTC)

    • 報告 1週間反対意見がなかったので改名しました。--ウース会話) 2013年2月1日 (金) 14:30 (UTC)

沿革の一部削除提案[編集]

222.151.138.98 による 2013年8月23日 (金) 12:11 の編集ですが、
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%96%B0%E6%97%A5%E9%90%B5%E4%BD%8F%E9%87%91&diff=prev&oldid=48886963
日韓問題としては重要な案件ですが、新日鐵住金株式会社の沿革としては不要だと考えます。
理由:現在の法の下で同社が起こした不祥事ではありません。また、係争中(上告中)でもあります。
該当部分を削除することを提案します。
--Cj2251会話) 2013年8月25日 (日) 04:00 (UTC)

  • 二週間経ちましたが、特に反対意見がなかったので該当部分を削除します。
--Cj2251会話) 2013年9月10日 (火) 12:24 (UTC)

日本製鉄への社名変更[編集]

日本製鉄への社名変更のプレスリリースを受けて、ひとまず日本製鉄を曖昧さ回避にしました。社名変更まではまだ時間があるので正式な改名提案は後日でいいと思いますが、旧字()と新字()だけで記事名を区別する(すなわち旧社を日本製鐵、新社を日本製鉄の記事名にする)のが妥当かどうかなど、議論が必要になるかと思います。--新幹線会話) 2018年5月19日 (土) 03:50 (UTC)

日本製鉄への改名提案[編集]

4月1日より「株式会社」に商号変更するのに合わせ、記事名を「日本製鉄」に改名することを提案します。すでに記事のほうが先行して改定されています。日本製鉄を曖昧さ回避にしているので手順が複雑になります。--Customsprofesser会話) 2019年4月1日 (月) 12:32 (UTC)

  • 賛成 日本製鐵との住み分けも上の節で新幹線さんが仰っている通りで問題ないと思います。なお定義文だけ書き換えたIPユーザーには会話ページに注意文を送っておきました。--Asgawaji会話) 2019年4月1日 (月) 14:23 (UTC)
  • 賛成 賛成します。--新幹線会話) 2019年4月4日 (木) 11:39 (UTC)
  • コメント そうなるとグループ企業や新日鉄住金音楽賞などの関連記事も改名が必要か--42.145.221.205 2019年4月5日 (金) 09:25 (UTC)

I agree with your opinion, thank you... Tom Youth HK

  • 改名については合意が得られました。これからの作業ですが、Wikipedia:移動依頼を行い、* 新日鐵住金日本製鉄* 日本製鉄日本製鉄(曖昧さ回避)への移動を要請しました。。グループ企業の多くも商号変更しているので改名すべきですね。本体の改名後、改名提案をします。音楽賞も改名されているなら同じですね。--Customsprofesser会話) 2019年4月8日 (月) 06:02 (UTC)
    • 私としては日本製鉄をケースCで削除依頼に出して跡地に新日鐵住金を移動させようと思ってたんですが…。改名後の日本製鉄に{{Otheruses}}を貼ればいいので曖昧さ回避ページは不要になると思います。--新幹線会話) 2019年4月8日 (月) 10:31 (UTC)
  • Wikipedia:移動依頼が合意不十分で却下されました。私としては新幹線さんの考えで何ら問題ないと思いますので、日本製鉄をケースCで削除依頼に出して跡地に新日鐵住金を移動で再度合意を確定させたいと思います。従って改名提案を再度張ります。--Customsprofesser会話) 2019年4月13日 (土) 13:26 (UTC)
  • 改名については合意が得られました。手法も日本製鉄をケースCで削除依頼に出して跡地に新日鐵住金を移動で合意されました。これから削除依頼をします。順調にいって1週間後に削除されて改名となります。--Customsprofesser会話) 2019年4月20日 (土) 12:57 (UTC)

(コメント)WP:MV#改名前にすべきことで「本文の書き換えは改名後に行ってください」となっており、定義文などの改名前の書き換えは明確に禁じられています。定義について新日鐵住金に戻してください。明朝までに対処されないのであればこちらで書き直しますが、不正確になる可能性について責任持てませんし、記事の改名後の対処については当方は致しません。--KAMUI会話) 2019年4月20日 (土) 13:57 (UTC)

ついでに書きますが、これ何です? 新日鐵住金を削除するんですか?というか何処に書いてるんでしょう。--KAMUI会話) 2019年4月20日 (土) 14:11 (UTC)
  • 報告 僭越ながら、Customsprofesserさんによる削除依頼の手順が誤っているようでしたので、Wikipedia:削除依頼/日本製鉄を代理提出させていただきました。私は賛否を表明することを控えさせていただきます。--Rasalghul会話) 2019年4月20日 (土) 22:17 (UTC)
  • コメント ついでに一点述べさせていただくと、改名提案、あるいは削除依頼提出時点ですでに冒頭定義文は書き換えられていたようであり(特別:Permalink/72202171)、しかもその編集者はCustomsprofesserさんではありませんので、現状を保存しつつノートでの議論を優先したCustomsprofesserさんの行動はむしろ褒められるべきものではないかと。--Rasalghul会話) 2019年4月20日 (土) 22:17 (UTC)
いいえ、褒められません。WP:MV#改名前にすべきことに書かれているのは以下の通りです。
改名の前に本文先頭の主語を書き換えてはいけません。Wikipedia:スタイルマニュアル (導入部)で「第1文の主題(主語)を項目名とし」と記述されていることと整合しなくなります。本文の書き換えは改名後に行ってください。
つまり「第1文の主題(主語)を項目名とし」と乖離している以上、改名前に一旦正しい状態に戻した上で改名提案すべきです。
今回の場合は改名先が「日本製鉄」で確定していますが、改名提案に掛けられる依頼が必ずしもそうでない場合もあります。実際に審議によって改名先が変更される例も少なくありません。「これはいいじゃないか」とするべきではないですし、手順・対応については基本的なルール(ガイドライン・方針)に基づくべきでしょう。ガイドラインなどを無視した改名提案が散見されるのは残念なことです。--KAMUI会話) 2019年4月21日 (日) 08:46 (UTC)
一旦正しい状態に戻すことで編集合戦になることは少なくありません。そしてその編集合戦は全く無駄なものです。改名提案に先行して記事本体が編集されてしまい、ガイドライン上正しくない状態になったとして、まずは「編集が先行している」という状態をノートに提示し、コミュニティの判断を仰いだCustomsprofesserさんの行動に何も悪い点はないと考えます。「先行している」という状況が正しく提示され、KAMUIさんが「ガイドライン上はこれは正しくない状態である」と正しく適示した。こういった状況はまさに論争の解決のためにノートが正しく活用された好例と見るべきでしょう。KAMUIさんは編集に熟達しているとお見受けします。一方でCustomsprofesserさんは、これまでの投稿履歴を見ると、こういった削除依頼を伴うような複雑な改名作業に従事された経験はあまりないようです(これが誤認であれば非礼をお詫びします)。作業に不慣れな方に対しては詰問調でなく、相手の行動を善意に取って、最終的によりよい方向に落着することを目指していただくよう切にお願いいたします。--Rasalghul会話) 2019年4月21日 (日) 09:07 (UTC)補遺--Rasalghul会話) 2019年4月21日 (日) 09:11 (UTC)
コメント 確かにガイドラインには「改名の前に本文先頭の主語を書き換えてはいけません。(中略)本文の書き換えは改名後に行ってください。」と書いてありますが、すでに書き換えられてしまったものを元に戻してまで議論を始める必要がないという解釈が雪玉条項であります。この状況でCustomsprofesserさんにそれを元に戻すよう求めるのはルールの悪用であり、「無知を非難した敵意のあるコメントや高圧的なコメント」であるといえます。--Ohgi 2019年4月26日 (金) 13:06 (UTC)
  • Rasalghuに感謝します。改名先を一旦削除する場合の手順が複雑で、前の処理が却下されて再度手順をふみましたがなかなかうまくいかずWikipedia:削除依頼/日本製鉄を代理提出に感謝します。特にこの直前のコメントは私のいいたいことを100%代弁いただき感謝にたえません。本文の書き換えは改名後に行うのは当然ですが、改名前に本文の変更があった場合、編集合戦をさけるために本文はそのまま改名提案をしました。ガイドラインの解釈として本文が勝手に変更された場合、改名提案においてまずそれを是正して、ついで改名提案をすべきとなるでしょうか?--Customsprofesser会話) 2019年4月22日 (月) 08:07 (UTC)
  • 改名提案前にWP:MV#改名前にすべきことに違反する編集があったとしても、第三者がそれを差し戻す責任を負うとは考えにくいでしょう。WP:AGFの観点からCustomsprofesserさんのことを責めるべきではないと思います。--新幹線会話) 2019年4月22日 (月) 09:11 (UTC)
  • 規定の期間後、削除がされたら改名実行しますが、その後、新日鐵住金関連会社等で改名したところの記事の改名をしたいと考えています。現在多くのものが改名前に定義文を変更していますのでそれをまずもとに戻し、(改名処理までは変更しないでくださいとの警告文、今新日鐵住金のところにあるものと同じものです。)正規の手順で改名提案をして合意を得て処理します。ただ面倒なものは、一部に正規の改名手続なしに改名したものがあります。さすがこれを元にもどすとなると、即時変更できませんからまず1週間かけて元に題名に改名し、ついで更に1週間かけて改名するのはいささかやってられないので私は行いません。それが正規と考える方がいれば反対はしません。--Customsprofesser会話) 2019年4月23日 (火) 07:34 (UTC)
    • Wikipedia:ページの改名によれば、改名提案は推奨こそされておりますが、ページを改名する際に必須となるようなものではないです。改名にかかる混乱や移動合戦を予め防止するために、改名提案というものが存在します。すでに移動されたものに対して一旦もとにもどしてから再度改名提案にはかるというのは、「他の記事名のほうが望ましい」とか「そもそも改名されるべきものではなかった」とかそういった理由でなく「そういう決まりだから」以上の理由がないならば、そこまでやる必要はないと言えます(Wikipedia:ウィキペディアは何ではないか#ウィキペディアは規則主義ではありませんWikipedia:雪玉条項)。なお、Customsprofesserさんが正規の手続きに沿ってゆっくり着実に合意形成を進めていらっしゃる点については、百科事典を共同作業で作っていくウィキペディアにおいて非常に好ましいご姿勢であると存じます。--Ohgi 2019年4月26日 (金) 13:06 (UTC)

日本製鉄関連記事の編集方針[編集]

日本製鉄は規模も大きく、本体の記事のみならず各製鉄所の記事もあり組織の統合等の扱いが必ずしも一貫していません。そのため次のように整理したいと思います。

日本製鉄の公式HPに従い、組織単位で記事とする。これにより君津製鉄所(君津地区、東京地区)、八幡製鉄所(八幡地区、小倉地区)のような場合も地区単位で記事にせず、各製鉄所の記事のなかで複数の地区から構成されることに言及する。なおかつて単独の組織として記事があるもの(例えば新日鐵住金小倉製鐵所)は、かつてあった組織の記事とする。

なお光については鋼管は、大分製鉄所の光地区であるので、大分製鉄所のなかで記述し、光チタン部は新たな記事を作成する。

以上で合意されればそれにより記事を修正し、またすでに提案中の八幡製鐵所の日本製鉄八幡製鉄所への改名を実行したいと思います。--Customsprofesser会話) 2019年5月27日 (月) 02:28 (UTC)

コメント 議論の提起ありがとうございます。組織単位で記事とすることには賛成です。組織単位とする場合には、製鉄所単位で記事にするほかに、地区単位で記事にすることが考えられますが、他の製鉄所に統合された地区についても既に多数の記事が作成されている(例:新日鐵住金堺製鐵所)ことや、統合先となった製鉄所の記事は、統合前からの製鉄所についての説明が大半を占めており、新たに統合された製鉄所については形式的な記載にとどまるものが多い(例:日本製鉄和歌山製鉄所)ことを考慮すると、地区単位で記事を作成した方がよいのではないかと思います。また、他の製鉄所に統合された地区については、統合前後でその実質的な事業内容などに変化がないようのなので、統合時点で凍結してかつてあった組織の記事とする必要はないと考えます。なお、議論の進め方ですが、ここでの議論の結果次第で記事の改名・統合・分割や記事内容の大幅な変更が生じ得る記事については、それぞれの記事の冒頭でここで議論が行われていることを告知することが必要でしょう(時間がかかってもよろしければ、当方もお手伝いします)。 --おいたんし会話) 2019年6月1日 (土) 00:21 (UTC)
コメントそれぞれの記事の冒頭でここで議論が行われていることを告知は必要だと思います。その場合、改名提案は所定のテンプレートがありますがご提案の告知はどのようにすればいいのかご教示いただけると幸いです。--Customsprofesser会話) 2019年6月3日 (月) 00:19 (UTC)
コメント 決まったテンプレートはないと思いますが、{{告知}}が適しているのではないでしょうか。 --おいたんし会話) 2019年6月3日 (月) 14:16 (UTC)
コメントありがとうございます。改名・統合・分割や記事内容の大幅な変更が生じ得る記事に告知をはりました。--Customsprofesser会話) 2019年6月4日 (火) 06:32 (UTC)

記事の再編について細かいところを補足して提案を修正します。

まずこの再編は、地区に区分されていない製鉄所(例えば鹿島製鉄所)の記事には関係しません。従いまして君津製鉄所、八幡製鉄所、大分製鉄所、和歌山製鉄所についてのものになります。

1 これらの4つの製鉄所の記事には、メインの地区(例えば君津製鉄所なら君津地区)のみならすサブの地区(例えば君津製鉄所なら東京地区)についても記述を行う。

2 独立記事のあるサブの地区については表題が古いまま(例えば、新日鐵住金堺製鐵所)であるので次のようにする。

A案 統合前の段階で記事の内容を凍結し、過去記事とする

B案 改名して存続させる(例えば新日鐵住金堺製鐵所→日本製鉄和歌山製鉄所堺地区)

3 光については、2に準じて処理する。なお光チタン部は新しく項目を立てる。

としたいと思います。私は2はA案ですが、B案が多数であればそうします。その場合は各項目について改名提案処理をします。--Customsprofesser会話) 2019年6月6日 (木) 01:13 (UTC)

コメント まず、議論の進め方についてのコメントです。当方が2019年6月1日 (土) 00:21 (UTC)のコメントで挙げた案は、Customsprofesserさんが挙げているA案、B案とは異なるものです。
実際の組織として、「日本製鉄○○製鉄所」に「メインの地区」である「○○地区」と、「サブの地区」である「△△地区」があり、一方、Wikipediaの記事としては「日本製鉄○○製鉄所」(又は「新日鐵住金○○製鐵所」)という記事名の記事に「○○地区」についての記事(「△△地区」についての簡略な記載がある場合を含む)があり、「新日鐵住金△△製鐵所」という記事名の記事に「△△地区」についての記事がある場合を例に挙げます。
当方は「メインの地区」については「日本製鉄○○製鉄所」を「メインの地区」のみの記事として「日本製鉄○○製鉄所○○地区」への改名を行うとともに、「サブの地区」については「新日鐵住金△△製鐵所」から「日本製鉄○○製鉄所△△地区」への改名を行うこととし、さらに、各地区の上位に位置する製鉄所の記事である「日本製鉄○○製鉄所」(手続き的には移動の跡地になります)については、日本製鉄○○製鉄所とするのが、実際の組織との対応、記事の階層関係の明確さ、複数の地区を持たない製鉄所の記事とのバランスの点で優れており、最善と考えています。
また、現存する「サブの地区」についての「新日鐵住金△△製鐵所」の記事を「メインの地区」についての「日本製鉄○○製鉄所」の記事に統合する案も、実際の組織との対応、記事の階層関係の明確さ、他の複数の地区を持たない製鉄所とのバランスの点で、前記の最善案に次ぐものであり、CustomsprofesserさんのA案、B案より適切ではないかと考えています。
ついては、当方の2案も含めた上で、議論を進めていただくようお願いします。 --おいたんし会話) 2019年6月10日 (月) 13:28 (UTC)
コメント ご意見ありがとうございます。引用の便宜としておいたんしさんの最初の案(メインとサブをそれそれ日本製鉄○○製鉄所○○地区とし、日本製鉄○○製鉄所日本製鉄○○製鉄所)をC案、2番目の案(サブの地区」についての「新日鐵住金△△製鐵所」の記事を「メインの地区」についての「日本製鉄○○製鉄所」の記事に統合)をD案とさせていただきます。
C案の場合、君津の東京地区は来年には閉鎖されるなどサブ地区が独立記事を将来的にも維持できるか疑問であり、実際の組織との対応、記事の階層関係の明確さ、他の複数の地区を持たない製鉄所とのバランスからD案を支持したいと思います。--Customsprofesser会話) 2019年6月11日 (火) 01:15 (UTC)

日本製鉄関連記事の編集方針の確定と今後の作業[編集]

上記の記事が長くなったので結論と今後の作業を明示します。

現存する「サブの地区」についての「新日鐵住金△△製鐵所」の記事を「メインの地区」についての「日本製鉄○○製鉄所」の記事に統合

この案について反対がありませんでしたのでこれで実行します。記事の統合はWikipedia:ページの分割と統合のガイドラインに従い、各記事について統合提案を行います。当然ですが最低でも1週間の期間経過して合意を確認してから作業します。--Customsprofesser会話) 2019年6月19日 (水) 02:37 (UTC)

コメント Customsprofesserさんのご意向を理解できていなかった面もあり、他の方のご意見を伺ってみたい気持ちもありますが、当方が提示したD案で合意していただけるのなら、統合について異論はありません。ただし、今回の日本製鉄関連記事の編集にあたっては、すべての記事を統一した方針の元で整理することが重要だと考えています(このページで議論をお願いしたのもそのためです)。ついては、正式な統合提案についても、議論の場所は各記事のノートではなくこのページとし、1件でも合意が形成されない記事がある場合には、合意が形成された記事だけを先行して編集するのではなく、すべての記事についての編集作業をサスペンドして改めて全体の方針を再検討し、すべての記事について合意が形成されたことが確認できた後に作業を実施すべきと考えます。 --おいたんし会話) 2019年6月19日 (水) 11:28 (UTC)
コメント 処理方針については、おいたんしのいわれるとおりだと思います。規定に従い、関係する記事に統合提案を告知し、議論先はここを指定したあります。統合に異論があれば、もちろん全体の再検討終了まで処理は保留されます。--Customsprofesser会話) 2019年6月21日 (金) 00:59 (UTC)

報告 統合提案について反対がありませんので合意成立しました。これから順次統合を行います。--Customsprofesser会話) 2019年6月26日 (水) 03:26 (UTC)

現段階で積み残しとなっているものを挙げておきます。

--210.48.133.123 2019年7月4日 (木) 01:47 (UTC)

報告 ご指摘ありがとうございます。 日鉄住金SGワイヤ日鉄SGワイヤは見落としいましたので改名手続きにはいりました。新日鐵住金光鋼管工場の処理および日本製鉄光チタン部の作成は、忙しくて遅れてました。なんとか1週間以内に作業します。--Customsprofesser会話) 2019年7月6日 (土) 00:36 (UTC)

報告 新日鐵住金光鋼管工場の処理および日本製鉄光チタン部の作成が終了しました。--Customsprofesser会話) 2019年7月8日 (月) 02:18 (UTC)

報告  日鉄住金SGワイヤ日鉄SGワイヤの改名が終了しました。--Customsprofesser会話) 2019年7月13日 (土) 07:15 (UTC)

全て処理されたことを確認しました。お疲れ様でした。--210.48.133.123 2019年7月16日 (火) 06:02 (UTC)

日本製鉄関連記事の編集方針[編集]

上記のように日本製鉄関連記事については、メインの地区の集約することで合意され、処理を行いました。最近になって日本製鉄は、2020年4月1日に

日鉄日新製鋼を含めて全国に計16拠点ある製鉄所や製造所を、「東日本製鉄所」、「関西製鉄所」、「瀬戸内製鉄所」、「九州製鉄所」、「室蘭製鉄所」および「名古屋製鉄所」の6製鉄所体制に統合、再編成する[* 1]

と発表しました。まだ時間はありますが十分な議論のため予め意見集約を図りたいと思います。なおこれは事前のコメント依頼ですが、正式には各記事について統合依頼を行います。

方針としては、いままでと同じく日本製鉄の組織単位の記事として6つに集約すべきと考えます。室蘭と名古屋はそこままですみますが、「東日本製鉄所」、「関西製鉄所」、「瀬戸内製鉄所」、「九州製鉄所」についてはそれぞれ君津、和歌山、広畑、八幡に他の事業所の記事を統合し、同時に新しい製鉄所の名称に記事名を変更するとしたいと考えます。統合元については、鹿島と君津のどちらを主とすべきかはなやましいですが生産規模で君津、八幡と大分とは伝統の力で八幡としました。この辺についてもご意見おねがいします。--Customsprofesser会話) 2019年11月13日 (水) 06:58 (UTC)

基本的にはお考えの通りで良いと思われます。ただ、八幡製鉄所については単独で検索されることが非常に多いと想定され、記事名から消滅してしまうと八幡製鐵が上に表示されかねないのが気になります。1934年以前の官営製鉄所時代について独立した記事を設けた方が良いかもしれません(その場合は1934年以降を大分へ転記・それぞれ改名という形式になるでしょう)。--210.48.133.123 2019年11月14日 (木) 01:56 (UTC)

八幡製鉄所の扱いは悩ましいところですが、組織的には官営から日本製鐵になったとしても歴史は連続するので参照が不便になります。 私としては八幡製鉄所は、九州製鉄所へのリンクで十分かと思います。--Customsprofesser会話) 2020年1月6日 (月) 05:37 (UTC)

脚注の位置が紛らわしいので手を加えました。官営八幡製鐵所の3建物と遠賀川水源地ポンプ室は建造物として世界遺産に登録されており、組織変更後の九州製鉄所とは独立した知名度を有します。八幡製鐵所を検索窓に入力する人の過半数はこれらの情報を求めていると考えられ、Wikipedia:リダイレクトにおける「穏当な転送を行う」に適合しないでしょう。最低でも明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業との曖昧さ回避にする必要があります(この場合八幡製鐵所八幡製鉄所のどちらをメインにするかは議論の余地があります)。重要な問題であるにもかかわらず議論参加者が少ないため、コメント依頼の文章を変更させていただきます。--210.48.133.123 2020年1月7日 (火) 07:36 (UTC)

コメント コメント依頼を見てこちらに参りました。個人的には「東日本、関西、瀬戸内および九州の4製鉄所の記事を新規立項して、総括的ページとして2020年4月1日以降の出来事を扱う。統合に絡む各事業所のうち存続事業所は「日本製鉄○○製鉄所××地区」に改名しそれぞれ存続、閉鎖事業所は最終名称のまま記事存続。」の方向に持っていくのが妥当なところで、記事統合やリダイレクト化は、各事業所の歴史・沿革を重んじる意味で好ましからざることと思料します。室蘭および名古屋は普通に改名で対応できると思います。--Ogiyoshisan会話) 2020年1月8日 (水) 11:54 (UTC)

「八幡」の記事が残るのならまあその部分についてはそれもありかとは思いますけれども。室蘭と名古屋は改名の必要がないこと、堺・東予・大阪は現状記事が存在しないことは申し上げます。また下位組織として存続しない(現時点ではわかりませんが、おそらく大分地区扱いになる)のは光チタン部のみですが、光チタン部の記事を残すことには反対です。大した内容がないので上位組織の記事に統合・転送すればよいでしょう。--210.48.133.123 2020年1月9日 (木) 23:50 (UTC)

コメント ご意見ありがとうございます。昨年5月に日本製鉄の組織に合わせて整理することで合意がされ実行したところです。今回の統合で別の方法になるのは整合性がとれないことになります。特に光地区は、大分の光地区と光チタン部がある状態で、光チタン部だけ残すのは整合性がとれません。また規模が小さく、記事にするにデータが乏しく苦労しました。ただ世界遺産との関連もあり、九州製鉄所に統合後、世界遺産関連について一部分割して「八幡製鉄所」を立項、「八幡製鉄所」は八幡製鐵所へのリダイレクトとしたいと思います。これらの統合、改名、一部分割は2月初めまでに正式に提案します。その際はよろしくご意見お願いします。--Customsprofesser会話) 2020年1月20日 (月) 05:21 (UTC)

日本製鉄製鉄所組織の統合・再編成に伴う統合、改名、分割の提案[編集]

すでご案内のとおり、日本製鉄製鉄所組織の統合・再編成が2020年4月1日に実施されます[** 1]。それに伴う製鉄所記事の扱いについて、今日正式に提案させていただきました。

内容は、新しい製鉄所単位で記事の統合(必要により改名も)を行います。なお八幡製鉄所世界遺産関係は、再度分割により立項します。

改名提案に書きましたが再録します。

コメント 以下、個別に賛否を述べますが、2019年5月に合意された方針に合わないからといって無視されないか心配です……。
  • 日本製鉄東日本製鉄所 - (反対)「日本製鉄東日本製鉄所」を新規立項し、そこに各記事から履歴を継承してコピー転記で記述を整理。その後、鹿島製鉄所と君津製鉄所直江津製造所、釜石製鉄所は改名して記事を残す、という形ではどうでしょうか。すぐに加筆はできませんが、君津製鉄所(CiNiiJ-STAGE)や鹿島製鉄所(CiNiiJ-STAGE)は技術的な観点から個別に特筆性があると思いますし、個別記事として成り立つだけの歴史もあると考えています。
  • 日本製鉄関西製鉄所 -(賛成)元々の文章量から妥当と考えます。
  • 日本製鉄瀬戸内製鉄所 -(賛成)元々の文章量から妥当と考えます。
  • 日本製鉄九州製鉄所 -(コメント)最終的な状態には概ね賛成ですが、「日本製鉄九州製鉄所」を新規立項し、それに大分と光チタン部を統合・リダイレクト化、八幡から記述を履歴継承でコピー転記、最後に「日本製鉄八幡製鉄所」を「八幡製鉄所」に改名(世界遺産としての情報にみならず、過去の歴史や技術的な観点についても記述した記事として)という形ではいけないでしょうか。ご検討いただけると幸いです……。
といったところです。なお、東日本関係は加筆できる段階になってから後日復帰という手もあるかもしれませんが、ご提案の記述では君津製鉄所の履歴が追いにくくなってしまうため、他の地区とやり方を分けた方が良いと考える次第です。--Assemblykinematics会話) 2020年2月1日 (土) 16:44 (UTC) 東日本関係で追記。--Assemblykinematics会話) 2020年2月5日 (水) 18:56 (UTC)
意見を取り入れていただきましたし提案内容には賛成です。どれを統合元にするかは最終的な記事の状態に影響しないのでどちらでもよいです。Assemblykinematicsさんの提案ですが、学術的な話についてはむしろ日本製鉄で記述する内容と思われ、製鉄所記事は企業における役割に特化した記事となるべきと考えます。分量的にも東日本製鉄所で一記事が妥当でしょう。--210.48.133.123 2020年2月3日 (月) 03:35 (UTC)
返信 (210.48.133.123様宛) 先のコメントでは「学術的な話」ではなく「技術的な観点」「過去の歴史」と書かせていただきました。J-STAGECiNiiに挙げられている文献だからといって、アカデミックな話とは限りません。工学系の学会ですと技術論文や技術報告という種別もありますし、学会誌には技術に関する解説記事や実用化技術紹介、エンジニアによる回想記事、工場見学のレポート記事などもあります。また、「過去の歴史」として地域へ与えた影響などもあると思いますし、そういったものは(社会科学系を含む)学術的な文献や新聞、地元誌にも見つかるであろうと考えています。--Assemblykinematics会話) 2020年2月5日 (水) 18:56 (UTC)
コメント 日本製鉄によるプレスリリース「製鉄所組織の統合・再編成について」では、再編後の各製鉄所の下に現行の製鉄所・製造所がカッコ書きで書かれているだけで、再編後に現行の製鉄所・製造所がどのように取り扱われるのか(特に、前回の組織再編と同じように取り扱われるのか)は明らかではありません。実際に記事の再編を行うのは統合が実施される4月1日以降になるのでしょうから、今後、詳細が明らかになった後に統合の方針を確定した方がよいのではないでしょうか。もし、現時点で方針を決定するのであれば、現行の記事への影響を最小限に抑えられるOgiyoshisanさんによる2020年1月8日 (水) 11:54 (UTC)の案を支持します。 --おいたんし会話) 2020年2月4日 (火) 12:25 (UTC)
コメント 鹿島製鉄所と君津製鉄所の扱いは悩ましいところです。それぞれ複数の高炉を持つ、銑鋼一貫製鉄所の統合で、別の扱いというご意見は十分に理由があると思います。問題なのは鹿島製鉄所と君津製鉄所という名称は消滅するので、日本製鉄鹿島製鉄所日本製鉄君津製鉄所という記事名は、2020年3月まで存在したという過去記事扱いにしない限り存続できず、もし過去記事なら今後は原則更新されないことになります。日本製鉄東日本製鉄所鹿島地区、日本製鉄東日本製鉄所君津地区として残すご提案ですが、その場合も今後、日本製鉄東日本製鉄所全体記事と、同じ内容で2020年4月以降の変化を追うことになります。それだとフォローが複雑化すると思いますがいかがですか?--Customsprofesser会話) 2020年2月5日 (水) 08:35 (UTC)
コメント 確かに鹿島製鉄所と君津製鉄所という名称は消滅するのでしょうが、プレスリリースによると再編後の組織は、
東日本製鉄所
(鹿島)
(君津)
(釜石)
(直江津)
と記載されており、2020年2月4日 (火) 12:25 (UTC)のコメントで述べたように、現行の鹿島製鉄所や君津製鉄所がどのような扱いになるのかは不明です。鹿島製鉄所にあたる組織・名称が完全になくなってしまうのか、東日本製鉄所鹿島地区のような組織・名称が残るのかによって、再編後の記事のあり方は当然変わってくるものと思います。ついては、上述のとおり、現時点で再編の方針を確定することには反対であり、もし、現時点で方針を決定するのであれば、現行の記事への様影響を最小限に抑えられるOgiyoshisanさんによる2020年1月8日 (水) 11:54 (UTC)の案を支持します。 --おいたんし会話) 2020年2月5日 (水) 12:14 (UTC)
返信 (Customsprofesser様、210.48.133.123様宛) もともと鹿島製鉄所は「住友金属工業鹿島製鉄所」で、君津製鉄所も「八幡製鐵君津製鐵所」としての長い伝統があります。また、釜石は官営製鉄所として明治13年からの歴史が、直江津製造所も昭和9年の日本ステンレス株式会社から住友時代を経ての長い歴史があります。管理者の方の手を煩わさせてしまうことになりますが、東日本関係は
とすれば特に問題ないと考えています(最初のコメントでは鹿島と君津だけ独立記事として残す方針でしたが、釜石と直江津も独立記事でよいのではないかと考えなおしました)。
ひとまずOgiyoshisan様やおいたんし様がおっしゃられるように、統合後の体制が不明確でもありますので、(改名は必要と思いますが)既存記事は残した方が無難な気がします。取り急ぎ……。--Assemblykinematics会話) 2020年2月5日 (水) 18:56 (UTC)

長い歴史と言ってもせいぜい数十年から百年程度であり、全体の流れとして組織統合に向かっている中で、特定の一時点の状況に固定すべき事情があるとは思えません。今後の時間経過によって相対的に意義が縮小することが明らかな役割分担には反対です。--210.48.133.123 2020年2月6日 (木) 23:43 (UTC)

  • 統合には 反対 わざわざ統合させる意味がない。廃炉になったからといって統合する理由にならない。ただし、改名には状況に応じて 賛成 する--Yosizuya会話) 2020年2月10日 (月) 10:21 (UTC)
コメント たしかに4月以降の機構として、東日本製鉄所の下に、鹿島、君津がぶらさがるのか、それとも鹿島、君津を統括する職はおかれずそれぞれの部門が直接、東日本製鉄所長の配下になるかは定かではありません。しかし今後の利用者は、東日本製鉄所を見たときに2020年4月以降しかないのは不便です。従って統合版は必要かと思います。ただし統合対象となる鹿島、君津、直江津、釜石について4月以降の動向を見るため、暫定的に現状維持(題名は、鹿島製鉄所等に変更)して数か月様子を見るということなら私は賛成します。その場合は数か月後に再度議論をいただいて決定となります。なお八幡製鉄所は、世界遺産関係に特化する方向でいいと思います。--Customsprofesser会話) 2020年2月14日 (金) 06:46 (UTC)
返信 (210.48.133.123様、Customsprofesser様宛) 念のため補足申し上げますと、個別の製鉄所記事を「特定の一時点の状況に固定」するつもりは全くございません。過去の出来事も記しますし、東日本製鉄所として統合された後にどうだったかについても、簡単な説明は記していくべきだと考えています。
もちろん東日本製鉄所にも各記事の大まかな情報は載せる想定であり、東日本製鉄所として統合されて以降の情報しか掲載しないということはあり得ません。ですが、現在でも釜石直江の年表は長めですし、君津にある「コンピューターの大々的な利用」の節では1980年代から90年代にかけての圧延制御の導入などの加筆が可能です。また、東日本製鉄所として各地がどのように連携するのか、全体としてどのような経営戦略が取られるのか、製品の種類や出荷量が今後どう推移していくのかなど、全体の情報も増えていくと思います。そのため、やはり東日本製鉄所には鹿島、君津、釜石、直江の各製鉄所は過不足なく概要を記し、個別の製鉄所記事に技術的経緯を含む詳細な歴史を記すとよいと考えています。--Assemblykinematics会話) 2020年2月15日 (土) 21:00 (UTC)
コメント ご議論ありがとうございます。4月まであと40日余りになりましたので、とりまとめとして私の最終案を提示します。

1 当初の提案のとおり改名と統合は行う、これは履歴継承しないと規約違反になるからです。 2 現在の、鹿島、君津、直江津、釜石の記事はそのままAssemblykinematicsのご提案のとおり「日本製鉄鹿島製鉄所」を「鹿島製鉄所」へ、日本製鉄君津製鉄所を「君津製鉄所」へ、日本製鉄直江津製造所を「直江津製造所」へ、日本製鉄釜石製鉄所を「釜石製鉄所」へ転記(実質的に改名ですが、履歴継承の都合と改名先にリダイレクト以外の履歴があり、一旦削除が必要なので便宜転記で処理する) 3 八幡製鉄所は当初のとおり、世界遺産関係に特化して一部転記で行う としたいと思います。--Customsprofesser会話) 2020年2月18日 (火) 07:40 (UTC)

反対 すでに述べたとおり、現時点で再編の方向性を確定することには賛成しかねます。それにもかかわらず「最終案」を示されるのであれば、当方の最終的な意思としては反対を表明せざるを得ません。 --おいたんし会話) 2020年2月18日 (火) 13:12 (UTC)