ノート:川村カ子ト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

酋長の語の使用について[編集]

酋長という表現は、今日一般的に侮蔑の意味が込められているものと解釈されています。(参考:酋長) 単なる「言葉狩り」は慎まねばなりませんが、本記事においては「酋長」の語の言い換えが可能だと判断できますので、暫定的に当該表現を長としたいと思います。 --MKT 2007年11月12日 (月) 17:56 (UTC)

酋長首長へのリダイレクトに変更しました。--呆庵入道 2010年2月6日 (土) 22:59 (UTC)

アイヌ差別への言及場所について[編集]

2009-02-02T04:26の加筆で、あたかも三信鉄道の工事中にアイヌであることについて差別を受けたような記述になっていたため、いったん差し戻しました。三信鉄道のためにはるばる遠方からわざわざ招聘された測量隊が難工事の現場で、特筆するほどアイヌとして差別を受けたとは考えがたいのです。カ子ト氏がアイヌへの偏見や差別に圧迫されていたのは、鉄道人夫時代の方がはなはだしいのではないでしょうか。つまり、「差別にも屈せず」「測量技手試験に合格」ならば十分理解できるし探せば出典も見つかるでしょうが、難工事の現場監督の文にアイヌ差別への言及を置くのは不適切だと思います。--miya 2009年2月3日 (火) 09:07 (UTC)