ノート:小林・益川理論

ナビゲーションに移動 検索に移動

世代間の混合はこの理論による予測ではなく前提のはずです。また、反物質がほとんどないこととの関連に関しては原論文では指摘されていませんし、実際にCKM行列の位相だけでは不十分だったと思います。218.179.202.4 2007年6月9日 (土) 13:27 (UTC)

小林・益川理論の精度が10σというのは立花隆氏の書籍が出典だと思うのですが、この本の最後にある対談の内容から判断すると、10σというのは、KM理論全体ではなく、sinφ1 の精度なのではないかと思います。この値がノンゼロであればCP対称性が破れているということになりますが、KM理論が正しいと認められるためには、ユニタリ三角形に関する他の値の測定も必要となります。10σの記述のある文章には「2000年の段階では1シグマ~」とありますが、最後の対談ではユニタリ三角形に関する他の値を測定できるようになったのは2004年頃と書いてあり、10σというのはユニタリ三角形に関する他の値も含めた精度ではなく sinφ1 の精度と解釈するのが自然だと思われます。このあたり、実験に詳しい方に加筆していただけたらと思います。--NS5-brane 2009年4月25日 (土) 04:48 (UTC)

外部リンク修正[編集]

編集者の皆さんこんにちは、

小林・益川理論」上の1個の外部リンクを修正しました。今回の編集の確認にご協力お願いします。もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのFAQをご覧ください。以下の通り編集しました。

編集の確認が終わりましたら、下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。

ありがとうございました。—InternetArchiveBot (バグを報告する) 2017年10月2日 (月) 11:29 (UTC)