ノート:小田急箱根高速バス

ナビゲーションに移動 検索に移動

改名提案[編集]

  • 2022年1月からの社名の「小田急ハイウェイバス株式会社」への改名提案。一度、ページ移動しているが、LTA:TANSによる議論なしのものだったため、差し戻して、あらためて改名提案から議論するものである。--Motodai会話) 2022年1月6日 (木) 15:56 (UTC)[返信]
    • 反対 :小田急箱根高速バスを存続会社とする合併であるが、ほぼ対等な合併であり本社と東京の営業所は小田急シティバス本社跡地に移転される事などを考慮し、新規で記事を作成した上で小田急箱根高速バスと小田急シティバスの記事をリダイレクト化する事が適当ではないかと存じます。--江戸前鰻会話) 2022年1月7日 (金) 02:23 (UTC)[返信]
      • 江戸前鰻さんへ、両方ともリダイレクト化するのではなく、小田急シティバスの記事改名+小田急箱根高速バスの統合ではダメなんでしょうか?新しい記事を新設してそちらにリダイレクトするというのは、編集履歴を残す観点からはあまりよろしくないように思います。2社とも会社規模(従業員数や資本金など)はかわらないので、2つのうちどちらを存続(記事改名)にしてもさしつかえないように思えます。--Motodai会話) 2022年1月7日 (金) 08:32 (UTC)[返信]
      • Motodai様、あくまで私の考えであるという事をご承知置き下さい。まず、小田急バスのホームページを見る限り、本当に対等な合併(創業時期や従業員数はやや小田急シティバスの方が上)だと思います。ですから、どちらかを存続させても良いとも一見思えますが、そうすると小田急箱根高速バスの記事にある過去路線の記載の扱いや、それぞれの企業自体の企業情報の扱いをどうするのか等の問題があり、私は新設統合の方が適当なのかなと考えただけです。元の記事自体が削除されない限り編集履歴は残りますし、管理者に履歴の統合依頼を出すと言う手もありますが、下手に改名で終わらせようとすると企業統合は揉めると思いますよ--江戸前鰻会話) 2022年1月7日 (金) 22:01 (UTC)[返信]
    • コメント小田急シティバスの記事改名+小田急箱根高速バスの統合、又は小田急箱根高速バスの記事改名+小田急シティバスの統合が適当と考えます。新規立項と、小田急シティバス小田急箱根高速バスの存続は反対。--Customsprofesser会話) 2022年1月13日 (木) 07:43 (UTC)[返信]
      • Customsprofesserさんへ、おそれいりますが、そのようにお考えになった経緯などお知らせいただけないでしょうか?(私はこう思う、という類で差し支えないと思います。)江戸前鰻さんは、2つの会社の優劣(改名しての記事存続)を決めるのが難しいと考えたので、記事新設が望ましいと意見を出されてます。私も対等合併なら第一三共などの例があるので適切かな、と考えました。いかがお考えでしょうか?--Motodai会話) 2022年1月13日 (木) 11:51 (UTC)[返信]
    • コメント 基本的に、私はA+B の場合Cを新規立項するのは反対です。AとBが過去記事になり改訂されなくなること、Cに沿革としてAとBの記述がはいるため記事の重複になることが好ましくないからです。どちらの記事を改名扱いにし、どちらを統合にするかはあまり問題にしていません。なおどうしても対等にこだわるなら、小田急ハイウェイバスの新規と小田急箱根高速バスと小田急シティバスを統合するのも次善の策として、コンセンサスが成立するなら反対はしません。--Customsprofesser会話) 2022年1月15日 (土) 02:48 (UTC)[返信]