ノート:天帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天皇の語源は天帝では無い筈。(正式名称:スメラミコト) 此れは、漢字伝来以前の名称で、天皇と称するのは漢字を導入して以後に漢字に置き換えたからの筈。

そもそも、最高神祇官の巫で、神の降りる器として、現人神(アラヒトガミ)と呼ばれていた筈。

天帝を神道的に表現するならば、「天の御中主の神」が妥当だと思われる。

此れは、天皇(固有名詞)が、全知全能の唯一神であると表現しているのと同義であり、 日本国と諸外国の間に軋轢が生じる恐れが有るので、可及的速やかに修正される事を希望する。