ノート:孫文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

統合提案[編集]

孫文の二人目の妻である大月薫の記事が立項されていますが、この方自身に単独の記事を起こすにふさわしい特筆性はなく、本記事で扱ったほうがよさそうなので、統合を提案します。--Ikkionline 2011年2月2日 (水) 17:39 (UTC)

反対 Wikipedia:特筆性#一般的な特筆性のガイドラインWikipedia:特筆性 (人物)#基本的な基準 によると特筆性はあるように思えます。また、統合するとリダイレクトを残さなければなりませんが、人名を別の人物へのリダイレクトとすることは紛らわしく、やるべきではないでしょう。--Greeneyes 2011年2月5日 (土) 11:12 (UTC)
  • 統合に伴うリダイレクトにすると紛らわしいというご意見はごもっともなので、取り消そうと思います。ただ、大月薫の特筆性については孫文の妻であったというだけであり、やはり疑問です。これの存続を許すとなると、著名人の血縁者全ての記事が許されてしまいますので、あちらは削除依頼に提出します。--Ikkionline 2011年2月22日 (火) 06:18 (UTC)