ノート:強制連行

ナビゲーションに移動 検索に移動

過去ログ[編集]


「強制連行」以外のすべての記述を分割することを提案します[編集]

「概念・定義」「日本における用法」節でも解説されているとおり、「強制連行」は第二次世界大戦時代の大日本帝国における歴史問題をさす固有名詞です。言語間リンクを見れば分かりますが、例えば英語版(en:Forced migration)はスターリンがソ連の少数民族を地方に強制的に移住させたようなケースを扱っています。追放には「Forced migration」の用法もあるため、日本以外のすべての記述を追放に移し、言語間リンクも追放に移すことを提案します。--伏儀会話) 2015年2月17日 (火) 13:34 (UTC)

すいません。追放流罪も意味するなど多義的で曖昧さ回避にした方が良さそうです。en:Forced migrationを参考にして強制移住を新規立項して、日本以外をすべて分割することを提案します。--伏儀会話) 2015年2月17日 (火) 13:43 (UTC)

反対 【「強制連行」は第二次世界大戦時代の大日本帝国における歴史問題をさす固有名詞です】という前提が正しいでしょうか。また【「概念・定義」「日本における用法」節】では日本帝国における歴史問題以外のことをむしろ積極的に記述しており日本における用法についてはとくに朝鮮人強制連行という記事に分割した経緯があります。---大和屋敷会話) 2015年2月17日 (火) 22:39 (UTC)

正しいです。金英達や木村幹の説明はすでに記載されているので読んでほしいのですが、池田信夫の書籍『朝日新聞 世紀の大誤報』にも、朝鮮人強制連行を示す朴慶植の造語であり、のちに「従軍慰安婦の強制連行」でも使われた旨が解説されています。語源は「日本における用例」にある公権力うんぬんですね。ご存じとは思いますが、朝鮮人労働者や従軍慰安婦がそもそも公権力によって強制的に連行されたのかという点で論争になっています。一方で、特定の人種、民族、社会集団が国外や域内の特定の地方に強制的に移住されるというのは、世界史を通してみればごくありふれたケースです。ユダヤ人だけで一冊の本が書けるほどです。さらに、第二次大戦の徴用やホロゴーストやラーゲリなど強制収容所、アルゼンチンの不法逮捕事件、グァンタナモ米軍基地問題など「強制連行」とは無関係なトピックが多くあります。こちらも対処が必要ですが、まず「Forced migration」(強制移住)をどうにかしたいという提案です。(ちなみにユダヤ人のケースでは、古代ローマ帝国の時代から「Forced migration」が始まっています。)--伏儀会話) 2015年2月18日 (水) 02:34 (UTC)
ああ、もしかして大和屋敷殿はこの記事を「en:Forced migration」一般を扱う記事にしたいとお考えなのでしょうか。であれば、すでに従軍慰安婦朝鮮人強制連行の記事が存在するので、この記事を「Forced migration」(強制移住)に改名して、「強制連行」の語源を解説する部分を朝鮮人強制連行に移して、「Forced」(強制)だが「migration」(移住)でない連行徴用強制収容不法逮捕などをそれぞれの記事に移せば良いと思いますがいかがでしょう。私はどちらでも良いと思います。--伏儀会話) 2015年2月18日 (水) 02:52 (UTC)
  • 朝鮮人強制連行の事例以外に強制連行の術語が使用されているものとしてわたくしがgoogleってきて加筆したものが以下です。
①カリブ黒人奴隷・・「主としてアフリカから強制連行されてきた奴隷・・・」[1](P.46)「奴隷として強制連行された西~中央アフリカの黒人の子孫が・・・」[2](p.46)
②インディアス法・・「植民者たちは、インディオ狩りに際し、この文書を読み上げることを義務付けられる。・・・そして・・・インディオを強制連行することが許される」[3](P.8)
③日系人強制連行・・・「ペルーを中心としたラテンアメリカ諸国から米国に、強制的に連行・抑留された日系人も・・・」(P.22)「米国に強制連行される際・・・」(P.22)[4]
④ドイツ強制連行・・「1941年以降、強制収容所労働者がドイツ軍需産業に投入され、1942年以降にはザウケルによる外国人労働者の強制連行が行われるのである」(P.27)[5]
⑤アルゼンチン軍政・・「アルゼンチンでは軍事政権期・・3万人以上が軍の強制連行によって行方不明者となったとされている」「発端は1976年3月に軍によって強制連行(その結果行方不明者として扱われた)された息子たちの母・・・」「強制連行・行方不明者リストを作り公開する全国キャンペーンを開始・・・」(P.139)
これ以外にも国内裁判の判決文には覚醒剤使用被疑者を採尿所に強制連行することの適法性について判示する利用例はいくつもあり、「従軍慰安婦の強制連行のみを指す歴史的用語」であるとする解釈には非常に懐疑的なのです。これは【在日朝鮮人運動史研究家の金英達の著書『朝鮮人強制連行の研究』(明石書店2003年)『「強制連行」という言葉は、「定義が確立しておらず、ひとによってまちまちな受け止め方がなされている」「もともと、強制連行とは、『強制的に連行された』という記述的な用語である。そして、強制や連行は、実質概念であり、程度概念である。その実質や程度について共通理解が確立されないまま、強制連行という言葉だけがひとり歩きして、あたかも特定の時代の特定の歴史現象をさししめす歴史用語であるかのように受けとめられていることに混乱の原因がある」』が裏付けていることであり、「従軍慰安婦の強制連行のみを指す歴史的用語」のみに立つ執筆方針は中立性の観点から危ういものがあるのではないかと考えています。--大和屋敷会話) 2015年2月18日 (水) 11:55 (UTC)
  • 大和屋敷としては、もともとは「拉致」にあたる英語abductionに該当する英語版Wikipedia記事[6]のような曖昧さ回避のページが適切だったのではないかという印象を持っておりました[7]。しかしノートでの議論をさせて頂く経過のなかで「従軍慰安婦の強制連行のみを指す歴史的用語」とする検証可能で信頼できる情報源もあることを理解し、なかなか編集方針として難しいところがあるかなという印象を持っています。--大和屋敷会話) 2015年2月18日 (水) 12:04 (UTC)
大和屋敷殿の適切な解説により、相当慎重に検討する必要があることを理解できました。池田信夫という人物はNHKの勤務経験があり、朝鮮人強制連行を取材していた際に、当時弁護士だった福島瑞穂が従軍慰安婦(金学順)の取材を提案してきたと著書で証言しています。ほかにも書籍を一次資料と見なすべき箇所が多くあります。中立性に注意しつつ過不足なく記載する必要があります。
さて、今回の提案の発端にあるのは…
  1. 朝鮮人強制連行従軍慰安婦は現在まさに論争のさなかにある。
  2. 一般的な用法としては誘拐拉致、国際法の用法としては「強制失踪」(強制失踪防止条約)があり、記事として重複している。
  3. 現在の言語版リンク(en:Forced migration)は強制移住のこと。「強制連行」ではない。
このように考えたため、分割(少なくとも曖昧さ回避)が必要と考えた次第です。ただし、用語の定義で対立が生じているようなので、やるにしても片方の定義を推奨するような文言にならないように注意が必要ですね。分割するとしたら、冒頭文は以下のようになるでしょう。「強制連行とは(金英達の解説)のこと。特に、(池田信夫の解説)をいう。(木村幹の解説)のほか、連行や誘拐、拉致一般の用法があり、強制失踪(国際法)の意味での使用例も複数あるが、この記事では(池田信夫の解説)を扱う。一般的な用法については、en:Abduction誘拐拉致)、国際法の用法は強制失踪防止条約を参照。」。
また、現在の言語版リンクはen:Forced migration強制移住)で域内の強制移住だけでなく国外追放(個人でなく、人種・民族・社会集団)も含まれます。記事は現状維持するにしても、言語版リンクを外す必要があります。大和屋敷殿の解説をうけて、まだまだ検討が必要と感じたため、言語間リンクの除去にとどめようと今は考えています。ただ、強制移住を立項する際に、この記事から該当するものをいくつかコピーしようとは思っています。大和屋敷殿の加筆は、誘拐拉致強制失踪防止条約の記事にも有用だと評価できます。いかがでしょう。--伏儀会話) 2015年2月19日 (木) 03:03 (UTC)

言語間リンクを解除しました。en:Forced migration強制移住)の記事は、おいおい作成しようと思います。(もちろん、他の方が作成なされても結構です。)--伏儀会話) 2015年3月1日 (日) 05:57 (UTC)

外部リンク修正[編集]

編集者の皆さんこんにちは、

強制連行」上の2個の外部リンクを修正しました。今回の編集の確認にご協力お願いします。もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのFAQをご覧ください。以下の通り編集しました。

編集の確認が終わりましたら、下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。

ありがとうございました。—InternetArchiveBot (バグを報告する) 2017年10月4日 (水) 11:14 (UTC)

冒頭の記事定義箇所[編集]

  • 冒頭の記事の定義箇所に加筆がありましたが、この記事は「強制連行」一般について解説する目的のページであり、日韓関係にのみに焦点を当てたものではありません。よって冒頭に記述するのは不適切です(中立性)。また投稿者の独自の解釈を含んだ字句となっており不適切です。いずれにせよ朝鮮人強制連行という記事がありますので、そちらのほうに《信頼できる情報源をもとに》《中立性に配慮したうえで》加筆頂くようお願いいたします。--大和屋敷会話) 2018年1月12日 (金) 03:32 (UTC)
  • 拉致と勾引は同義ではないので混同としました。--T34-76会話) 2018年4月15日 (日) 02:31 (UTC)
  • 冒頭記述につき、出典偽造の可能性の指摘がありましたので[8]一旦除去し、過去版にある「辞書的な記述」に置き換えました。本記事は「強制連行」という語それ自体が記事の重要な内容なので冒頭であれこれ書くよりは、なるべくシンプルで論点のない記述が望ましいと考えております。--大和屋敷会話) 2019年12月2日 (月) 10:38 (UTC)