ノート:悪魔が来りて笛を吹く

ナビゲーションに移動 検索に移動

「あき子」の表記について[編集]

2018年11月6日 (火) 13:52 に「あき子」の「秋」を偏と旁が逆転した異体字に全面的に置き換える修正が為され、その理由として“グーグルで検索しても「椿子」が「椿秋子」より大きく上回っています”とコメントされています。しかし、これは本記事にローカルな問題ではなくWikipedeia全体でJIS X 0213をどう扱うかという問題なのですから、「椿あき子」に限定した現状認識を根拠とするのは早計なのではないでしょうか。--Dakarananyanen会話) 2018年11月8日 (木) 09:18 (UTC)

とりあえず、上述修正に際して「注」として記載された“一部の日本語環境で表示できないため、「秋子」と表記されることがある。”というのは、有り得るかもしれませんが、現実的には考えにくい状況です。その日本語環境は、JIS X 0213が表示されず、かつJIS X 0213における異体字の対応表を持っているということになりますから。おそらく、修正前の文言を中途半端に活かそうとして変なことになったのではないでしょうか。

JIS X 0213非対応環境の中には問題の文字を含む複数文字がメチャクチャになってしまうものもありますが、そうでない非対応環境の多くでは、当該文字を何らかの一定の文字(例えば「?」)に置き換えてしまいます。いずれにしても当該文字が具体的に何であるかを知る手がかりが無い状態になります。従って、ここで「注」として必要なのは「」が「秋」の異体字であるという情報です。そのように書き換えてみました。 --Dakarananyanen会話) 2018年11月12日 (月) 08:31 (UTC)

菊江の年齢について[編集]

2018年11月5日 (月) 09:25 に行った、菊江の年齢を原作の記述から24歳と算出して掲載した件について、考え方の詳細を記録しておきます。

算出の根拠は、等々力警部の聴取に対して菊江が回答した「はあ、あの、あたし16のときからですから、足掛け9年になりますわね。」という科白(記事の注釈では前後の文脈を補ったうえ要約)です。これに対して、24歳には確定できないとする修正が入りました。この修正はこの科白が満年齢に基づくものという前提であれば正しいものです。しかし、以下に記述するように、この科白は数え年に基づくものと考えるべきなので、誤った修正です。そこで、直ちに修正を取り消し、併せて数え年に基づく算出である旨の注釈を補足しました。

取り消しの際のコメントには、その理由を“この時期の横溝作品における年齢は原則として「数え年」である”と書きましたが、これは短く説明するために選んだもので、実は最も本質的な理由ではありません。初期の横溝正史作品には「満年齢」という概念が無く、後の作品でも「数え年」と「満年齢」の違いを意識しつつも基本的には「数え年」で考えていると思われる記述であることは事実ですが、あくまで「背景事情」です。

本件を「数え年」で考えるべき最も本質的な理由は、問題の科白は菊江が「足掛け9年」を「その場で算出」したと考えられるものになっていることです。「その場で算出」というのは、現在の年齢「24」から「16」を差し引き「植木算補正」で1年を加えて「9年」と算出したということです。数え年の引き算で経過年数を算出すると結果が「足掛け」になることは、数え年が常用されていた時代には広く知られていました。特に自分たちの年齢が重要な属性となる花街の女性たちの間では基本的な知識とされていたのではないでしょうか。菊江はこの知識に基づいて「その場で算出」したため、習慣的にわざわざ「足掛け」と補足したと考えるのが妥当でしょう。

極端な話、もし菊江の科白にある「16」云々が満年齢であったとしても、菊江は「満24歳」と推定するのが妥当です。「足掛け9年」が「その場で算出」したものだと考えられる以上、この場合には菊江が数え年の算法を誤って満年齢に適用して「24-16+1」を計算したと考えられるからです。 --Dakarananyanen会話) 2018年11月8日 (木) 09:20 (UTC)

Dakarananyanenさんの上記論述はあくまでも推測であり、Wikipedia:独自研究は載せないに独自研究として規定される「未発表の事実、データ、概念、理論、主張、アイデア、または発表された情報に対して特定の立場から加えられる未発表の分析やまとめ、解釈」に該当します。「独自研究は載せない」には、独自研究ではないことを示す唯一の方法として「信頼できる資料を参考文献として記し、その資料に記された内容に忠実に記述すること」と記されています。菊江の年齢が作品中に「数え年で24歳」あるいは単に「24歳」と記されていない以上、Dakarananyanenさんの論述を独自研究ではないことを示す参考文献たりうる「信頼できる資料」としては、「『悪魔が来りて笛を吹く』の人物の年齢は数え年で記載した」とか「菊江の年齢は(数え年で)24歳である」などとの作者の対談やインタビューでの発言、あるいは随筆などでの記述以外にありません。これらの信頼できる資料を参考文献として記してください。
なお、菊江が当時(昭和22年9月30日)満23歳で10月から12月に24歳になる場合には、「16のときから足掛け9年に」該当します。作品中で頭がいいとされる菊江には、その場での算出も容易かったという可能性が考えられます。可能性として100%否定できない以上、24歳として確定した記述は不適当に思います。再考をお願いいたします。 --エヴァンズの秘書会話) 2018年11月8日 (木) 21:58 (UTC)
「独自研究」に該当するという見解には賛同できません。極めて客観的な根拠に基づく推論であり「特定の立場から加えられる」に該当しないからです。しかしながら、根拠テキストに直接書かれておらず、推論を経て得られる結論に過ぎないものを、そのように認識しにくい文脈に書くのは、確かに好ましくないかもしれません。そこで、「24歳」という確定的結論は注釈に押し込めて、どのような推論で得られるのかを読者に意識させる文脈に置いてみました。--Dakarananyanen会話) 2018年11月9日 (金) 12:14 (UTC)
Dakarananyanenさんはご自身の上記論述について、恣意的に「独自研究」の該当範囲を「特定の立場から加えられる」に狭めていますが、「独自研究」の該当範囲は「未発表の事実、データ、概念、理論、主張、アイデア、または発表された情報に対して特定の立場から加えられる未発表の分析やまとめ、解釈」で、いずれかに該当すれば「独自研究」です。Dakarananyanenさんの上記論述は少なくとも「未発表の事実、理論、主張」に該当しますので「独自研究」になります。また、Dakarananyanenさんの上記論述の要点は、横溝正史作品は基本的に「数え年」で考えていると思われる記述である、菊江が「足掛け9年」を「その場で算出」したと考えられる、の2点ですが、基本的に「数え年」であることの根拠(出典)が示されていないことと、仮に基本的に「数え年」で記述されているのだとしてもそれは「基本的に」であり、菊江の年齢が「基本的に」に該当するという証明にはなりません。菊江が「足掛け9年」を「その場で算出」したことについては、先に述べましたが作品中で頭がいいとされる菊江にはその場での算出も容易かったという可能性が考えられます(ちなみに作者自身が、金田一耕助に「菊江さん、あなたは実に頭がいい」と言わしめさせています)。以上から、菊江の年齢が満23歳であることの可能性について100%否定できておらず、「24歳」が「確定的結論」だというのはDakarananyanenさんの思い込みに過ぎないと指摘しておきます。
ただ、Dakarananyanenさんは、ご自身で既に本文の記述を「23 - 4歳位」に訂正されていますので、この点については感謝申し上げます。注釈に「数え年であるという前提で計算すると24歳ということになる」という記述をされたことには不満は残りますが、ここまでに留めたいと思います。--エヴァンズの秘書会話) 2018年11月9日 (金) 23:25 (UTC)