ノート:学徒出陣

ナビゲーションに移動 検索に移動

この記事は複数回削除されています。削除に関する議論は (1) (2) をご覧ください。


削除に関して[編集]

http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E5%89%8A%E9%99%A4%E4%BE%9D%E9%A0%BC/%E5%AD%A6%E5%BE%92%E5%87%BA%E9%99%A320070412

において、

「2006年12月17日 (日) 04:08(UTC)の加筆、「この措置は ~ であった。」の部分が、[1]からの転載と思われます。ノート:学徒出陣/削除によると以前に一度、同じ著作権侵害を理由として削除依頼に出されており、」

と記述されているのですが、著作権侵害とみなされている学 徒 出 陣のHPは、トップページにおいて、

「このサイトは、リンクフリーです。どのページにリンクされて結構です。また、引用や利用はご自由にどうぞ、連絡もいりません。なお、質問にはお答えできませんので、ご了承ください。」

と記載されているのですが、著作権侵害に該当するのでしょうか?もし、これが著作権侵害に当たるならば、多くの項目で新聞や雑誌などからの引用は著作権侵害に該当すると思われるのですが、どうなんでしょうか?--DieWeisseRose 2007年9月2日 (日) 05:59 (UTC)--以上の署名の無いコメントは、白い薔薇ノート履歴)さんによるものです。

根本的な間違い[編集]

学徒動員で調べると、勝手に学徒出陣にリダイレクトされるが、

学徒出陣=学徒動員ではありません

学徒出陣とは、「兵役法」上の旧制大学、旧制高校、専門学校の文科系学生の徴兵猶予を解除したことを指します。

これに対して学徒動員とは「国家総動員法」に基づく学徒勤労動員、であり、旧制大学、旧制高校、専門学校の理科系学生の他、高等女学校生や旧制中学生も含むのです。

学徒出陣と学徒動員を別ページにすることを提案します。--ユーカリ 2008年9月7日 (日) 21:42 (UTC)

全く同感です。 --忠太 2009年7月1日 (水) 15:13 (UTC)

学徒勤労動員の記事を作成し、学徒動員からリダイレクトするようにしました。--219.124.14.124 2010年5月15日 (土) 14:53 (UTC)

本記事の執筆・編集をする皆様へ[編集]

Wikipediaは中立的な観点、検証可能性、独自研究は載せないという三大基本方針があるそうですね。それなのに、これだけの分量がある記事に参考文献や出典があまりにも乏しいので、出典の明記タグを付けました。また「帰国後の活躍」の節で「出征し戦死した学徒が生きていれば成し得ていたはずの業績がどれほど大きいものであったかは計り知れない。」以下の記述や、「わだつみのこえ」節などは主観に基づく記述とも取れ、独自研究が含まれているおそれタグを付けました。さらに「沖縄における学徒兵」の節は中等教育の生徒によって構成された鉄血勤皇隊に関する記述であり、高等教育機関の学生から正規に徴兵された学徒出陣とはまったく性格が異なるものであるので全面的に削除しました。(つづく)

(承前)もうひとつ、召集とはすでに現役を経験した予備役の将兵、あるいは徴兵検査を経験し補充兵役にある者に対して適用される(取り消し線部分を以下の下線部分に訂正)現役兵として徴兵された兵士に対しては使われない(現役兵は徴集されるもの)ことであるのに、その理解があきらかに間違っていると思われる記述や、冗長で本記事の趣旨に必ずしも必要でないと判断した部分も落としました。学徒出陣については、制度面での知識が不十分な人がとかく悲劇性などだけを強調し、諸制度の検証がいいかげんになっている記述が多く、閲覧数も多いであろうWikipediaはもう少し百科事典としてふさわしく軌道修正すべきではないかという考えから記事に手を加えました。以上の件でご意見がございましたら、このノートにお願いします。--220.102.104.34 2013年1月9日 (水) 05:10 (UTC)

上記の自分の書いた文章中、「出典」を「出展」と誤変換した部分、語弊となりかねない部分を訂正しました。--220.102.104.34 2013年1月12日 (土) 06:08 (UTC)
本項の現状には、釈然としません。上のノートで否定されている「出征し戦死した学徒が生きていれば成し得ていたはずの業績がどれほど大きいものであったかは計り知れない」との記述は、主観的ではあるが、容易に納得ができる。しかし、今は削除されてしまっている。一方、「戦中・戦後の死線をくぐり、日本に帰還した学徒兵は多くが元の学校に復学し卒業した後は戦後日本の復興や発展の牽引役となった者も現れた」との記述も「出典」はないが、残されている。後者は、あたかも、「死線をくぐったがゆえに、日本発展の牽引役となった」かのような記述に受け取られかねない。それはないだろう。1月9日の大削除も、「出典」がないことを削除の理由にしているようであるが、では残された部分に「出典」があるかといえば、そうでもない。「出典」欠如を口実にした主観編集だと言われても、やむをえまい。思えば、中曽根康弘氏は学徒出陣ではないが、彼が首相になったころ、同世代に近い優秀な人材が学徒出陣で亡くなってしまったので、この世代では生き残りのクズが日本のリーダーになっているなどと悪口・揶揄があったと記憶する。事実だとは言わないまでも、そういう面がなかったとも言い切れない。私も「制度面での知識が不十分」で、関連図書も『きけ わだつみのこえ』がどこかにあるはずだくらいだが、本項の現状や1月の大削除に釈然としない部分があることを表明しておきたい。--ジガンザン8108会話) 2013年11月21日 (木) 07:13 (UTC)