ノート:成田悠輔

    肩書について[編集]

    記事対象者の肩書について「助教授」とするのか「助教」とするのかで編集合戦となり、全保護されてしまいました。この期に及んでもノートページが作成されていないのは驚くばかりですが、この間に論点整理だけ行いたいと思います。

    • 「助教授」を主張する側は、信頼できる情報源を出典とした記述とするべきとの意見
    • 「助教」とする側は、現在の日本の学校教育法には「助教授」という役職は存在せず、イェール大学の公式ウェブサイトには「Assistant Professor」とあるので、その一般的な邦訳である「助教」とするべきという意見

    そもそも「Wikipedia:検証可能性」によると、"この文脈における「検証可能性」とは、編集者が、例えばニューヨーク・タイムズの記事の中身が真実かどうか検証する責任があるという意味ではありません。実際のところ、編集者はその種の調査をしないよう強く求められます。"とされていて、我々無名の利用者が解釈を加えることはできません。また「助教」側が要約欄で繰り返し主張している、「現在助教授という役職はありません。」というのは、日本の学校教育法の話であって、アメリカの大学の役職とは何ら関係がないのは明らかです。さらにいうと「Assistant Professor」の定訳が「助教」であることの出典もなしに「助教」と記載するのは、「検証可能性」の観点から大いに問題があるでしょう。

    他方において、現在日本では助教授という役職はなく、肩書として使われると違和感があるのは事実です。おそらくイェール大学での「Assistant Professor」という役職が教授の補佐的なポジションではあるが、日本における一般的な助教よりは格上である、などの事情があって、記事対象者が選択して使用しているのでしょう。(フリーランスの方が耳目を引くためにあえてそういう語句を選択することは珍しくありません。)さらに言えばその辺りの事情をくんで報道機関等も自己申告のまま使用していると考えられます。(「助教」側は記事対象者やNHK・日経新聞が学校教育法の改正を知らないとでもお考えなのでしょうか?)しかしながらそれは全て想像ですので、記事中に反映させることはできません。

    肩書についてはいろいろなところで議論になってきたのですが、結局は我々の議論で決めるのではなく、「信頼できる情報源」に基づくしかないと考えます。そういう意味では「助教」側がたびたび主張している「出典は批判的に用いましょう」という意見には全く首肯できませんし、「Assistant Professor」を勝手に「助教」と訳するのにも賛成しかねます。

    私の個人的意見としては、「助教授」「Assistant Professor」(またはアシスタントプロフェッサー)とそれぞれ出典付きで併記し、必要であれば注釈として現在の日本では欧米の大学の「Assistant Professor」は日本の「助教」に相当することが多いことを出典付きで記述する、辺りが落としどころではないかと考えますが、これ以上積極的に参加する気はしないので、あとはお任せします。--Xx kyousuke xx会話) 2022年11月24日 (木) 07:12 (UTC)返信[返信]

    返信 助教がassistant professor の訳語である出典はコトバンクを提示できます[1]。実例は「京都工芸繊維大学 教授、准教授、助教 の採用 Recruitment for Professor or Associate Professor or Assistant Professor Positionに見ることができます。また、「助教」という訳語への批判文にも「助教」が「Assistant Professor」の訳語として用いられている現状を(結果的にですが)表しています「助教」職名の再考を―新しい大学教員職の名称は「国際的」か。(ただしこの批判文はAssistant Professorが助教授に相当すると主張していますが、それが「任期付きの」という但し書きつきのものであったことに触れておらず、偏向している部分が見られます。)--Ryo 625会話) 2022年11月26日 (土) 16:22 (UTC)返信[返信]
    それは日本の「助教」の英訳が「Assistant Professor」であることの出典であって、その逆ではありません。イェール大学の「Assistant Professor」の邦訳が「助教」であることの出典がない限り「助教」とは書けません。相変わらず出典を独自の見解で分析されているようですが、それについては触れません。検証可能性をお読みくださいと繰り返すしかありません。--Xx kyousuke xx会話) 2022年11月26日 (土) 19:29 (UTC)返信[返信]
    返信 ええと、以前にどこかでお会いしましたっけ。とりあえず、原文のままAssistant Professorと名乗るならともかく、勝手に日本の職階に当てはめて「助教授」とするのは(私が間違っているのなら)私と同じ過ちを犯しています。--Ryo 625会話) 2022年11月27日 (日) 01:15 (UTC)返信[返信]
    論点を挙げて私自身の意見は既に述べました。「過ち」云々については、失礼ですが文意が取れません。有効な反論は全くないようですので、私からは以上とさせていただきます。あとはお任せします。--Xx kyousuke xx会話) 2022年11月27日 (日) 01:42 (UTC)返信[返信]